2010年03月04日 (木) 02:04 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 網走結婚式と1人クリスマスディズニーランド | | | Edit |
網走で友人の結婚式に出席してきました。

これまで数多くの結婚式に出席してきたけど、今回のは自分にとって特に喜ばしく印象に残るものでした。
式自体も完全なストロングスタイル(王道)でとても良かったんだけど、式場で新婦さんをみた時に嬉しい驚きがあったのが、その理由。
むかし6年くらい前?にその友人(新郎)が飲み会に彼女を連れてきたんですが、そこで、すごく良い人だな、良いカップルだなと思ってたんですが、その後別れたと聞き、残念に思っていたわけですよ。
結婚式で新婦さんを見たら、なんとその彼女ですからね。
いやぁ、嬉しかったな。
まぁ、招待状来た時に名前見て気付け、って話なんですが・・・(笑)
人の名前を覚えるのは苦手でね!w
そんなワケで、向こうは驚かす気無かったんでしょうけど、俺が勝手に驚いて喜びました。w

おめでとう。


嬉しい驚きってのは良いもんです。


え?自分ですか?

そうですね、自分から人に嬉しい驚きを送れる機会なんて滅多に無いんですが、
思い出されるのは、そんな「送れる嬉しい驚き」を求めて行った・・・

昨年末、クリスマスシーズンの夜の1人ディズニーランド!


なにもね、別れた彼女と行くはずだったディズニーランドに1人で感傷に浸りに行ったとか(笑)ではないし、ネタの為だけに行ったわけでも、ないんですよ。。


それでは折角なので、この機会にその時の写真をご覧下さい。
クリスマスのディズニーランド&シーの様子ってこんななんだな~と、リラックスしてご覧頂ければと思います。
色々とすいませんね。



2009年12月22日(火)
クリスマス直前で、祝日(天皇誕生日)前夜。



千葉県舞浜市、東京ディズニーランド。

Tokyo Disney Land 2009 Chistmas


入り口に巨大クリスマスツリー。

Tokyo Disney Land 2009 Chistmas Tree



仕事を終えてから、決死の覚悟で来たんだけど―――

来てみたら何てこと無かったぜ!!!www


いやホント、入園も果たせずカップルの気に当てられて死ぬんじゃないかと思ってた。(笑)
余裕も生まれたので、善良な目的は最後に果たすとして、それまではダークサイドの目で下見。



シンデレラ城。

DSCF7430_30.jpg

昔はこの城の地下で、シンデレラ城ツアーというアトラクションがあって結構好きだったけど、今はもう無いらしいです。



そして、ディズニーランドに来たからには乗るべきアトラクション―――

ホーンテッド・マンション。

Haunted Mantion christmas
説明不要!

50分待ち。

「彼女と一緒に来てるんだけど、彼女は今トイレに行ってます」 もしくは 「彼女はチュロス買いに行ってます」 というフリは通じようが無いので、心を無にして50分間並ぼう。

というか、
並んでる間、浮かんだ1つのアイデアを吟味しているうちに時間は楽しくあっという間に過ぎた。



ホーンテッド・マンションの前で、スリラー(マイケル・ジャクソン)を数名で踊ったら面白かろうな、と。


まだ乱暴なアイデアでしかないけれど、
あえて言おう―――夢であると!w


それにしても、乗ってみればなんとこの不変と思われたアトラクションもクリスマス仕様になってました。

中で登場する幽霊たちまで、ことごとく映画『ナイトメア・ビフォア・クリスマス』のキャラクターに挿し代わってます。しかもサンタコスチューム。



次。

時間が無いので、ディズニー・シーに移動。

Disney Sea entrance 1 Disney Sea entrance 2


もうすぐ夜8時・・・急がねば。

目的の店、発見。

Daffy Shop 1 Daffy Shop 2


そしてこれが目的の品、

Daffy   Daffy Shop inside

・・・・・名前は忘れたが、熊の人形だ。(笑)

こいつが、生意気にも(笑)ディズニーシーの園内の決まった店舗でしか売られていません。


この人形をどうするのかというと 「おぉっ!」


と、ここで外で音楽と大きな歓声が上がったので、急いで店の外に出る。

ちょうど夜8時。
夜のショーが始まった。

Candle Light Reflections 1 Candle Light Reflections 2

キャンドルライト・リフレクション?って言ったかな。

ディズニーシーの夜のクリスマスショー。
ディズニーランドの夜のエレクトリカル・パレード、のディズニーシー版。
中央の大きな湖で、ディズニーキャラクターを乗せた煌びやかな船が回ったり、クリスマスツリーが生えてきて光ったりする。
(これは2009年がラスト公演で、2010年からはまた何か演目変えるみたいです。)

控えめな位置から観賞してました。

Candle Light Reflections 3



ここまで精神的ダメージ無し・・・・


来客数も、その中に占めるカップルの割合も普段よりは多いのかもしれないけど、意外な事にいたたまれない気持ちにならない理由を、考えてみた。

まぁ、男だけの集団も珍しくないのと・・・

何より思ったのは、
ここにいる人達は、カップルも含めて、その意識の何割かをディズニーランドが見せる夢の国に取られており、残った意識は各自の連れに向けられてる。
だから、他者へ意識が向けられることはほとんど無いし、カップルが2人の世界に入っていちゃつく事も無い。
そういう事だろうと感じました。


そう、自分もなんだか・・・ディズニーの雰囲気によって心が広くなってるような・・・

周囲の人達に対して、この世界を同じく楽しんでいる仲間であるような気がして、その姿を見て微笑ましい気持ちになる・・・


クリスマスの1人ディズニーランド、恐るるに足りず!



―――そう考えていた時期が、俺にもありました。



Candle Light Reflections 4
ドーン

ショーの終盤、湖中央の大きなクリスマスツリーから花火が吹き上がった。

その瞬間に、すぐ横の女の子たちの集団から、そして湖を囲む人混みのいたるところから上がった若い女性の黄色い歓声――― 「キャーッ♪」


俺に会心の一撃!


すっかり油断していた心に、これは効いた。w

更に、ここからショーは怒涛の展開を見せる。


花火などの演出で盛り上がり最高潮になったところで、各ディズニーキャラクター(男女ペア)が乗った船が一つ一つ退場を始める。
音楽が静かなロマンチックなものに変わり、そして、キャラクターの言葉が大きく会場中に響き渡る。
退場間際に、各ペアが順次、日本語で愛の言葉を囁きあうのだ。


ミッキー 「ミニー、今夜の君はとても綺麗だね!この聖なる夜を君と一緒に過ごせて嬉しいよ!メリークリスマーース!!!ハハッ!」


ミニーも似たような返答をしていた気がするが、よく覚えていない。

7~8組のキャラが、こんなやり取りを立て続けにしていってくれただろうか。
普段は問題無いが、花火の歓声にグサリとダメージを食らった直後だけにジワジワ効いた。(笑)


Candle Light Reflections 5


こうして、8時から始まったショーは、約20分で終了。



あと10分、8時半からは花火が始まる。

今度はショーの添え物ではない、本物の花火だ。
ここまで来たら、見るしかない。w

ショーの終了と同時に大勢の人が園の奥へ移動を始めたところを見ると、湖周辺は花火を見るベストスポットではないようだ。


Disney Sea Lake


まぁ、構わない。ここで見よう。

さっきの花火と歓声には不意を突かれただけ。
早くも自分の心はダメージから回復しかけてます。( ・∀・)
いや、もしネタの為だけにここに来ていたなら、あそこで心は折れていたかもしれない。

熊の人形、という真っ当な目的が無ければ。

この熊は、至極真っ当な、美談になるレベルの理由と目的で購入されていました。
ほんの気紛れだけど。(笑)
でも「やらない善よりやる偽善」って言うし。www


2009/12/22 8:30PM


「残念ながら、本日の花火は強風のため中止とさせて頂きました」


時間になって、花火が打ちあがる代わりに聞こえてきたのは、そんな場内アナウンスだった。
残念・・・。

どうしようかな。。

目的の人形は買えたし、十分な下見も出来た。
でもまだ時間あるし、このままアトラクション乗らずに帰るのもナイトパス代(※)が勿体無いかな・・・。
(※アフター6パスポート。¥3,100。最安。)


ここで、耳元にミッキーの声が聞こえた。



ミッキー 「ハハッ!次は何に乗るんだい?オススメは帰りの電車かなwwwハハッ!」



よし、帰ろう!


・・・!ち、違うからね!
心が折れたわけじゃないんだから!
寒さと空腹を押してまで乗りたいアトラクションが無かっただけなんだから!
変な勘違いしないでよね!///


あのミッキーの声は、風の音だったかもしれない・・・



こうして自分の、1人クリスマスディズニーランド2009は終わった。


Disney Sea Exit (entrance) 1 Disney Sea Exit (entrance) 2




個人的には、ディズニーランドは10年に一度も来れば十分と思います。

でも、今回の下見で、ダースベイダー企画もやれば出来ると分かったので、いずれそう遠くないうちに何か出来れば。
最初の入場時の荷物チェックでちょっと工夫してマスクを持ち込みさえすれば、中ではけっこう堂々としていられそうです。

そうなると残る問題は、何をするか。

ただ入って、こそこそ中で写真撮るだけじゃあんまり面白くない。
やはり、ホーンテッド・マンション前で集団スリラーダンス、というアイデアは捨てがたい魅力がある。w
(一緒にスリラーダンスを踊ってもいい、という方は御連絡下さい。笑)


熊の人形?

すぐ後日、渡るべき人の手に渡り、「嬉しい驚き」をもって大喜びで迎えられていきました。
御期待にそえず、この熊の件は全く色気のある話じゃありませんが。w

ま、プレゼントって、いつ・何を・誰から貰うか次第で価値が変わるから、けっこう難しいよね☆

Daffy in the bag



さて、

ここまで読んでくれた皆さんに送れるもの・・・


あまり大した物は無い。(´・ω・`)


自分の結婚話とかあれば喜んでくれる人も多いと思うけど、そんな予定はまだ無いし。
まぁ、一応、去年惜しいトコまでいく場面もあったんだけどな。
ちなみに1人ディズニーランドの件も熊の件もそれとは全く関係ない。(笑)


網走ダースベイダーの記事くらいかな!w
それについてはプロのカメラマンが撮ってくれた写真とかありますので、近日公開、お楽しみに。w




参考動画:

YouTube 「Michael Jackson - Thriller Full Length - HQ」


見つけた中では1番高画質。
ノーカットなので約11分あります。見所は7:20あたりからです。(笑)



スポンサーサイト
テーマ:東京ディズニーリゾート
ジャンル:旅行
コメント
この記事へのコメントを投稿する
95.  PJURL  | 2010/03/04(Thu) 22:57 | #-[ 編集]
くそ・・・俺もMJファンなのに・・・
流石に高校生だからディズニーランドまで行くほど自由が効かないwww
96.  グドすぴ | URL  | 2010/03/09(Tue) 02:21 | #-[ 編集]
>>95
他の企画でも い い ん だ よ w
97.  PJURL  | 2010/03/10(Wed) 01:41 | #-[ 編集]
関西だからなぁ・・・
またVIPにスレたてていろいろやってくれww

VIPで見れなくても絶対ワラノートで見るからw


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック