--年--月--日 (--) --:-- | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト | | | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年12月21日 (日) 01:12 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - セーシェル 第5の楽園 バード島 | | | Edit |
デロッシュ島での明るい引きこもり生活(笑)に別れを告げ、次の離島、バード島へ。
小型プロペラ機で45分間のフライトを経て本島(マヘ島)に戻り、飛行機を乗り継いでさらに30分のフライト。

見えた!
ちっちぇー!

bird island seychelles air view



滑走路、舗装されてない。(笑)

bird island airstrip



ここがバード島 (Bird Island)

面積わずか6k㎡という小さな島だけど、その名の通り野鳥が集まる自然の宝庫
4月から10月にかけて200万羽もの鳥がやって来るという。
また、世界最大・最長老のリクガメ「エスメラルダ」が住んでいるのもこの島だ。

bird island signboard



とにかく自然が大事に保護されている島。

この島のホテル、バード・アイランド・ロッジ(Bird Island Rodge)には24棟のバンガローがあるが、そこにもその意思はきっちり反映されている。
洒落たバンガローだよね?

bird island rodge 1 bird island rodge 2


先に滞在したデロッシュ島のホテル部屋と違い、本当にバンガロー。
窓もドアも雨戸のみ。壁と屋根の間も大きく空いており、自然を感じられる部屋になっている。
エアコンもテレビも無い。

bird island rodge room 1 bird island rodge room 2


ここではベッドに付いている蚊帳は飾りではなく、実用品。w
夜には蚊帳をおろして、さらに蚊取り線香を焚いて寝る。
適度に文明から離れた感じが素晴らしい。
この島では、これまでには知らなかった、ある意味で本当の「贅沢」を知ることが出来たように思う。

鳥とかには詳しく無いけれど、セイシェルの9日間の旅行中、毎日ダイビング漬けも難なので、旅程の真ん中にこの島を訪れることにしたんだ。
この島にはダイビングが無い代わりに、貴重な自然がある。
大きな気分転換が出来るだろう。

bird island bench and birds

ちょっと分かり辛いだろうけれど、ベンチの上の方の枝に4匹鳥がとまっている。



さて、この島へ到着したのが昼過ぎ。14時頃。

早速、15時から島のネイチャーツアーがあるというので、参加することにした。
自然ガイドが島を案内してくれるツアーだ。

今日の参加者は、島の自然ガイドのロビー氏、WWF職員で野鳥愛好家&カメラマンのスウェーデン人、奥さんと2人で自然を満喫するバカンスに来たスイス人。(奥さんはビーチで日光浴。笑)

行ってきまーす♪

bird island nature tour start



(続く)

 セーシェル 第6の楽園 ネイチャーツアー@バード島
 http://godspeeddiary.blog84.fc2.com/blog-entry-214.html


スポンサーサイト
テーマ:セーシェル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。