2009年12月17日 (木) 21:40 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ワールド・オブ・ライズ』 | | | Edit |
先週末、WOWOWで映画『ワールド・オブ・ライズ』が放送されてたので観賞。


ワールド・オブ・ライズ [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-04-29)
売り上げランキング: 2526
おすすめ度の平均: 4.0
5 情報量の多さ&作り込まれた世界
3 完成度は高いけど目新しい点は無し。
5 リドリースコットやったね!!
5 嘘は、目的達成の手段になるか?

原題: Body of Lies (2008/アメリカ)
監督・製作: リドリー・スコット
出演: レオナルド・ディカプリオ/ラッセル・クロウ

中東を舞台にテロ組織とCIA・ヨルダン情報部の三つ巴の戦いを描くサスペンス・アクション大作。



【以下、言うまでも無くネタバレ注意】


hiroyuki



ということで(笑)、中東が舞台ということで惹かれていたこの映画を、ようやく観ました。

惹かれつつしかも監督も主演の2人も大物という鉄板な映画ながら、一年位前の公開当時はそれほど評判が良くなかったのでスルー。;
原作の小説を本屋で飛ばし読みしただけ・・・

さて、で、実際に観賞して、悪く無かったよ!

ヨルダン・シリア・UAE(ドバイ)などが舞台。
特にドバイは景色や実在の店など登場して、見てて楽しかった。
「ハリケーン・クラブでロシア女と遊ぶ」とか。w


・・・ドバイはまた最近、ドバイ・ショックとして名前を見かけますね。
日本の企業が6000億円の未回収債権を持ってるとか、アブダビがドバイに100億ドルを資金支援とか。

まぁ、そんな話は後にして、

映画としてイスラム文化とのギャップを描いていたという点では、この少し前の映画で似たようなストーリーの『キングダム/見えざる敵』の方が面白かった。
女性検死官がアラブの男性遺体の検死をしようとして・・・の場面なんか秀逸だと思う。


まぁ、『ワールド・オブ・ライズ』の方の見所は、冷酷非情な諜報戦です。
その冷酷非情ぶりは際立っていて、他の映画に類を見ないレベル。
善良な一般人が本人の知らぬ間に囮として仕立て上げられ、しかも利用後に見殺しにされるくだりは最高に最悪。(笑)
しかし、多分、現実ってこんなもんなんだと思う。

邦題は『ワールド・オブ・ライズ=嘘の世界』だが、心に残ったのはむしろ描かれた現実のリアルさだった。

ただ、いたずらに現実を悲惨に描いてもいないし、善良な・・・というか真っ当なアラブ人も大勢登場して、悪役たるテロリストはほとんど脇役に近い扱い、且つ、ディカプリオ演じるCIA中東現場職員が良心を兼ね備えてなんだかんだ言いつつアラブ世界を愛している人物であったり、そんなもろもろで、映画の後味は割りと良い。

贅沢を言えば、オチが原作小説に負けていたのが残念かな!
原作小説は、あのビデオカメラの映像を利用して世界中のテロリストに揺さぶりをかける、そんな壮大なオチ。
まぁ、そこにいたるストーリーが映画版は大分違っちゃってるんで同じオチは無理ですけどね。
ちなみに、小説・映画ともに原題は『Body of Lies=偽装された遺体』です。

まぁ、この映画についての結論としては、観て損は無い、ということで。




・・・・まぁ、知らなくて良い裏側、っていうのはあると思うんだ。


でも世の中、特に、育ち馴染んだ世界以外(=海外)で暮らしたりする時には、危険がリアルに裏側に潜んでいる事を心のどこかに留めておくのが大事だと思う。
それが危機管理・危機意識の基本。
人の命の価値を過信しない方が良い。(他人を尊重するなと言っているわけではないです。念の為)

ま、無駄に恐れる必要は無いんだぜ!w

実際、中東のUAEなどの国は日本より治安が良いという現実。(犯罪率など)

ベイダーマスク被ってドーハの街を歩く、というのも案外リスキーな行為なんだけど、現地の実情とその危険性を理解して空気も読めば、あんなことも出来る。(笑)

中東(イスラム)=危険と思ってる人が多いとか、ドバイを沸騰都市だのセレブ都市だの持ち上げたり、今度はドバイショックで「ドバイがヤバイ」とか騒いだり、なんていうか、マスコミがノリで流す安易な情報はあんまり信じないで欲しい。( ´∀`)
ちょっと距離が遠いのが難だけど、かなりの異文化で、治安も良く、衛生状況も悪くないという点では優良な旅行先だと思うし、ドバイなんて中東でも超小国で石油が出ない代わりに観光や金融でのし上がろうとしてちょっとつまづいただけの事なので、気軽に安心して(でも油断はしないで)旅行に出かけてもらいたいな!



・・・そうだな、誰か、違う国、違う施設、違う状況でベイダーマスク&スーツでバカなチャレンジをする姿を見たいと、個人的には思う。(笑)


思うが、


自分のドーハでのチャレンジの場合、ショッピングモールでは冗談も融通も効かない警官に追いかけられた場合を想定して脱出経路などキッチリ用意していたし、実際、「ドーハの悲劇」のサッカー場脇で撮影(のっぽさんポーズ)していた時には警備員2人が遠くから駆けつけてくるのが見えたので速攻で車で逃走した、ということはこの際告白しておきたい。w

まぁ、そんな風に、自分が伝えたいイメージの為に記事に書かない事実はあったり・・・、

この日記も必要以上に中東賛美にも批判にもならないように取り上げる事実を注意して選んで書いているけれど、これまで自分が書いてきた記事には『嘘』は一つも無い(※)ので、安心して騙されて欲しい。(笑)

(※ただしエイプリルフール日記などで嘘と明記している場合を除く)


スポンサーサイト
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメントを投稿する
69.  竹田URL  | 2009/12/18(Fri) 22:55 | #-[ 編集]
なんだかんだで瀬戸際にいるんですねwwwwwwwwww
70.  グドすぴ | URL  | 2009/12/19(Sat) 23:51 | #-[ 編集]
>>69
ですよwwwww


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック