FC2ブログ
2018年03月11日 (日) 00:07 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 初めて自作するハンバーグを晩飯に | | | Edit |
娘(2歳)は気が向かない食べ物には一切手を付けてくれずなかなか苦戦しているが、ほぼ間違いなくたくさん食べてくれるものの一つがハンバーグだ。
私も好きだった。母が作るハンバーグは絶品だった。それを食べる機会は今ではまず無いが、娘にも食べさせてあげたいと思う。今度帰省した時に母に作り方のコツを聞いてみようか。しかし、私にはほとんど料理経験が無い。結婚してからカレーと鍋はとりあえず作れるようになったが、そのレベルなのでコツを聞いたところで理解も記憶も出来そうにない。でも、一度自分で普通に(?)作ってみて、それからコツを聞けば、なるほどと思えるかもしれない。

そんな風にして、妻子が帰省中の暇な週末にふと思い立ち、生まれて初めてハンバーグを作ってみた。
去年のクリスマスイブの事である。
(その日の遅めの昼食が、前回の記事の「天麩羅処ひらお」である。)


とりあえずネットで検索して適当に選んだレシピをもとに材料を買って帰る。

今回使ったレシピはこれ。↓

Rakutenレシピ
シェフ直伝♪洋食屋さんのハンバーグ レシピ・作り方 by アラフォー管理人
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1860001109/

httpsreciperakutenco_ページ_1 httpsreciperakutenco_ページ_2

あまりこね過ぎないという所と、凝った香辛料を使わないという所が、私の母が作っていたものと同じだったような気がした。
とりあえず材料をボウルに投入。このレシピでは、肉を混ぜる際にケチャップを入れるのと、軽く混ぜるだけにとどめる事がポイントとされている。

DSC_0042.jpg

もちろん飲みながら作る。ちょっと奮発してヒューガルデン・ホワイト・ビール。だってクリスマスイブだもの!
ちょっとパン粉に入れた牛乳の量が多かったのか、タネが少しべちゃべちゃした感じになったけど、焼いてみるよ!

DSC_0043.jpg


そして約7分程度焼いたものがこちらにあります。

DSC_0044.jpg


ひっくり返し・・・、あら、ちょっと焦げた? まぁオッケー!

DSC_0045.jpg


蓋をして弱⽕で更に7分程度蒸し焼きにします。
竹串なんて無いけど焼けた気がするのでオッケー!

DSC_0046.jpg


フライパンに残った⾁汁にケチャップ、ウスターソース、みりんを⼊れて、軽く煮立たせて、皿に取り分けたハンバーグにかければ完成!

DSC_0052.jpg


思ったより簡単だったなー。
一番難しかったのは玉ねぎのみじん切りだった。
付け合せの事をすっかり忘れていて、ご飯とハンバーグだけの夕食になったのはミスだっただけれど、味も大丈夫。悪くないどころか、全く悪くない。なかなか美味しかったです。

嫁に写メを送ったら、それを見て娘が「パクパク」と言いながら食べるまねをしてくれていたらしく、幸せを感じた。 帰ってきた時に、もっと美味しくレベルアップしたハンバーグを食べさせてあげることが出来たら良いのだけれど。 母は急性硬膜下血腫で危篤になり、そこから回復したものの、この先いつまで元気でいてくれるか分からない。そうでなくても少し気難しいからハンバーグのレシピを教えてもらえるかどうか分からないけれど、そう、まぁ、今日踏み出した一歩は無駄ではあるまい。






スポンサーサイト
テーマ:ハンバーグ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック