2010年02月24日 (水) 22:47 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ドラクエの竜王は勇者との戦いの前に言いました。「ワシの… | | | Edit |
最近、会社の昼休みの最後の15分間はお昼寝してます。

もう習慣化してきていて、昼飯食べてYahooニュースとかチェックしてその時間になると猛烈に眠くなる。
今日も机に突っ伏して腕を枕にして熟睡・・・が、

「おおぉぉっ!」 パチパチパチ

突如事務所内に響き渡る歓声と拍手。
ねーよ。
いったい何だよ。。
あ、そうか、バンクーバー冬季オリンピックのTV中継を見てるのか・・・
と思いつき、そのまま頭も上げず眠りに戻りました。
ところが、少し間をおいては繰り返される歓声と拍手。

そこでどうやら事務所の皆は浅田真央のスケート演技を見ているらしいと気付いた。

多分ジャンプ、トリプルアクセルとか綺麗に成功してるんでしょう。

そうなると今度は「あぁ・・・」という落胆の声(=ジャンプ失敗)が聞こえてきやしないかと心配になってきて落ち着いて眠ってられなくなりました。
机に突っ伏したまま眠りの世界と現実を行ったり来たり。

そんな落胆の声は最後まで聞かれず、皆が嬉しそうにする気配まで感じられたので、これは良い演技が出来たんだな、と。金メダルの可能性大だな、世界を獲ったな、と、思ったんですよ。
これで安心して眠れる・・・と思いきやですね、

アレだな。
眠りが浅い時の妄想ってヒドイよな。


浅田魔王
「世界の半分をお前にやろう」



・・・・ドラクエの最後で、竜王は勇者との戦いの前に言いました。
「ワシの味方になれば、世界の半分をお前にやろう」ってね。
返答の正解はもちろん「いいえ」。
しかし浅田魔王に言われちゃぁね!!!
世界の半分って何だよ金メダルを半分個してくれるのかそれとも以下略、なんて思考が一瞬頭をよぎっても漢なら即答すべき。

「そんな物よりお前が欲しい」 キリッ


そしたら浅田魔王が 「えっ///?」 って赤面して、潤んだ瞳でこっちを見つめたまま黙ってしまってうわぁぁぁぁロマンチックが止まら・・・!

キーンコーンカーンコーン

・・・ふぅ。
おはよう。
どうやら午後の始業ベルに救われたようだ。
いや、もうダメか?
ホワイト会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない。

なんだか肌寒い。(‘A`)

起きて振り返ってみると、事務所のテレビではちょうどキム・ヨナが演技している所だった。
キム・ヨナの出番は浅田真央の次だから、俺の昼の睡眠時間はとても短かったらしい。
睡魔恐るべし。

まぁ、それはそれとして、今日は昼休みが終わっても事務所内のテレビはつけっ放し。
俺の席はテレビに背を向ける形だけど、浅田真央が素晴らしい演技で高得点を出したのに、続いたキム・ヨナがやはりミス無い演技で更に大きい高得点を叩き出したって事は周囲の反応で分かった。
テレビは、最後の安藤美姫の演技終了まで付いていた。


バンクーバー冬季オリンピック
フィギュアスケート 女子シングルSP(ショートプログラム) 結果

1位  金 姸児(キム・ヨナ) 韓国  78.50点
2位  浅田真央        日本  73.78点
3位  ジョアニー・ロシェット カナダ 71.36点
4位  安藤美姫        日本  64.76点


ま、明後日のフリーに期待だな。
俺だったら自分のベストの演技にこんな点差付けられちゃ凹むけど・・・頑張って貰いたいと思います。
(浅田真央のファンってわけじゃないです、念のため。笑)


明後日も職場でテレビつけっ放しになるんだろうな~、と、そんなこの職場は悪くないと思うけど、さっき言った「ホワイト会社」ってのは嘘だ。(笑)
それなりにグレーでところどころ黒いところもある普通の会社。w

なんだか肌寒いっていうのはリアルに本当。
ウォームビズって言うのかい?
暖房低めにしてCO2とか経費とか削減しようっていうあれ。
おかげさまでスーツの上着を着たまま一日過ごしてて、たまにホット缶コーヒーを買ってきて幸せな気分になったりしてますが、仕事の効率にも気温低めな影響が良くも悪くもあると思います。

さて、寒いと言えば、外の気温は一時期の厳しい冷え込みを脱して有り難い限りですが、

今週末は網走(北海道)に行きます。

寒そー、超寒そー。

厚手のコート出さなきゃ・・・

そんな網走に大きな荷物を持っていくべきかどうかちょっと悩んでしまった俺は、やはり以下略



1人バンクーバー


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック