2013年07月09日 (火) 00:31 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ワイルド・スピード EURO MISSION』 Fast & Furious 6 (Fast Six) | | | Edit |
最後に「劇中のカースタントシーンは真似しないように」との注意書きが出ますが、帰り道に真似して死んでも悔いは無い気分で体がそわそわしていたので、今日は地下鉄で来ていて良かった、と思いました。(笑)
いや、マジで。超アクセル踏みたい。いつ踏むの?今でs(ダメ絶対)


1372872147939.jpg


シリーズ6作目。

時系列は、1→2→4→5→6→3→(7)。

超愉快な映画でした。
前作(パート5、MEGA MAX)も重量級マッチョの格闘戦とか金庫ぶん回しカーチェイスとかで最高だと思いましたが、それをドンとスケールアップしてきた作品。
豪快過ぎて、もはやユーモアにしか見えない突っ込みどころからは「何も考えなくて良いんだよ」と優しく諭され、見たいものはきっちり見せてくれるという至福の時間。


あえて点数を付けるなら、100点満点で95点。
(時系列を出した時点で少しネタバレなんですが、【あらすじ】の後からネタバレ全開します。)



【あらすじ】
前回、大金をせしめて悪党稼業から足を洗い、それぞれの生活を手に入れたチーム一同。
ドミニク(ヴィン・ディーゼル)は新たな恋人・エレナと、ブライアン(ポール・ウォーカー)は妻ミア(ドミニクの妹)との間に生まれた息子・ジャックと共に平穏な生活を送っていた。
そこへFBIのホブス(ドウェイン・ジョンソン)が死んだはずのドミニクの元カノ・レティ(ミシェル・ロドリゲス)の写真を持って現れる。
現在、ヨーロッパ各地で軍事機密兵器が強奪される事件が相次いでおり、その犯人と目される元英国特殊部隊のオーウェン・ショウ率いる犯罪組織の中に、レティの姿があったのだ。
ドミニクに組織壊滅への協力を要請するホブス。
レティの生死を確かめる為、過去の犯罪歴への恩赦を得る為、ドミニクの元に集結した仲間達はロンドンからショウを追い始める。




最初にあれだけ褒めてなんで100点じゃなくて95点になるかというと・・・

(以下ネタバレ全開)





fast-furious-6-cast.jpg

fast-and-furious-6-picture04.jpg

Fast-Furious-6-5.jpg

302618.jpg

13021901_Fast_and_Furious_6_64.jpg


やっぱりね、ジゼルの死に様がね、ちょっと・・・。
身も心も強く美しく際立った存在だったジゼル。前作でハンとカップルになり、この6でもぴったり息の合ったコンビぶりをこれでもかと見せつけて、この事件が解決したら東京で2人で落ち着いて暮らそうかなんて話し合う微笑ましい姿を見せていたんですが。
でもね、ハンって、パート3で死ぬんですよ。
時系列的にこの6の次に来る3でね、ヤクザへの上納金でトラブルを起こしている荒んだハンは、東京・渋谷スクランブル交差点でカーチェイス中に横から出てきた車と衝突して爆死。
そしてその3でジゼルが影も形も見せない。
それが先に分かっているから、つまり・・・・まぁ、ジゼルはその前の時点できっと死ぬんだろうな、とは薄々感じてはいたんですけども。

ジゼルは、最後のクライマックスの輸送機離陸阻止の際に、ハンを救う為、ハンを背後から襲おうとしていた雑魚を撃って滑走路に落ちていきます。
しかもその雑魚も撃たれてもまだ元気一杯で、更にハンと散々格闘した上でエンジンタービンに放り込まれて死亡→エンジン爆発→輸送機墜落、の流れ。
なんかもうちょっと、死に方と死ぬタイミングは考えて欲しかったです・・・。
どうせ殺すなら、もっと序盤とか中盤とかさ・・・、いっそ5の後でハンとは別れた事にして6に登場させないとかさ・・・。
特にこのパート6では、そのクライマックスまでは、豪快過ぎ・痛快過ぎなアクションを重ねて全員が助かりながら大活躍する形でひたすらテンションアゲアゲ上がる一方で進んできていたのに、よりによって最後にこんな死に方をされると一気にテンション落ちるというね・・・。
上げて落とすのは勘弁だよー。(- -;)

テンションが落ちてしまうと、それまでは全く気にならなかった突っ込みどころに途端に萎え始めます。

この滑走路、いったい長さ何キロメートルあるんだよ?とか。
雑魚の格闘戦なんか盛り込まなくていいから、とか。(分かりにくいし、テンポだれた)
その前の戦車戦だって、戦車に轢かれてぺしゃんこになった車の中には人がいたんだよな・・・民間人大勢死んだよな・・・とか。
レティを救う大ジャンプは面白かったけど、同時にその後ろで横転・大破する戦車の様子が背景扱いでしっかり映らないってどういう事・・・とか。
あと、パート5で愛する人を失った者同士で共感して恋に落ち、6冒頭でも恋人同士のドミニクとエレナだったにも関わらず、レティのカムバックであっさりお別れ、の流れももう一工夫欲しかったです。


さて。

でも逆に考えるんだ。

これだけの文句を並べてるのに、5点分でしかないって考えるんだ。
これの19倍にあたる、95点分もの良い点があるって考えるんだよ、ジョジョ。

実際、他にも突っ込みどころなんてそれこそ山ほどあるんですが、それらは全く気になりません。(笑)

とりあえず、「主よ、早い車に感謝します!」の御祈りの言葉と、同時に流れ始める威勢のいい音楽でどうにかまたテンションが持ち直してかーらーのー、

ジェイソン・ステイサム登場。
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!!



パート3でのハン死亡シーンが再現され、(まぁ、新宿大ガードをくぐり抜けると渋谷スクランブル交差点に出るというのはスルーして、)ハンに横から突っ込んだ車は、事故ではなく故意にハンを狙ったものだった事が明かされます。
その車を運転していたのがジェイソン・ステイサム。
役名は、Ian Shaw。つまり、今回の敵役オーウェン・ショウの兄です。次の7は、彼が弟を殺した連中への復讐をはかる物語になりそうです。
ちなみに、パート3の最後は、ハンの死を知ったドミニクが東京に現れるシーン。
7は東京から物語スタート?

レティが記憶喪失ながら復帰したし、これでジェイソン・ステイサムが敵役で加わると、ブライアンの影がますます薄くなりそうなのが心配です。(笑)
それにしてもオープニングで写ったダイジェスト(1作目とか)と比べて、ポール・ウォーカーはだいぶ老けたなぁ・・・。俺もか。



いやー、それにしても、良いもの見た!
大画面、出来ればIMAXとかで見るといいよ!

とにかく盛りだくさん。
ユーモアもたっぷりで、機能的な服ネタやローマンのデカ頭ネタのくだりはよく覚えてるけど、あと思い出せないほど何度も噴き出しました。
ジーナ・カラーノ v.s. ミシェル・ロドリゲスの女性同士のリアル全力ストリートファイト風の格闘といい、最後の格闘の組み合わせがころころ変わりながら最終的にヴィン・ディーゼル&ドウェイン・ジョンソン v.s. ラスボス&でかマッチョのタッグ戦でプロレス連携技で決め、という格闘といい、これを見たかったんだよ!と喝采したくなるアクションシーンでした。
流れ上、キャラクターが死亡するのは少し冷めたけど、これまでシリーズの中で繋がりがほとんど無かったパート3もこれでしっかりストーリーに組み込まれ、パート4(MAX)の敵役ブラガまで登場し、いよいよ次のパート7で大団円かな~というのが見えてきたのも良かったです。
でも複雑な話じゃないので、この6だけいきなり見てもOKな単純さも素敵。
あと、車・・・どんどん出てきてはどんどん壊れていくので、愉快な改造車以外にも凄い車がたくさん出てきたのだろうけど、あまり印象に残ってません・・・(笑)
カーチェイスも盛りだくさんで、使われているはずのCGにも2の頃にあったような違和感は無くて、楽しく見られました。


923353_183547265137662_1366031744_n.jpg

13021901_Fast_and_Furious_6_21.jpg

Fast-and-Furious-6-Luke-Evans1-642x362.jpg

4254566dee9cd64e14c7279f86074e99.jpg

999028_196580183831267_1510356590_n.jpg

fwlzxl.jpg


あぁ、そうそう、蛇足だけど、
ジーナ・カラーノが演じた女捜査官について、最後の裏切りへの伏線が弱かったのは確かだけど、無かったわけではありません。
ドミニク達のチームメンバーの情報が、ロンドンでの初顔合わせの直後、即、ショウの手に渡っていましたね。
FBIとかどこか身内に裏切り者がいるのはその時点で確定していたのです。
更にブラガも、ショウの手下が麻薬捜査局その他色々なところに潜り込んでいる、と言っていました。
というわけで、私は、エレナ(ドミニクの今カノ)を疑っていたのですが。


まぁ、こまけぇこたぁいいんだよ。



スポンサーサイト
テーマ:アクション映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
狼には、狼を… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201307060001/ ワイルド・スピード EURO MISSION オリジナル・サウンドトラックサントラ ハード・ロック・...
2013/07/09(Tue) 05:44:27 |  日々“是”精進! ver.F
『ワイルド・スピード -EURO MISSION-』 を試写会で鑑賞しました。 あのー恥ずかしながらシリーズ初見でした でも、大体登場人物の関係が分かる様に描かれているので 安心してこの作品...
2013/07/09(Tue) 09:09:33 |  気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!)
このシリーズもついに第6作まできちゃいましたね。しかも回を重ねるごとにパワーアップしてスケールがとんでもなく大きくなって、ついに今作は舞台がヨーロッパに。第4作で殺され ...
2013/07/09(Tue) 09:36:42 |  カノンな日々
機能的vs.愛 公式サイト。Fast & Furious 6 ジャスティン・リン監督、ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ・ブリュース ...
2013/07/09(Tue) 10:40:22 |  佐藤秀の徒然幻視録
【FAST & FURIOUS 6】 2013/07/06公開 アメリカ 130分監督:ジャスティン・リン出演:ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウェイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ジョーダナ...
2013/07/09(Tue) 13:09:46 |  ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
JUGEMテーマ:洋画   ◆ファイナルステージは−欧州。    副題にファイナルステージと書いてありますが、ワイルドスピード EURO MISSIONを &nbsp...
2013/07/09(Tue) 22:29:05 |  こみち
エンドロールが始まっても良い子のみんなは帰っちゃダメだぞ!
2013/07/09(Tue) 23:54:23 |  だらだら無気力ブログ!
ワイルド・スピード EURO MISSION観ました! ※ネタバレ含む感想ですの
2013/07/10(Wed) 20:34:42 |  ぷかざの映画感想記
原題:Fast & Furious 6監督:ジャスティン・リン出演:ビン・ディーゼル、ポール・ウォーカー、ドウケイン・ジョンソン、ミシェル・ロドリゲス、ガル:ギャドット、サン・カン・・・
2013/07/13(Sat) 17:34:26 |  ハリウッド映画 LOVE
Magic Mike XXL <音楽コメディ> 【監督】グレゴリー・ジェイコブズ 【出演】アンバー・ハード     チャニング・テイタム     マット・ボマー 関連 Furious 7 [Trailer II] 【監督】ジェームズ・ワン 【出演】ジェイソン・ステイサム     ドウェイン・ジョンソン     ヴィン・ディーゼル 関連 Nobl...
2015/02/06(Fri) 21:36:50 |  Poyonの映画予告編ブログ