2008年05月26日 (月) 16:02 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 5国籍 スタッフパーティー♪ | | | Edit |
あのさ、

プールサイドでパーティーやって飲んでいると、

飛び込みたくなるよね。(笑)


さて、それは置いておいて、今回は「こんなスタッフと仕事をしてます!」という写真を掲載です。
ドーハでちゃんと働いているんですよ。(笑)

staff party admin may 1  staff party admin may 2


前にも日記に写真が載っているのでお分かりかもしれませんが、ここは自分ら日本人9人が住んでいるドーハ市郊外の宿舎(一軒家)の裏庭です。
そこで、先月から事務所の各部署別にスタッフの親睦を深めるパーティーが開かれていて、昨日は自分のAdministration(事務)部署のパーティーでした。
このチームにいるのは、日本人・トルコ人・フィリピン人・インド人・レバノン人
約20名。


この国には居酒屋とか無くて、外で飲むとなると高級なホテルのレストランに行く事になる為に、ちょっとした部署内の親睦会でも気軽に企画しにくいんです。
全員参加なら参加費を取るわけにはいかないし、かと言って、会社負担で開催するには上司の許可も取らないといけないし、さらに費用会社負担でやるとなると他の部署も公平に開催してもらうようにしないと不平不満を浴びてしまう。

それが、もう組織も大きくなってほぼ出来上がったのにも関わらず、まだ部署内の親睦会をどこも開いていないようではマズイだろう、と、裏庭のある宿舎で料理&酒を自前で用意して開催すれば費用は安く済むし、まぁいいじゃないかと、そういう話の流れになりまして。。


で・・・・、前置きが長くなったけど

staff party admin may 3

プールに人が入ったり落ちたりしてしまったのは、うちの部署だけなんじゃないでしょうか?(笑)
人として自然な行動だと思いますけどね。

先日、東京での友人の結婚式2次会でも会場にプールがあったんですが、事前にお店から「プールには入らないで下さい」と厳しく念を押されていました。
フォーマルなスーツという格好でしたが、それを台無しにしてでも時と場合によっては飛び込みたい!そんな誤った心意気溢れる方が巷にいらっしゃるのでしょう。だから世の中は素敵です♪

そうしてプールを指をくわえて見つめたまま結婚式2次会を終えてカタールに戻ってきて・・・・迎えた今回のスタッフ親睦会。

普段、職場では物静かで分別あるマネージャーとして働いています。
お酒が入ると人が変わるわけでもありません。
でも流れている血は熱い(つもり)し、この中でマネージャークラスで且つ若造である自分がやらずに誰がやる!?ってことで、こっそり携帯・腕時計を外しておき、わざわざプールサイドに立ってビールを飲んで、スタッフと

「押すなよ?絶対に押すなよ!?」w

とかやって、遊びながら徐々に空気を作り上げていきます。

一息ついた後、ついにプールに浮いている浮き輪に服が濡れないように乗ってみる、という余興に挑戦。プール中央までスイーッと華麗に進み、・・・・そこで突然バランスを崩してひっくり返る。お約束。w

着衣のまま泳いだのは初めて。(゚∀゚;)

まぁ、俺はその会場の宿舎の住人だし、問題なし。気分良し。


その後少ししてから、俺より上の上司達が他のスタッフを突き落としたり、その際に自分もプールに落ちたりなんて事をし始め・・・・

その上司が、隠れるようにいた女性スタッフに近付くとその女性スタッフが「キャーーーー!!!!」と大声で笑い叫びながら全力で逃げていってしまう姿は、なんか小学生みたいで面白かったけど、

携帯を水没させてしまう人もいたり、最後の方は落とされるのを恐れたスタッフ達が奥の陰の方に隠れっ放しになってしまうわで、楽しく和やかな会という雰囲気は少し損なわれてしまった感。 (´・ω・`)

アンタラ、ちょっと・・・やり過ぎじゃね?


まぁ、


でも、


やっぱりみんなプールに入りたかったんだね!(爆)


  だってにんげんだもの。 by,みつお


皆の欲求開放のきっかけを作った当人ですけれども、

笑いの加減って難しいデス。 (ノД`) と、ちょっと反省。

国籍も文化も違うしね~。

今後も「笑い」と「引き」の境界線を探りつつ、懲りずにやっていきます。


スポンサーサイト
テーマ:中東
ジャンル:海外情報
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック