2016年03月10日 (木) 01:17 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - なぜ、マスクをした女性は運転が下手なのか? | | | Edit |
今回は、題名を一瞥しただけで分かる通り、中身の無い記事である。

先に書いておくが、女性は車の運転が下手だとか文句を言う気は全く無い。
ただ、さっき「下手だなぁ」と思った車の運転手を見たらマスクをした女性で、そういえばここのところ同じことが数回続いていたなと、そしてふと頭に浮かんだのが「なぜ、マスクをした女性は運転が下手なのか?」という疑問だったというだけ。下手というのは、高速道路で合流に手こずっていたり、走行車線の車にどんどん抜かれても意に介さずひたすら追い越し車線をゆっくりまっすぐ走っていたり、そういう運転のこと。そんな車(だいたい軽)を追い越しざま、運転手をちらりと見るとマスクをした女性だったという事が何回か続いたんです。
別にそれでイラッとしたわけではない。(急いでいる時はイラつくかも)
むしろ、下手を通り越して危険や悪意を感じるムカつく運転をするドライバーは男性ばかりというイメージ。(こっちに対しては、事故って痛い目にあえば良いのにとか追突してやろうかとか思う時がある。)

ただ疑問に思っただけ。
なぜ、マスクをした女性は運転が下手なのか?
だいたいなんで車の運転中にマスクをしてるんだ?

まぁ、どうでもいいと切り捨てずに、こんな題名で記事を書き始めちゃったんだから、ちょっとだけ考えてみましょう。

心理学者じゃないけど、心理学で「仮面効果」というものがある。
これは他人に自分自身を認知・特定されないように変装する(あるいは不特定多数化する)ことで、自分の本性が表れやすくなるというもの。
ひとつには、車によってこの仮面効果が働きます。
車内は外と遮断された、狭く、守られた世界です。更に馬力も強度も人体より桁違いに強くなるようなもので、自分自身が強くなったような錯覚を与える効果も加わるため、「運転には本性が表れる」とはよく言われる話となっています。
重ねて、マスクによる仮面効果も働きます。
マスクは、自分の表情を他人から隠し、かつ自分は他人の表情を見ることが出来る、というある意味で優位なコミュニケーション上の立場を手にすることが出来る道具です。自分の身体的なコンプレックスの他、他人との会話が苦手、表現が下手などのような、他人との接触を恐れる原因となるウィークポイントを隠してくれる心理的な壁・バリアーとしての役割を果たします。世の中には「マスク依存症」となる方もいるようです。

さて、以上から考えると「運転中にマスクをしている女性」は、自分自身に、特に運転について自信が無いからこそマスクを着用していて、それで車を運転する勇気を得られる方がいる代わりに、自分の殻に閉じこもってしまって周囲をあまり見ない運転をしてしまう方もいる、という事でしょうか。

考察は以上。
ね、大体合ってると思うけど、中身は無い記事でしょう?
「なぜ、○○する人は○○なのか?」という題名の自己啓発本って、腐るほど世の中に溢れてる。偏見で言うと、そのほぼ全部がまるで中身の無い本ですね。この前、ダイエットについての記事を書いていた時に、「筋トレ」で検索したら「なぜ、エリートは筋トレをしているのか?」というような本と、その言葉を並べ替えたりちょっと変えたりしただけの同じような題名の本がたくさん検索結果に表示されて、何だかうんざりしました事を思い出しました。買う人がいるから売ってるんだろうけど、ゴミを与えて金を取るなんてほぼ詐欺じゃないですか。スマホのゲームアプリなんかもそう、そんな風に中身の無い物で人々から時間と金を搾り取ろう・積極的に浪費させようとするものが、今の世の中、誰の手にもすぐ届くところに溢れすぎているような気がします。(正直言えば、そんな方法で金を稼いでいる人をやっかむ気持ちも少々。)世界的な不況とか景気後退のニュースが続いている中、こんなことではそうした状況を脱する明るい未来なんて見える気がしない・・・と漠然と暗い気持ちになってしまうのです。

高速道路の合流地点で立ち往生していたマスク姿の女性ドライバーを見た後、こんな事を考え、ちょっと浮かない気分になり、明るい音楽に切り替えて熱唱しながら家まで帰り、部屋に入ると嬉しそうに笑って手を振ってくる娘に笑って手を振りかえし(超かわいい!)、教育って大事だなと、とりあえずそんな事を思いました。マジで。


スポンサーサイト
テーマ:考察
ジャンル:
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック