2013年11月30日 (土) 00:36 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - カキ小屋 (oyster hut) | | | Edit |
全然知りませんでしたが、福岡は牡蠣も有名らしく。
福岡県西部の糸島半島の海岸沿いに冬限定(11月頃~3月頃)でオープンするカキ小屋で、取れたてのカキを炭火で焼いて食べるという。
行ってきました!

DSC_1478.jpg DSC_1453.jpg

新鮮なカキを、ザル一杯(約1kg=12~15個入り)、1,000円
その場で炭で焼いて食う!
気分は食べ放題。

DSC_1463.jpg

DSC_1465.jpg DSC_1466.jpg

牡蠣めし、イカ、エビ、おにぎり、等のサイドメニューも用意されていて、さらにはその他の飲食物の持ち込み自由。フリーダム!おぉフリーダム!



最初、慣れないうちは牡蠣の殻を開ける時に、軍手をした左手に汁をこぼしては

ほわちゃあああ!!!

というブルース・リーばりの怪鳥音を発し、最終的に一時間ほど親指がヒリヒリするごく軽い火傷を負っていたりしたものですが、もうそんな事はありません。お任せ下さい。

DSC_1441.jpg

DSC_1445.jpg

DSC_1458.jpg

何もつけずに食べるのもいいけど、最高だったのはポン酢。次点でレモン汁。たまに醤油で変化を付けるのも乙なもの。
お店のお爺さんが「生で食べな」と別にサービスでくれた牡蠣も美味しかった・・・。


全身に白い灰を被ってしまいますが、そんなものは一払いすればあっさり落ちます。
甘ったるい炭火焼の匂いがつくかと思ったけど、そんなことも無く。
俺だったらデートでも気にせず行くね!

DSC_1448.jpg DSC_1449.jpg DSC_1450.jpg

DSC_1451.jpg DSC_1435.jpg DSC_1436.jpg


この糸島半島は、基本的に岩場の海岸と小さな山とその間に畑が広がるだけののどかな田舎といった小さな半島なのですが、その中に、なかなか綺麗な景観スポットがいくつかあったり、海水浴場もあるし、デッキ席で海や夕暮れを眺められるおしゃれなカフェや、焼き物のの窯や、美術系の小物を扱う小さなお店とかが点在していたりもして、福岡の街中からちょいとドライブに出かけるには良い場所です。
そんな糸島に夏に出かけた時、海岸沿いに見かけた「カキ小屋」と書かれた倉庫のような閉鎖された建物を見かけて、以来気になっていたのですよー。


糸島半島牡蠣小屋ガイド
http://itosima-kaki.askanditsgiven.biz/



DSC_1479.jpg


今回利用したのはこちら。

****唐泊(からとまり)恵比須カキ小屋****

公式HP 唐泊WEB  http://www.karatomari.jp/
食べログ http://tabelog.com/fukuoka/A4002/A400203/40025701/
ぐるなび http://r.gnavi.co.jp/hmt33fwb0000/

★ 住所    福岡市西区小田 海づり公園緑地
★ 営業時間 11時~17時(16時30分オーダーストップ)
★ 定休日  木曜日、年末年始
★ お問合せ 市漁業協同組合唐泊支所 電話092-809-2311
★ アクセス 福岡市地下鉄(姪浜から先はJR筑肥線)九大学研都市駅で下車の場合、
       九大学研都市駅(昭和バス)に乗車→海釣公園前で下車(片道420円)


DSC_1462.jpg

このカキ小屋は、糸島半島の福岡市中心部に近い側(東側)にあり、市の中心部から車で下道で30~40分。高速道路を使えばもう少し早いかも。

普通に「糸島 カキ小屋」で検索しても、糸島半島の西側(糸島市)のカキ小屋ばかり出てくるのですが、こちら唐泊恵比須カキ小屋は300席ほどあって福岡のカキ小屋では最大だとか。オープン直後の3連休の日は駐車場で10分ほど待ちましたが、基本的に待たずにすいすい入れるのが良いですね。しかも福岡市街から一番近い。
ここで食べられる「唐泊恵比須カキ」は、福岡自慢のブランド牡蠣で、昨年(2012年)に開催された「第1回かき日本一決定戦」では、デザインと食感部門で第一位、総合で第2位に輝いたのだとか。

海づり公園のふもとにあり、ちょっと写真で分かりづらいですが、海の向こうに福岡タワーやアウトレットモールの観覧車などが見えるのがまた良い感じです。

DSC_1439

DSC_1444.jpg DSC_1468.jpg


このすぐ近くには居酒屋ざうお本店もあり、そこでも同様に牡蠣を食べられるみたい。
割と有名な魚貝系の居酒屋(全国にチェーン展開してマス)だそうですね。
この「ざうお」に関して言えば、なんと街中・天神から徒歩圏内の場所でも冬限定でカキ小屋をやっているんだな。他にも2、3件、街中にカキ小屋があります。やはり糸島まで行って取れたてを海辺で食べたいとこだけども、運転手が酒を飲めない難点がクリアー出来るのと、夜までやっているのが街中の店の良いところ。

釣船茶屋ざうお冬限定「ざうお」のカキ小屋 http://www.zauo.com/kaki.html


糸島半島西側にもたくさんのカキ小屋があり、そちらはビニールハウスのようなやや小型の小屋となっています。ホームページ等も充実していますが、こちら側のカキ小屋の長所は、ガスコンロを使用している為に灰を被らなくて済む点と、牡蠣の全国配送を取り扱っている点
サイドメニューもやや充実している模様。
まだ食べに入ったことは無いけれど、旅行で来ていた友人がここから実家に牡蠣を送っていました。
安いのは、配送用のカキも一緒!

DSC_1484.jpg DSC_1487.jpg

You、行っちゃいなYO!




ステンレス プロ用カキナイフ
村の鍛冶屋
売り上げランキング: 9,767

スポンサーサイト
テーマ:ご当地グルメ
ジャンル:グルメ
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック