2010年02月20日 (土) 20:01 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - メンズポッキーは好きだけど、あくまでグリコ的な意味に限る。 | | | Edit |
2月14日(日)、『ベヨネッタ』(※)ノーマルモードクリアー!
(※PS3のゲーム)

はぁ、楽しかった。 (´∀`*)


は?バレンタイン?

ボビー・バレンタイン

ボビー・バレンタイン(元)監督は関係ないでしょ。
ベヨネッタだよ。


クリアするまでの総プレイ時間は20時間ほどになってしまいました。
下手糞ですいません。
っていうか、20時間も他所様の家の居間とテレビを占領して、本当にすいません。

休みの日に友人宅で昼から夜までゲームに興じること計3日。
この2月14日(日)も、昼1時から夜9時までゲームしっ放し。
その時間のうち95%は自分がコントローラーを持ってたと思う。(笑)
コントローラを手放したのは、行き詰っていい加減に集中力が薄れてきた場面で友人に交代して貰った時のみ。
ひどいと言えばひどいけど、たまにはこんな休日もいいね。w

ちなみに、ベヨネッタをクリアした同日(2/14)の夜には自宅で『FF6』もクリアしましたが、それはまた別の話。

ん?ヴァレンタイン?

ヴィンセント・ヴァレンタイン

あー・・・、『FF7』に狼男か何かのヴィンセント・ヴァレンタインってキャラがいたね!
それは7だよ、6じゃないよ。
FF6はほら、ティナとか魔導アーマーとか出て・・・、って、ベヨネッタの話に戻っていい?

いや違う。
ヴァン・アレン帯の話じゃない。

ヴァン・アレン帯

いや、確かに、ベヨネッタのラストで宇宙に飛び出して、星の間を縫いながら敵を太陽に叩き込むっていうシーンがあったよ。
俺も2回失敗したけど、そんな難しくない。
ヴァン・アレン帯なんて、そんな惑星の磁場とか放射線の影響まで計算しなくても良いんだよ。

ベヨネッタだよ、ベヨネッタ。
そんなに発音が難しいかい?

なんか疲れてきたよ。

そうそう、疲れたって言えば、さすがにこんなにゲームすると指が痛くなるね。
途中で両手の親指が少し痛くなったし、目が疲れて涙が出てきたりもした。
さすがに他所様の家に自分の都合で好きな時に行けるというわけもないので、行ける時に行ってやれるだけやらなきゃ!と思ったら、やり過ぎた。(笑)
あと、スーパーファミコンが所持最新ゲーム機の俺にとっては、プレステ3のボタンあり過ぎのコントローラーとか、立体感あり過ぎの画面にもまだ慣れないわー。

そんな俺でも死んで死んで死にまくって、テーブル挟んで座ってる友達にあーだこーだ相談しながら、やっとこさクリアー。

ん?ヴァランタイン?

ヴァランタイン

いや、ウィスキーは飲んでないよ。
酔っちゃうじゃん。
ベヨネッタやりながら友達と飲んでたのは赤ワインだよ。

関係ないけど、赤ワインの渋味成分タンニンのポリフェノールと、チョコレートの成分カカオのポリフェノールとは味わいの相性がとても良いらしいね。

幼稚園からの付き合いの男友達の家の居間で、電気カーペットの上に胡坐かいてワイン飲みながらゲームして過ごす冬の午後・・・ゲームも面白いし・・・贅沢な一時でした。


っていうか、

ベヨネッタって結局どういうストーリーだったの?と思って、さっきWikiを見てみたら、ストーリーはやっぱり良く分からなかった代わりに、攻略についていくつか新発見が。。
コンボ途中で回避する時、攻撃ボタンを押したまま回避すると回避終了後もコンボ継続できる(ダッヂオフセット)とか・・・
炎の爪とかスケート靴を足に装備してれば、マグマとか氷の地面でダメージ受けないとか・・・
そんな便利な(楽な)方法があったなんて!!!
自分がいかにストイックで高度な(ドMな)攻略をしていたかを思い知ったよ。orz
っていうか説明足りなくね?(´・ω・`)
説明書に書いてあったのかも知れないけど。(←読んでない。笑)

っていうか、ラスボス戦の最後の最後で初めて回復アイテムの使い方を知ったしね!
使った事が無かったのでアイテム関係は山ほど持っていて、それを使ってスーパードーピング状態にしたらまさに無敵。
ラスボスに圧勝、気持ちよかったです。w

結果的にそんな高度な攻略を経てしまって、最後の方ではだいぶ操作に上達してしまったので、今なら前半のステージで無双できると思う。


ん?ヴァレンタイン?

ヴァレンタイン・オーフレイム

あー・・・、ヴァレンタイン・オーフレイムってオランダの格闘家がいたね!
うん、前にテレビで見たことあるある、って、

眼鏡でぴっちりボディースーツでナイスバディな魔女姐さん(ベヨネッタ)の話してる時に、ガチムチマッチョの話すんな!


・・・ばれん台?
ばれん台  ばれん


ガチムチマッチョの話してる時に木版画の話すんな!

(※ばれん: 版木に乗せた紙を裏からこする為の、竹皮を巻いた道具。画像右。画像左が台。)


いや、怒ってるんじゃないよ、怒ってない。
だけど何の話してたんだか分からなくなってきた。
あぁ、アレだ。
あのバ・・・・バ・・・・



バンテリン
バンテリン

バンダイン
バンダイン

ダンバイン
ダンバイン

アインシュタイン
アインシュタイン

フランケンシュタイン
フランケンシュタイン

バンダイサン
磐梯山

バンダイ
バンダイ

ヴァンダレイ?(・シウバ)
ヴァンダレイ・シウバ

バレンタイン・デー、

と言えば、例年であれば自分には全く関係ないイベントなんだけど、今年は凄かったな。
親が買ってきたチョコレートケーキも含めれば、なんと6個ものチョコを貰った。

これまでの自己最高記録の3倍だ。

会社で3個と友達から2個。
もちろん2月14日当日に貰ったわけじゃないし、全ていわゆる義理チョコ。
会社で貰ったもののうちの1つは手作りだったわけだが、他部署の女性が作りすぎたのでと言って同じフロアの男女問わず数十人全員に配った物で、もはや義理ってレベルですら無い。(笑)
それにしても、いまだに社内義理チョコを配る習慣が残ってる場所があるとは思わなかったよ。
年明けから異動して来た新部署は、色んな意味で古風なようだ。


まぁ、チョコとゲームが力を合わせてみんなの幸せを~、招・・・いたら大変な長文になってしまったこの日記ですが、そろそろ締めたいと思います。

長文ついでに、ベヨネッタの挿入歌、『Fly me to the moon』の歌詞転載で締め。



『Fly me to the moon』 作詞:Bart Howard 訳詞:橘 結希


Fly me to the moon
私を月へ連れてって

Let me sing among those stars
星々の間で歌わせて

Let me see what spring is like on Jupiter and Mars
木星や火星の春がどんな様子か私に見せて

In other words, hold my hand
つまりね、、、手をつないで

In other words, darling(baby) kiss me
つまりね、、、ねぇキスして



Fill my heart with song
歌が私の心を満たす

Let me sing for ever more
ずっと、もっと歌わせて

You are all I long for
あなただけが私にとって何ものにも代えられない、

All I worship and adore
あなただけが大切で尊いもの

In other words, please be true
つまり、「真実(ほんとう)にしてほしい」ってこと

In other words, I love you
言い換えると、、、「愛しています」



某アニメのエンディング曲として知っている方も多いでしょうね。






スポンサーサイト
テーマ:今日を大切に・・・
ジャンル:ブログ
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック