2008年12月20日 (土) 11:00 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - セーシェル 第4の楽園 ごらんの有様だよ! | | | Edit |
デロッシュ島でダイビングをしていたのは一日一本。

シャワーを浴びたら、あとの時間は、のんびりと。

shower at desroches cabin  shower desroches cabin 2


島を巡ったり、シュノーケルで泳いだり、部屋でごろごろしたり。ひたすらのんびり。

各部屋には赤いマウンテンバイクが備えてあって、島を巡れるようになっています。

bysycle desroches  bycycle and beach

北端の灯台
desroches light house

島の端から端まで自転車で片道30分くらい。
島の周囲はぐるりと白い砂浜のビーチになっていて、どこへ行っても他に人のいないプライベートビーチ状態!
素晴らしすぎる。

desroches beach 1


desroches beach 2 desroches beach 3

一人旅の俺がビーチで何してたかっていうと、

本読んだり、ニンテンドーDSをやったり。w
ええ、そうです。ニンテンドーDSを一年以上前に購入して以来初めて、ここセイシェルでついに開封したんです。www
バイオハザードは開始15分くらいで挫折。カラスとかに襲われて瀕死、ハーブも無い。もうだめ。難しいです。ニホンノミカタです。どこにロケットランチャー落ちてますか?アパーム、弾持って来いアパーム!
代わりに、ファイナル・ファンタジー6をけっこう進めたよ。

desroches kani

desroches yadokari



デロッシュ・アイランド・リゾートには約30棟の部屋がある。
つまり最大でも30組のお客さんしか島にいない、って事だね。
(現在、島の反対側に新たに30棟以上の小屋を新築中。)

desroches cabins way

desroches new casins


他のお客さんは釣りとかカヤックとかしてる人が多いみたい。
食事のとき以外はほとんど見かけなかった。



ある日の夕方には、カクテルパーティーがあった。

この島への旅行プランを組む為の下見に、南アフリカの旅行会社の社員が10人くらいの団体で来てたんだけど、その彼らが主催して宿泊客全員集めてカクテルパーティー。もちろん無料。
夕方4時ころから、島の岬に集まって。
各種カクテル・ワイン・ビール他飲み放題。
美味しい酒を飲み、セイシェルの夕日・日没を眺めながら、他の宿泊客と談笑。
スペイン・イタリア・オーストリア・フランス・オーストラリアetc・・・全員白人だったなー。
男数人で釣りを楽しみに来てた人達もいたけど、あとはバカンスでリラックスしに来た家族連れとか老夫婦が多かった。
その中とはいえ、一人旅の東洋人の俺が、まぁ、特に目立つということも無かったな。
俺も色々な人と話はしたけれど、世間話で盛り上がれるほど英語がしゃべれるわけじゃないし、そもそもそんなに社交的な人間でもないので(苦笑)、日が沈んだ後、酒もけっこう回ってきていたので一人で先に部屋に帰って、寝た。俺にしては頑張った方だ。(^^;



食事は、3食ともホテルのレストランで。
そこ以外にレストラン無いし。(笑)

朝・昼は海辺の方、夜はレストランの方でバイキング、又はコース料理。

desroches restaurant morning

desroches restaurant beachside

desroches restaurant night seaview

desroches restaurant dinner time 1 desroches restaurant dinner time 2


このデロッシュ島に限らず、セイシェルの各島のホテルレストランでは夕食時に軽いドレスコードがあります。
男性は襟付きシャツ&長ズボン着用、サンダル禁止。
日本の旅行会社からはジーンズも禁止って聞いてたけど、案の定そんな事は無かったぜ。

料理は普通に美味かった。


この島の紹介は以上。
こんな美しく素晴らしい場所まで来ても一人。それなのに結構楽しみ、めちゃめちゃリラックスして・・・ごらんの有様だよ!(笑)

ちなみに、1泊9万円と紹介していましたが、
これは3食の代金も含まれています。
ダイビングや釣り船チャーター以外のレクレーションなら無料で使用できるし、そう考えると、この環境&このサービスで9万円なら、高級リゾートとしては手頃な方ですね~。ですよね?
宿泊だけで一泊10万円以上で無駄にきらびやかなだけのホテルも世の中多いしな!


db3acee4_640.jpg



セイシェル5日目。
昼の飛行機に乗ってデロッシュ島を発ち、次は野鳥の楽園、バード島へ向かいます・・・


(続く)

 セーシェル 第5の楽園 バード島
 http://godspeeddiary.blog84.fc2.com/blog-entry-213.html


スポンサーサイト
テーマ:セーシェル
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック