2008年03月01日 (土) 15:53 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『ハチミツとクローバー』読了 | | | Edit |
2月末日。

ここのところドーハの一日の気温は最高22度・最低12度くらい。
毎日晴れはデフォルト。

今の宿舎の部屋にはベランダが付いていて、そこにキャンプチェアーを出して、ドーハの住宅街ののどかな景色を眺めつつ陽に当たりながら昼前からビールを飲み、『ハチミツとクローバー』を最後まで読み進める。

 royal wing belanda hatikuro 1   royal wing belanda hatikuro 2

ハァ、、イイわ。
なんか幸せな休日の昼。(笑)



で、読み終わったよ。

ギャグ漫画として貸して貰ったものだったんですが、噴き出して笑うより、ほのぼのしているうちになんとなく笑顔になって読んでいる、そんな感じでした。
一番笑ったのは、父の日の似顔パン(生首パン)のとこ。

あとは、最近感傷的な長文日記をいくつか載せたり下書きしたりしていましたが、そんな風に触発されてしまうくらい、色んな人の色んな言動の一つ一つに自身の色んな事を思い出せさせられ、改めて考えさせられたりしていました。
まぁ、あんまりダラダラ語っても難なのでそこらへんは端折って、


不毛な片思いとかフッた側フラれた側としての男女の友情のあり方とかは嫌というほど、

森田兄弟それぞれのコンプレックス(?)も実体験(残念ながら俺の妹は故人)だし、

左肘を複雑骨折した後の入院や数ヶ月に及んだリハビリも思い出したし、

果ては、「停電時にビームサーベル持って凄く嬉しそうに飛び出してくるバカな大人」なんて場面まで自分に思い出させるものがあって、w


笑える場面もどこか苦笑混じりだったとこが多いかな。

うん、でも、楽しかった。


余計な悪人や悪意が登場しないのもいいね!w


あー、森田になりてぇー。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメントを投稿する


  ※ コメント欄のみの記入でも投稿出来ます。
  ※ 名前を空欄で投稿した場合、「名無しさん」と表示されます。
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック