2008年09月08日 (月) 02:12 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 1000ちゃんねる | | | Edit |
昨夜、サッカー・ワールドカップ(W杯)アジア地区最終予選の日本vs.バーレーン戦をテレビ観戦しました。

バーレーンは隣国。( ゚∀゚)

見たチャンネルは「バーレーン・スポーツ」。

開始30分前からテレビ点けたんだけど、過去に日本代表を相手に決めた3つのゴールシーンをエンドレスで流しててウザかった。(笑)

実況はアラビア語だから何を言ってるのか全然分からなかったし、試合内容も(笑)って感じだったけど、久しぶりに代表の試合を観戦できて嬉しかったよ!勝ったし。
4年前の全く同じ試合をバーレーン現地で観戦したのが懐かしいですが、中東と関わり始めて4年以上経つという事が自分の中でちょっと衝撃でしたね。(゜д゜lll)


幸いにも、ここカタールも日本と最終予選の組が同じなので、当然カタールでのアウェイ戦があるわけです!
日程を調べたら、ドーハでの試合日は 11月19日(水)!

超楽しみだ!

娯楽のほとんど無いこの地域の駐在日本人にとって、サッカーA代表がW杯出場権を賭けた真面目な国際試合を現地でやってくれるなんて大事件だよ。
観に行かないヤツって何なの?非国民とかそういう話じゃなくて。もっと、こう、人としての喜怒哀楽があるの!?って話だ!
試合の日に社長とか出張に来んなよ!絶対来るなよ!!(#゚Д゚)ゴルァ!!


ごめん、ちょっと興奮した。orz
日本の人と温度差があるよね・・・・。

ついでだから、テレビのチャンネルの話をしようか。( ´_ゝ`)


ここら辺は全部衛星放送。

1000チャンネル以上受信してます。


そのうち約5割は有料のスクランブル放送


約2割はアラビア語の放送


約2割はアダルトチャンネル
(これも有料放送だけど、白人の半裸のおねーちゃんがクネクネしながら○○○番へ今すぐ電話して有料視聴を申し込んでぇ~ん♪という宣伝が延々と流れてる。電話番号はどこかヨーロッパの方の外国だ。ただ、中には「Arab Sex」というような名前のチャンネルもあってワケがわからない。アラブ圏では死刑になりかねない禁忌なのでは・・・?勿論、「Arab Sex」とはいえ、その宣伝を見る限り黒いアラブ民族衣装を着た女性が出演してくるわけではないようだ。w)


残りの1割の放送が、フランス語・イタリア語・スペイン語・英語その他色々のチャンネルなんだけど、

つまり、英語の放送チャンネルは全部で10個も無いんじゃないだろうか


ちなみに、日本語で見られるチャンネルはNHKワールドとJSTVの2チャンネルのみ。どちらも有料放送。JSTVは、NHK番組をメインに、民放のドラマなどの番組を織り交ぜて放送しているイギリスの放送局です。視聴料月額約8,000円。高っ。


この前の中国オリンピックは、中国の放送局と、アラブの・・・名前忘れたチャンネルの2つで見ることが出来ました。
1000個もチャンネルあって、オリンピック放送してるのが2つしかないとか。w
実際には、自分が住んでいる宿舎では、チューナーかアンテナかの都合で中国チャンネルを受信しないので、そのアラブの放送のみ。1000個中1個!

mbc2 logo


また、中東地区で俺のお気に入りの「mbc 2」という24時間ハリウッド映画をやってるチャンネルがあるんだけど、これも今の宿舎じゃ見られない。orz

そうそう、

建物ごとのパラボラアンテナ及びチューナー(デコーダー)の種類と設定によって、受信できる放送が違います。
業者が素人同然なヤツばっかりなのも難なんだけど、デコーダーの機械自体も曲者で。
設置してまず最初の設定で、受信できる番組を検索して取り込むんですが、毎回番組取り込み順序がランダム。つまり・・・同じ建物&同じ製品&同じ手順で初期設定を行っても、それぞれチャンネル番号と番組が違う。片方では1チャンネルでNHKが映るのに、もう片方ではNHKは700チャンネルで映ったりするという事!
引越しをすると、そこでは何のチャンネルが見られるのか?それは何番で映るのか?を1000個の中から探さないといけない・・・・超面倒くさい。(苦笑)



えーと、もともと、サッカーの話だったよね・・・。w;

カタールでの試合の時は、やはり、アレか?
全身金色タイツで応援に行くべきなのか?(笑)


スポンサーサイト
テーマ:中東
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック