2014年11月30日 (日) 03:14 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 大相撲九州場所 2014 | | | Edit |
毎年この時期(11月中旬)になると、福岡では大相撲九州場所が開かれます。
観に行ってきました。

DSC_3382.jpg DSC_3385.jpg


まぁ、近くも遠くもない席で普通に観戦してきただけですが、あえて普通な視点の写真を何枚か載せながら雰囲気をお伝えしておこうと思います。
その前にまず、観に行くにあたり便利だったサイト2つをご紹介。

●大相撲九州場所 関取がいる巡業部屋めぐり
http://www.sports-joho.com/sumou/

10月末頃からお相撲さん達が九州へやってきて、それぞれの巡業部屋に滞在し始めます。
その巡業部屋の場所や、人気力士、稽古見学事情などをまとめているのがこのサイト。
たくさんの巡業部屋(神社とか色々)が散らばっていて、それぞれ朝稽古を見学出来たりするそうなので、見に行ってみるのも面白いはず!

DSC_3387.jpg DSC_3389.jpg

●福岡市公式HP - 好いとうばい!大相撲!!(大相撲九州場所関連情報)
http://www.city.fukuoka.lg.jp/shimin/s-jigyou/charm/sumou.html

大相撲の観戦案内や豆知識など、けっこう情報充実してます。

DSC_3412.jpg DSC_3413.jpg
DSC_3414.jpg DSC_3416.jpg

これらサイトをちょいと覗きつつ観に行きましたが、「正面」というのが北側の席だとか、そういう事は場所に来るまで知りませんでした。
ちなみに、私がいたのは東側の席です。
当然、正面(北)席は人気がありますが、横綱土俵入りはそちらに向かって行われるし、出来ればそちらの席を取った方が良いでしょう。

DSC_3419.jpg DSC_3421.jpg
DSC_3422.jpg DSC_3424.jpg

この日は場所の中間(七日目)の土曜日で、幕内の取組が始まり16時を過ぎた頃に「満員御礼」の垂れ幕が下がりました。

DSC_3439.jpg


さて、今まで相撲を生で観戦した事は無かったのですが~、というか、ここしばらくは相撲への関心も薄れていたので、「日馬富士って横綱になったんだっけ?」とか「遠藤ってまだ現役?」とか「逸ノ城?勢?今人気の力士なの?ふーん、どんな人?」みたいな感じだったんですが、やっぱり国技ですしね、一度観に行ってみたかったんです。
世間的な人気も、一時期の下火よりもだいぶ盛り返してきているのではないでしょうか。

DSC_3432.jpg DSC_3434.jpg
DSC_3445.jpg DSC_3449.jpg


行ってみて驚いたのは、各力士を手が届くくらいの距離で見るチャンスがたくさんある事と、実際の力士の大きさ。
14時頃から幕内力士が到着して建物内に入っていくのですが、その時手すりが設置されたり警備員が付いたりするものの、お客さんと同じ入口から入って来るんですね。
入口付近のお土産売り場を物色していたらすぐ横を通るもんで、最初普通に驚いた。
あとは土俵入りとか取組順番が来た時とかに、力士や行事が一般お客さんと同じ通路を歩くので、人気力士の時なんかは自席を離れて通路で待ち構えるお客さんが何人もいたり。
特に勢関には、男前ということでけっこうな女性ファンがいて、ジャニーズみたいに「勢」とか書いたうちわを持った女性の姿が何人も見受けられました。それにも少し驚きましたね。笑
この「近さ」については、両国国技館だとここまで近寄れはしないらしく、地方巡業の良い所なんでしょう、きっと。

っていうか、力士でかい。
この時期は街中でも普通にお相撲さんの姿をよく見かけるのですが、幕内力士は、普段見かける人達より更に大きく見えました。
幕内だからカラダも大きい人が多いのでしょうけど、場所にいる時の気合いから来る迫力も、姿を大きく感じさせているのでしょうね。

DSC_3390.jpg DSC_3405.jpg
DSC_3394.jpg DSC_3395.jpg


そういえば最近、相撲漫画『バチバチ』の続編、『鮫島、最後の15日』が週刊少年チャンピオンで連載開始となりまして、このシリーズが大変ベタながら熱くて面白いのですよ。
個人的には、この漫画の影響で、今回相撲を見に行きたくなったんじゃないかと思います。
週刊少年チャンピオンはこういうベタで熱い漫画が多いので好きです。
どれも知名度・一般人気はそれほど高くないのですが。
ちなみに、週刊少年ジャンプでも相撲漫画が連載中らしく、懸賞が出てました。

DSC_3452.jpg
DSC_3450.jpg DSC_3455.jpg

DSC_3457.jpg

取組が一通り終わった後、カバーが被せられる土俵の周りに親方(引退済みの力士)達が大勢出てきて、警備や誘導にあたっていました。
まぁ、私が知っている力士は数少ないのですが~、分かった所では琴欧洲(ブルガリア出身・元大関)と高見盛。
琴欧洲は人気でお客さんがいっぱい近寄っていってたし、私も彼を見つけた時はなんか嬉しかったです。

DSC_3459.jpg DSC_3464.jpg

取組を遠目に眺めるだけかと思っていたけど、そんな事は無くて色々楽しかったです。
あ、幕の内弁当も美味しかった。

DSC_3410.jpg DSC_3408.jpg


そんな今年の九州場所は先週末で千秋楽を迎え、白鵬が1敗で優勝し号泣して今年は終幕。
また来年~。
来年はどこかの朝稽古を見に行ってみようかなぁ。




バチバチBURST 12 (少年チャンピオン・コミックス)
佐藤 タカヒロ
秋田書店 (2014-10-08)

スポンサーサイト
テーマ:大相撲
ジャンル:スポーツ
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック