--年--月--日 (--) --:-- | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト | | | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年02月22日 (木) 22:18 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - エッチなのはいけないと思います! - ドバイで日本人逮捕 | | | Edit |
昨日の新聞によると、
ドバイの空港でアダルトDVD77枚を持ち込もうとした日本人が逮捕されたそうな。

Gulf News 20070221
http://archive.gulfnews.com/articles/07/02/21/10106188.html


逮捕自体は去年のことらしい。

被疑者不在の裁判が行われ、1ヶ月の懲役&新聞に謝罪広告掲載&強制送還(国外退去)の判決を受けたと。
彼の弁護士は、「被告に犯意はなかった。DVDは個人用である。その所持は日本では合法であり、ドバイでポルノが違法であるとは知らなかった。」と主張し、寛大な措置または減刑を求めて控訴したが・・・・あわれ33歳の日本人エンジニアは判決通りの目にあったのでした。合掌。

・・・UAEでDVD30枚超を空港に引き取りに行かされた時の俺のヒヤリ体験については後で触れるとして、

彼のご冥福をおいn、ご、ご冥・・・プッ


かわいそうだがワロタwww

常識的に、イスラム圏でエロは禁止。

結婚前の男女の付き合いすらタブーな文化です。

先日ドーハで、若いカタール人の男が女装して彼女とデートしてたが、ショッピングモールの警備員に見破られて通報&逮捕と相成った、なんてニュースがあった。
あの女性用の黒い民族衣装(アバヤ)を着てれば、確かに目以外は隠せるはずだが・・・まぁ、無理があったんだろう。(笑)
微笑ましいけど、やっぱりバレたら逮捕されちゃう。

基本的に、結婚は家同士(親)が決めるんだってさ。
結婚してから初めてお互いの顔を知る、なんてこともあるそうな。
女性のあの民族衣装には、夫以外の男性を誘惑しないように、顔を隠し、髪を隠し、体型も隠すという意味があります。もっとも、最近ではカタールでは顔を隠さない女性が増えてきているし、髪も隠していない女性もチラホラ見かけるようになっている。

women in abaya 1
women in abaya 2


結婚してても異教徒でも、公然にカップルがいちゃつくのも禁止。

街中のショッピングモールなどの注意事項看板には、スケートボード禁止とかペット持ち込み禁止とかと並んで「No kissing or overt displays of affection.(キスしたりいちゃついたりするの禁止)」と書いてあったりする。
ドバイのビーチでいちゃついてたイタリア人カップルが逮捕されたのも去年の出来事。
まぁ、あれはセックスしてたらしいので、ドバイやイスラム教圏じゃなくても逮捕されただろうけどな!w


まぁ、そうは言っても、普通は逮捕されない。

U.A.E.やカタールはイスラムの戒律が緩い国だし、よっぽど悪質として目を付けられない限り逮捕されるような事は無い。

上記の逮捕された日本人は・・・多分、ドバイもイスラム教圏だということを忘れつつある外国人を「ここらで一発締めとくか!」とU.A.E.警察が思ったところに、DVD77枚というちょっと多めな枚数を持って現れてしまったんだろう、と推察する。販売目的を疑われたのと、あとは要は、見せしめだな。

普通なら、アダルトDVDとか見つかっても没収されるだけで済むのにね。
っていうか、そもそも通常なら日本人はUAEの空港で荷物を開封検査されることはない。
でも空港の出口で荷物のX線検査は全員に行われるので、妙な機械や白い粉、酒と疑われる多量の液体、また多量のCD/DVDも販売目的のエロDVDだと疑われたりして、そういうのを所持してると荷物を開封検査される事があります。まぁ、それは他の国でも同じ・・・。


ちなみに、女性の水着グラビアが載っている雑誌とかも、持ち込み禁止だよ?
厳密に言えばね。

国内で売っている外国の雑誌では、女性の露出された肌の部分が黒マジックで塗りつぶされてます。
日本人のおじ様達が、日本からフライデーとか雑誌を機内で読む用兼お土産に買って持ってくるじゃないですか。フライデーなんてグラビアどころかヌード写真が載ってるからね。万が一、物凄く運悪く空港でそれが見つかった場合、その場でそのページを破棄、又は黒く塗りつぶす、又は雑誌ごと没収、又は・・・これで逮捕された話は聞いたこと無いけど可能性は0ではない。


インターネットも閲覧規制かかってるし・・・
U.A.E.ではmixiも規制対象でした。多分、アダルトコミュニティがあるせい。

ハリウッド映画はキスシーンやセックスシーンがカットされて公開されてる。
(DVDは普通にノーカットのオリジナルで売ってる。)


そんなここらの国で公然に見られる最高にエロいもの・・・それは、
衛星放送のファッションチャンネル。www

ファッション通信とかいう題名で日本でも深夜放送されてるよね?
ミラノとかのファッションショーを紹介する番組。
中には半裸な衣装で女性モデルが登場する事もある。
職員の宿舎の居間とかで男供(外国人)がテレビに釘付けになってて、一体何を見ているのかと思ったらファッションチャンネルだった、なんて事はよくある。
俺はまだファッションチャンネルをエロいと感じ釘付けになるレベルには堕ちてない。(^^;


しかしここまで来ると、エロが無さ過ぎてむしろ不健全に思える。うぇw



まぁ、一方で、UAEのドバイやアブダビには売春婦が集まるバーやディスコが数多く公然と存在する。出稼ぎ外国人の男どものガス抜きの場として必要悪として放置されているのだろう。しかし違法である事に変わりはなく、まれに警察が来て売春婦を手当たり次第に逮捕していく。
アブダビのバーで飲んでた時、・・・そこのバーも(特に同じビルの別フロアにあるステーキハウスは)売春婦が集まる場所だったのだが俺はただ純粋に生バンドを眺めながら酒を飲んでた。そして店を出ようとした時に入れ違いで警察が踏み込んできて、そっからもう阿鼻叫喚の修羅場。売春婦が全力で逃げ惑い、それを警官が追いかけて捕まえて髪の毛掴んで引きずってパトカーに押し込んでいく。全く容赦無い。
俺はとっとと退散した。建物の外では、俺の目の前で、酔った男が警官に向かって「俺が買った女を連れてくな!」と楯突いて女と一緒にパトカーにぶち込まれていった。

カタールにも一軒だけ、そんな売春婦の集まるバーがあるのだが・・・、ここでは話をDVDに戻そう。

(※この記事がもとで当ブログには「アブダビ 風俗」という検索キーワードでいらっしゃる方が後を絶たないので、もっと詳細な情報を新記事にまとめました。 → コチラ  2015.11.19追記


最初の方でちらっと触れたけど、

UAEで働いていた時に、DVD30枚超を空港に引き取りに行かされた事があったんだ。

2ヶ月も前に、新しく赴任してきた日本人職員が持ち込もうとして入国の際の荷物検査で引っかかり、空港の検査官に中身の検査するとして押収されてたやつ。

事務所に空港の事務所から電話がかかってきて、調べたらそういう経緯の物と分かった。所有者本人曰く、普通の音楽CDとかCD-Rが約30枚。その本人は砂漠の奥地で働いていて引き取りにいけないので、結局、俺が代わりに行く事になった。空港事務所からは「本人が取りに来るよう」に言われたんだが・・・。
俺は背格好が似てたし、漢字でサインして受け取ってくれば、日本人なら誰でも受け取れるだろ、と上司に言われた。

まぁ、普通に受け取れた。

名乗って、無愛想な窓口の人から封筒に入ったCDを受け取り、漢字で受領サイン。
にこやかにサンキューと言いながら空港事務所を後にし・・・

会社に戻る車の中で封筒を開けてみたね。


エロゲ。


束になったCDの一番上は、『ルパン三世カリオストロの城』のDVDで、まぁアニメ好きな人なのかなと思ったんだが、あとの2枚目以降は全部エロゲのCD-ROMとDVD。

いやいやいやいや。

たぶん、ディスクの中身を確認しようにも、パソコンに入れたらゲームのインストールの指示画面が出てきて、しかもそれ日本語だからアラブの係官のパソコンでは表示も解読も不能で・・・とりあえずポルノ映画ではないと判断され、返却される事になったものだと思う。
しかし、中にはCD/DVD表面に明らかに18禁の絵柄が入ったものもあった。
よく返却されたな・・・・

っていうか、下手したら本人として名乗り出た俺が逮捕されるとこだったんじゃね!?
あぶねー!



あとで本人には文句を言ったが、

本人返却前に自分のノートパソコンにゲームをインストールしておいたのは秘密だ。w


しかし30枚のうち、DVDドライブの付いていない俺のノートパソコンではCD-ROMのものしか読み込めず、更に、その中でディスクレスで起動して遊べるゲームは1つだけ、『夜が来る!』しかなかった。

そのゲームは、普通のRPGゲーム。

最後のラスボス戦前にヒロインとエッチな事になるシーンがあるので一応18禁になってはいるが、あとはダンジョン歩いて、魔物と戦って、経験値を積んで、時折の日常ラブコメシーンを楽しんで。
18禁にしておくには惜しい名作だと思う。かなりやり込んで遊ばせて貰いました。
楽しかったーっ!


でも他のエロいゲームもインストールしたかっ…

 mahorosan

・・・ですよね!! ..._| ̄|○




スポンサーサイト
テーマ:中東
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。