2016年08月31日 (水) 23:08 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 最高で猛暑、最低でも猛暑 | | | Edit |
今年の夏は暑かったですね・・・
いや福岡はマジ暑かったんですよ。特にお盆休み中(8月中旬)は連日、最高気温が36度以上という猛暑日が続き、那覇(沖縄)よりも暑い、毎日晴れてるのに暑すぎるから外出先が限られてしまい全然嬉しくないという、そんな夏休みでした。
春頃から今年の夏は記録的な暑さになると予報されていましたが、本当にその通りでしたね。

まぁ、そうは言っても、ちょうどうちは1歳の娘が玄関から靴を持ってきては外出したいアピールをしてくる状況だったので、近場の範囲ですが積極的に外出していました。
水族館等の屋内施設とか、若干涼しい山の方の公園で遊ぶとかぶどう狩りとか。車で大体1時間圏内に何でもあるのが福岡の良い所ですなー。

    マリノアシティ福岡でピカチュウゲットだぜ!    下関はい!からっと横丁でもピカチュウゲットだぜ

特に田主丸(福岡県久留米市)でのぶどう狩りは良かったです。オススメ。
田主丸には約70軒のぶどう狩り農園が密集しており、それぞれ最初に試食をさせてくれて、それが気に入ったら狩りを申し込むという手順になっています。
私の場合は、最初に訪れた1軒目の試食で、そこで娘には生まれて初めてぶどう(巨峰)を食べさせたんですが、娘がいたく気に入って「」と呼んで指差して食べたがり、試食が終わると農家のお姉さんの目の前でゲップ。

「アハハ、娘さん、ぶどう好きなんですか?」
「いえ、今生まれて初めて食べさせたんですけど、ずいぶん気に入ったみたいで」
「それは嬉しいです!」

確かにそれは農家の人としては凄く嬉しいだろな・・・。という流れで、そのままその農園でぶどう狩り。
実際、美味しいぶどうでした。一言でいうと、食べやすい。味は程よく甘く、苦み渋味も無くていくらでも食べられる。皮も剥きやすかった。個人的に巨峰は自分でお金出して買いたいとは思わない程度にしか好きじゃなかったんですが、ここのは気に入りました。
ちなみに、そこは田主丸秀峰園というぶどう園。
http://tanushimaru-budougari.com/en_pages/en76_syuhouen.html
また行きたい。同じ農園でもいいし、今度は他のところに行ってみてもいいし。
これはこの夏の良い思い出。


一方、苦い思い出は、渋滞。
ある日、お盆の帰省する人と、関門海峡花火大会に向かう人とかで通行量がめっちゃ増えている九州高速自動車道のあちこちで交通事故が同時多発するという事がありましてね・・・。
久しぶりに本当にひどい渋滞を味わいました。
数キロの事故渋滞を抜けたら、そのすぐ先でさらに長くてさらに動かない渋滞が待っているという。
最初に書いてたように猛暑の昼間だから、車内でエアコンをガンガンに付けていても、停止した車の運転席は超暑い。幼児をあんまり長時間チャイルドシートに座らせ続けるのは良くないと思いつつ、出口にもサービスエリアにも一向に近付かない。やがて3つ目の渋滞で絶望し始めた頃、娘が昼寝から目を覚ましてぐずりだし・・・という段になった時には本当にしんどかったです。
もうね、見知らぬ、事故を起こした人へのイライラがMAX。「こんな時の事故は怪我人救出さえしたらあとはさっさと残骸を路肩にどかして渋滞解消最優先で処理すべき!」とか「保険の過失割合?100対100でいいじゃん!」とか「最高で免許停止、最低で死刑!」とか。頭の中も身体もフットーしそうでしたよ。まぁ、そんな乱暴なイラつきは妻子の手前、内面だけに留めましたが。
しかしこの30km以上にわたって並んでいる数千台の車内には数万人の人がいて、その多くが程度の差はあれ同じように同じ人に対してイラついてるんだろうなと思い、もし自分が事故を起こした側でそれだけの怒りを一身に負ったらと想像すると、それは恐ろしい。
この日は結局、高速道路を途中で降りて、目的地を変えて北九州のスペースワールド内にある日本最大の屋内砂場で子供を遊ばせました。これもやはり生まれて初めての本格的な砂場遊びに子供は大満足。
結果オーライな一日だったけど、さすがにこの日は父は疲れたよ。

そんなこんなで、ずっと福岡近郊で、俗に言う家族サービス(好きな言葉じゃないけど)に徹して今年の一週間の夏休みを過ごしたのでした。


(期待してなかったけど、始まってみるとリオ・オリンピックも結構盛り上がって面白かったなぁ。)


gazou_0300.jpg


スポンサーサイト
テーマ:福岡
ジャンル:地域情報
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック