2007年06月01日 (金) 00:24 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 初セクハラ | | | Edit |
「男の人はどうしてすぐセックスしたがるですか?不思議ですね!?」

と、トルコ人の女の子、ナズリは日本語で言いました。



~~ それは一旦忘れて、少し話を遡りましょう ~~


カタールとかになんか赴任すると、みんな『カタール通信』みたいなのを作ってメールで知り合いに送ったりし始めるんですよ。
昨日はそんな一人から頼まれて、参考資料として現在の事務所スタッフの国籍別人数を調べてみました。

18カ国。計317人。

運転手とかの労働者を含めない人数。
これが今後500人くらいまで増える予定。
自分はこんな組織の、日本で言うところの“総務室長”という立場なわけですが、道理で全く手に負えないわけ・・・だ・・・・orz


もう俺は自分の力不足っぷりには開き直ってダメ総務若造室長をやってますが、

そんな自分も、3ヶ月連続で残業時間が200時間を越え、さすがにそれなりに疲れてきました。。
先日の日本のニュースでは、月の残業時間が120時間を越えると超過酷、みたいな報道がされてましたね・・・。


そんなわけで、 疲れたので、 いつも通り頭がおかしくなってます。w

頭に浮かんだ歌を、無意識に声に出して口ずさんだりします。

今日はコピー機に向かう途中、気付くとこんな歌を歌っていました。



 静かな湖畔の 森の陰から♪

 (静かな湖畔の 森の陰から♪) 一人コーラス


 チャッチャチャッチャチャチャー♪(メロディーのみ)


 いや~ん ばか~ん そこーはだーめよー♪




とんだ総務室長もいたものです。



ところが、こんな人数がいると、中には日本人じゃないのに日本語がわかるヤツが出てきます。
そうです、その一人に、この歌を聞かれてしまいました。

それが冒頭のナズリちゃん。

小柄・巨乳・金髪の可愛らしいトルコ人の女の子。
なぜか大学で日本語を勉強したとの事で、かなり日本語が達者です。


怪訝な顔をした彼女と目が合った時、

とりあえず、一瞬、固まったね、俺。

そこにこの一言。


「男の人はどうしてすぐセックスしたがるですか?不思議ですね!」(日本語)


・・・・。

  _, ._
( ゚ Д゚)  お前は一体何を言っているんだ?



俺とこのナズリとはあまり良好な関係じゃなかった、、はず。

上司から意味不明な文章で仕事の指示のメールを送られた時に「日本語で話せよ、畜生…!」と毒づいたら、そこへちょうどタイミング悪くナズリが隣を通りがかったものだから、自分に言われたと勘違いした彼女からジロリと睨まれ、それ以降俺には英語でしか話してくれなくなってたし。

彼女からの携帯電話の支給申請を受けた時にそれを却下して、押し問答したのもつい最近。


とにかく、彼女の俺に対する印象は良くない・・・はず。。


そこで、今回、急なこの無茶振りである。
なんと答えればいいのか・・・?

なんだかわからないが、関係改善は、今に懸かっている!

刹那、俺の脳はフル回転。
今日の俺にはインテル入ってる


●彼氏と一緒にカタールへ来てこの事務所に就職 【知ってる事実】
         ↓
●彼氏とはケンカ別れ(彼氏帰国?) 【噂で聞いた】
         ↓
●男が数人言い寄ったが、すぐ寝たがるのでウンザリ 【推測1】
         ↓
●今、それについてつい愚痴った。俺の歌は関係無い。 【推測2】
         ↓

ならばと、ここで俺の人生初めてのセクハラ発言が口から飛び出した!


「で、ナズリもヤってんでしょ?」


おや?最低。
文字にして書いてみると、なおさらひどい感じ。

でもこれで良い!


「ワタシやってません!!ワタシしないです!!!」
と、びっくりしたように目を見開きながら、慌てて否定し、言い寄ってくる男達がどうのこうのと言いかけ(案の定)、ナズリはそのまま爆笑。

手をひらひら振って、機嫌良さげに自分の部署へ帰っていったのでした。


・・・って、あれ?
そういえば、こっちのコピー機使ってたって事は、向こうの部署のコピー機がまた壊れたのかな?
また後で俺のところに「コピー機が頻繁に壊れすぎだ」って苦情が来るんだろうな・・・。

ともあれ、地味キャラな俺には本来許されないセクハラ発言で、今回、滑らなくて本当に良かったァ~(*´д`)アハァ




↑ブログランキング参加中!クリックしてね
スポンサーサイト
テーマ:俺の叫びを聞け
ジャンル:日記
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック