--年--月--日 (--) --:-- | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト | | | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年02月10日 (金) 19:35 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - そういえばアレルギー性鼻炎だった | | | Edit |
今週末は西日本を中心に全国的に雪が降るようで。

金曜日の日中の今、福岡でもけっこう豪勢に雪が降っています。まぁ積もることはないのでしょうが、天気予報では土日とも雪のマークが出ていますね。鹿児島にも雪のマークが。
窓の外に降っている雪を見ながら、今週末は何をしようかなぁと思って、そして鼻がムズムズしたので鼻をかんでティッシュをゴミ箱に投げ入れた瞬間、ふと思い出しました。
そういえば俺、アレルギー性鼻炎だったな。
今は違います。(たぶん)

物心ついた頃から、20代後半になるまでの間ずっと、耳鼻科に通い続けていました。
ずっとくしゃみ、鼻みず、(たまに鼻づまり)に悩まされ続け、薬を飲み続けました。
親の転勤等によって何度か病院は変わりましたが、どこの病院のどの先生にも「ひどい症状だけど、これは一生治らないよ」と言われていました。先生はこうも言っていました。「症状を少し抑えるだけの薬を出しておくけれど、治す方法は無いよ。でも10代の頃にころっと体質が変わって治る場合も稀にあるよ。」
体質を変える注射とかがあるのではないかと質問したこともありましたが、自発的な治療の話は一度も聞けた事がありません。
1日3回、毎日欠かさず出された(飲み続けても支障無いような、また何かの診察の際などには常用薬として申告する必要も無いほど弱い)薬を飲み、2週間~1ヵ月に一度病院に行って軽い診察を受けてまた同じ薬を貰いながらも、一日に何度も何度も鼻をかみ、家では箱ティッシュが必需品、出かける際にはポケットティッシュが必需品という生活を続け、やがて何かの拍子に体質が変わることもあるらしい10代を過ぎ、耳鼻科に行った一番古い記憶からも20年以上が経過してアラサーになりました。

そんな頃、日本から中東のカタールに転勤になりました。
なんとそこで治ってしまったのです。

行ってしまえば次に休暇で日本に帰ってこれるのは4ヶ月~6ヵ月後、そのくせ結構急な転勤だったので事前に耳鼻科に行く暇が無く手持ちの薬はあまり無く(どうせ行っても何ヵ月分もまとめては貰えない)、代わりに市販の鼻炎薬(風邪薬)を何箱か買って、火星のような砂漠の地カタールへと渡ったのですが、最初の一ヶ月間はくしゃみと鼻水で死にそうな状態に陥りました。
渡航の飛行機で風邪を引いたのだろうと思っていましたが、1週間が過ぎ、2週間が過ぎ、買って来た風邪薬を飲みきってしまっても全く症状が治まらず、鼻水が流れ出続けて数分毎に鼻をかみ、頭は重いし回らないしぐったりした瀕死状態で仕事をして、一ヶ月ほど経ってようやく鼻水が治まりました。
でももう鼻炎薬は残ってないし、日本に帰国できるまでの数ヶ月間は我慢が続くな・・・と暗い気分にもなったのも束の間、さらに数日が経つうちに、全く鼻をかまないで生活出来ている事に気がつきました。そんな日はそれまでの人生では稀にしか無かった。ティッシュも全く消費しない。そのまま数ヶ月が経過しました。治った?治ったのか??

その中東の気候が何か自分に良かったのでしょうか。
よくわかりません。
むしろ最初の一ヶ月、鼻水に苦しんだのはあの砂漠の砂のせいではないかと思います。
砂アレルギーと呼ばれる花粉症のような症状についての話を聞いたことがあります。そういう方は帰国すると症状が治まったそうです。
では、中東で症状が治まった私は、日本に帰国すると再発するのではないか?

しかし、何度かの一時帰国でも、その後の完全帰国してから今に至る7,8年間の生活でも、再発する事は遂にありませんでした。(病院にも行ってません)
なんか良くわかんないけど治った!!!

まぁ、今でも鼻の粘膜は弱いようで、風邪を引けば必ず鼻からやられますし、ダイビングに行けばたまに(耳抜きの影響で)鼻血が出ます。でも日常生活に全く支障が無くなったのでこれで十分です。ポケットティッシュは外出時の常備品ではなくなりました。

でもホント、何が良かったのだろう?(笑)
カタールに赴任する前、隣国のUAE(アブダビ)に一年弱の間滞在して勤務していた事もありました。そこはカタールと同じような環境の土地ですが、その期間中は特に何も変化はありませんでした。
強いて言えば、UAEでは街中に住み、街中の事務所で働いていて、カタールでは郊外のほぼ砂漠のような土地で生活し働いていました。(が、どちらにしても屋外での肉体作業ではない)
カタールの砂に一ヶ月苦しめられたのが、一種のショック療法になったのかもしれない・・・と思っています。

まぁ、同じような鼻炎に苦しんでいる方は中東の砂漠の地で一ヶ月以上暮らしてみてはいかが!?とは申し上げられませんが、30歳前後で急に治った人もいるという事実は多少励みになるかもしれません。


一昨日ぐらいからたまに鼻がむずむずして、何回か鼻をかんではいますが、それはこの寒暖差のせいでしょう。風邪だとしたら悪化しないように気をつけなくちゃ。
ちなみに、もともとの私のアレルギー性鼻炎の原因は分かっていません。
多くの場合、ハウスダスト(ダニなどの家のほこり)、花粉、ペットの毛などが原因なのだそうで、私の母も元々綺麗好きなのか私を気遣ってなのか、家の中は常に綺麗に掃除をしてくれていましたし、でも私の症状は変わりませんでしたし、何度かの引越しで札幌から鹿児島まで色々な土地に住み、実家暮らし、寮暮らし、一人暮らしと色々な生活パターンも経験しましたが、どこでもやっぱり症状は変わりませんでした。
でも主に綺麗な環境で育った影響か、潔癖症だとか神経質だとかいう事は全く無いものの、私は基本的に綺麗好きです。掃除はちょっとした趣味の1つ。
今週末は妻が美容院に行きたいそうなので、その間子供の相手をして、子供が昼寝をしたら加湿器の掃除をしよう。仕事帰りに100均でクエン酸を買おう。そういや子供には鼻炎は遺伝してないみたいだ、良かった。子供が起きたら天神に行って妻と合流して食事でもして帰ってくるのもいいな、あ、でも雪か・・・寒いかな、どうしよっかな。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。