FC2ブログ
2019年01月04日 (金) 12:57 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - とりあえず出社 / 2018年に観た映画 | | | Edit |
新年あけましておめでとうございます。

今日から仕事始めです。
今朝の福岡市地下鉄は空いていて快適な通勤でした。 いつもこうだったらいいのに。
ウチの会社も近年の時短、働き方改革などの流れで今年の1月4日(金)は「基本的には全員休み、ただしどうしても仕事上休めない者のみ出社可」という事になっており、今日は半数程度の社員のみ出社している状況です。 私自身はというと、自身に「どうしても今日やらなくてはならない仕事」があるわけではないけれど、どうしても休めない現場が各地にある以上は会社本体を無人にするわけにはいかないのでとりあえず出社してくれと言われた、まぁ貧乏くじを引いた一課長でございます。俺だって祖父母宅で子供たちが大はしゃぎしてその様子を皆で微笑ましく眺める楽しい時間を一日でも長く続けたかったよ。

電話は鳴らず、特に急ぎの仕事も書類も無く、社内はとても静か。 一言で言えば暇。
まぁ平和なことは良い事です。
そんな年初めですが、本年もよろしくお願い申し上げます。


さて、宜しくと言いましてもこのブログは基本的に何かの検索ワードでたまたま訪れてくる一見さんをメインの読者様と想定している上に、昨年下旬は特に更新数が少なくアクセス数も一日約30人ほどにまで減っている状態ですので、人にお願いする前に記事の質と量を上げる努力をしないといけません。

昨年最後の記事は「映画『へレディタリー/継承』 Hereditary ネタバレでお節介な解説」。
ホラー映画の記事が締めってどうなんだろうと思いつつ、なかなか他の記事のアップには至りませんでした。「映画『ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ』 Sicario: Day of the Soldado ネタバレでお節介な解説」をはじめとした映画やその他についての記事の下書きを用意まではしてあったのですが、当初全く書くつもりの無かったヘレディタリーについての記事が割り込んで時間と手間を独り占めしていきました。
ちょっと文句を書き連ねようとしただけだったのに一気に長文に書き上がり、更に数日間の寝不足と数多い修正を重ねる事になったものの、今となってはもっとアクセス数が伸びてほしいと願って良いと思える記事になった(当初8千文字超 → 今では1万文字超)ので、反省はありますが後悔はしていません。

『へレディタリー/継承』は、私にとって昨年劇場で観た最後の映画にもなりました。
昨年劇場で観た新作映画は26本
映画好きを自称し3ケタを観るような方からすれば少ない本数でしょうけれども、私にとっては大変に多い数字、おそらく過去最高の本数です。個人的な記念としてその一覧を載せておきます。

(以下、鑑賞順)

・キングスマン:ゴールデン・サークル
・スリー・ビルボード
・シェイプ・オブ・ウォーター
・ブラックパンサー
・15時17分、パリ行き
・映画プリキュアスーパースターズ!
・パシフィック・リム:アップライジング
・レディ・プレイヤー1
・アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
・ランペイジ 巨獣大乱闘
・デッドプール2
・カメラを止めるな!
・ウィンド・リバー
・それいけ!アンパンマン かがやけ!クルンといのちの星
・ジュラシック・ワールド/炎の王国
・ミッション・インポッシブル/フォールアウト
・アントマン&ワスプ
・ザ・プレデター
・クワイエット・プレイス
・イコライザー2
・スカイライン -奪還-
・search/サーチ
・映画HUGっと!プリキュア♡ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ
・ボーダーライン: ソルジャーズ・デイ
・ボヘミアン・ラプソディ
・へレディタリー/継承



こうやって一覧化すると、あの映画を観て(た頃のあの出来事)からまだ一年経ってないのか!とかあの映画(を観た時のあの出来事)はまだ〇か月前だったか!という風に思い返され、ただあっという間に過ぎたとだけ感じられていた昨年一年間についての印象が変わり、随分色々あった長い一年間であったなと思えるようになりました。これは意外な嬉しい効果。

映画そのものについては、それぞれ満足度に少々の幅はあるものの甲乙つけ難く、年末にSNSで流行っていたような「2018年映画ベスト10」を決める事などは出来ませんが・・・、あえて言えば『イコライザー2』は痛快な名言が多いという理由で忘れたくない逸品でした。

さて、今夜の仕事帰りは、昨年末にようやく福岡でも公開された映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』を観て帰るつもりです。
これも楽しめるといいなあ。(ちょっと不安)



スポンサーサイト
テーマ:2018年映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック