2007年11月07日 (水) 04:09 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - オマーン★旅行 | | | Edit |
10月中旬(もう一ヶ月も前かよ!)、ラマダン明けの2連休をどう使おうかと考えた結果、近隣国オマーンへ旅行に行く事にしました。
今回は入社以来長い付き合いの先輩社員M氏と2人旅。
(札幌で一緒に働いた人とカタールで再会するとは…)


アラビア半島の先端にある国、オマーン。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/oman/

oman muscut bay 200710

カタールからなら飛行機で1時間
行きも帰りも夜便(ルフトハンザ航空)なので、連休前夜に出れば2連休でも丸二日旅行できるわけです。

2日しかないから、ある程度計画を立てて行った方がいいね!(゚∀゚)

しかし。

自分は2連休だけど、カタールの世の中も職場も4連休、役所なんかは10連休くらいになるってもんだから、連休前はすげー忙しくて連日午前様。
連休前日にはなんとか5時の定時上がりで空港へダッシュしてみれば(飛行機は夜7時発)・・・、空港は大・混・雑。(;´Д`)ウワァ
飛行機に乗り込んでようやく一息つくと、離陸前から即爆睡。

そうしてオマーンの空港に到着した時(現地時間夜9時)には、

ほとんどその地の予備知識は無く、

っていうか、その夜のホテルも決まっていない状態だったのでした。w

まぁ、しかし、“最低限押さえるべきところは押さえておいて、行き当たりばったりだけど結果オーライ”を基本スタイルとする自分なので、入国(ビザ&両替)も、空港から首都マスカット市街への移動も、ホテル探しも、すんなり完了。

ホテルに関しては、同行者Mさんの意向により安さ重視で選んだ。
その結果、2泊とも男二人で狭いツインルーム。
特に!!2泊目の海辺のホテルなんて、もうね、これぞ安宿
トイレもシャワーも酷いし、ベッドではダニ(?)にやられて翌日腕とか痒いし。

ちなみに、このオマーン最安レベルのホテルでも一泊5,000円くらい(15オマーンリヤル)する。

でも、学生時代に戻ったみたいな気分は、楽しかった。(笑)


さて、調べてみると、オマーン国内には、岩山や海や砂漠がおりなす雄大な景色もあるし、世界遺産の遺跡などもあるし、海のレジャーに恵まれ、特にスキューバダイビングの名所として世界的に有名らしいです。

今回はいずれダイビング旅行に来る際の下見のつもりで、首都であるマスカット市街近郊を主に観光して回ったのですが、まぁ、市街地にはたいして見るほどのものはない。でも、カタールやUAEとはだいぶ雰囲気が違っていて、いい気分転換になりました。
岩山の合間に道や町がある、といった風景。
雑多な外国人で埋め尽くされてなどおらず、普通にオーマン人中心で、外国人も適度に多い人口構成。
オマーン人の服装も、白い布に黒い輪っかのオバQスタイルではなく、模様入りの帽子をかぶる、ちょっと違うスタイル。



それと、マスカット市から少し足を伸ばして、Wadi Daygahという近場のオアシスにも行ってみました。

Oman Wadi Daygah 200710

車で片道一時間半。街中から、タクシー半日貸切を往復35オマーンリヤル(約10,000円)で交渉。
オマーン人のその運ちゃんも初めて訪れる場所だったらしい。

砂漠のイメージしかない中東でこんな川を見れるとは思わなかった~!

富士山より断然高い岩山に囲まれながら、どこからか湧いた水が川になり、周囲には椰子の林が広がっている。
川の中にはメダカや小魚が泳いでいるのも見える。

そして、ガイドブックには遊泳禁止って書いてあったけど、泳いでる人が結構いた。

まぁ、でも、俺、水着持ってきてないし、、と、椰子の林を散策して河原に戻ってきてみれば、

川の中から笑顔で手を振ってくるおっさんがいる・・・?


・・・(タクシーの)運ちゃん!!!w


白い腰布を巻いただけの姿で泳いでる。
そっか~、あの白い民族衣装の下は、そんな格好だったんだね!

じゃなくて、これは俺も川に入らざるを得ない。

パンツ一丁で泳いできた。



その夜、最終日の夜は、海辺の崖の上に立つCrown Plaza Hotelのプールサイドバーの一番良い席に陣取り、落ちていく夕日と海を眺めながら・・・ラマダン明けましておめでと~~~!とビールで乾杯。

oman crown plaza beer
一ヶ月ぶりに飲む生ビールが異常にウマイ!(*゚∀゚)=3

最後はそんなセレブちっくな雰囲気でけっこう飲んで、良い気分で旅行を締め。。。


でもそのジーンズの下がノーパンで、ちょっと心地悪かったのは内緒だ。(笑)




↑ブログランキング参加中!クリックしてね

スポンサーサイト
テーマ:海外旅行
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック