2007年10月17日 (水) 18:44 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Eid al-Fitr | | | Edit |
ラマダン(イスラム教の断食月)が10月13日に明けました。

そしてラマダン明けを祝う3日間の祭日 Eid al-Fitr (イード・アル・フィトル)

この3日間、イスラム教徒達は親族や友人同士互いに家に招きあって食事を振る舞いあうそうなのです、が、、カタール人の友人がいないので、ちょっとその様子はわかりません。

自分が目にする範囲では、

ラマダン中の街の活気の無さ(店舗内BGMなどの音楽すら自粛される)とは対照的に、人々が明らかにウキウキと居ても立ってもいられない様子で大勢歩き回っていて、店舗は日本のクリスマス時期のデパートみたいに飾り付けてお祝いムードを盛り立てて。
特別なイベント(花火とか)はありませんけどね。

ラマダンが明けて、仕事中の昼間に水やコーヒーが飲めたり、夜に外(ホテルのレストラン)で酒が飲めるようになった事で、自分もホッとしてます。

まぁ、ラマダンと重なるこの一ヶ月位の間は仕事漬けの生活で、どうせ外に酒を飲みに行く余裕も無かったんですけどねー・・・、と、断食の意識が薄かった自分にとっては、

ぶっちゃけ何が一番大事かというと、
これが連休だという事ですよ!
金曜日(イスラムの休日)とくっついて4連休ですよ!!! (*゚∀゚)=3ムッハー


まぁ、これも、仕事のせいで自分は2連休だったけど・・・・orz
それでも年に一度あるか無いかの連休♪
4ヶ月に一度の10日間の休暇とは違う嬉しさ。 (´∀`*)

嬉しいこの連休を活かそうと、オマーン旅行に行ってきました。 が、その話はまた後日。

カタールの国の休祭日はとても少ない。
建国記念日ですら平日。
正月も大晦日も平日。
それで職場は完全週休1日制だから、年間休日は日本の半分くらいか?

人口の大半を占める出稼ぎ外国人にとっては、どうせ家族もここにいないし、より多く稼げるということでこんな休日日数でも良いのだろう。

一方、役所=カタール人の職場はなんだかんだと休みまくり。(笑)


ところで、


今、日本でも公開されている映画『キングダム』(The KINGDOM)について。
珍しくアラブ世界を舞台にしたハリウッド映画です。

舞台はサウジアラビアの首都リヤドで、自分は行った事がありませんが、カタールで普段私が接している人々や街並みと同じものが描かれています。
(街はむしろUAEのアブダビに似てるかも。)

ストーリーは、テロとの戦いを描くちょっとシリアスなアクション映画。
リアルなアラブ世界も垣間見れます。


こんな映画を普通にアラブで公開出来るんだろうか?見に行って大丈夫だろうか?と少し不安があったけれども、映画館はほぼ満席で、アラブ人達も娯楽映画として普通に楽しんでた。w
ってか、アラブ人達はアラビア語の場面で時々笑ってたなぁ。
自分には分からなかったけど、
何かアラビアンジョーク?w
それともどこか違和感があった?(いまだに日本を珍妙な異世界として描くハリウッドだし)

ちなみに、少なくともカタールやUAEでは、映画内に出てくるような重火器で武装した警官などは見かけません。
諸事情もあって、テロ事件も起こらない(はず)
。(サウジの事は知らない。)
旅行を考えている人はご安心を。。

むしろ旅行に来なさい、誰か。
高級ホテルを安く手配するからさ!




↑ブログランキング参加中!クリックしてね

スポンサーサイト
テーマ:中東
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック