2017年10月02日 (月) 12:24 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ノークールビズ | | | Edit |
クールビズが先週(9月)で終わってたのを忘れて、ノーネクタイで出社してしまった。
今朝から社内で感じていた違和感はこれか。 誰にも指摘されてないけど、さっさと今日は帰りたい。
でもジャケットも忘れたから、一足早く退社しようとして皆に「お先に失礼します!」つってノーネクタイ&ノー上着の姿に注目を集めるのも嫌だな!
「ネクタイ忘れたのか?」って聞かれたら「雨が降ってるから」とかわけわかんない返事しようかな。いいんですよ、理由なんて何でも。私が思うに、理由は中身よりもある(とされる)ことが大事なんです。多分。
先日ね、娘(2歳)が転んでひざを打った後、「痛い…」って悲しそうに呟きながらひざをさすってて、私は「痛かった?大丈夫?」って聞いたんですよ。そしたら満面の笑顔で即答したんですよ。「痛くないよ!あたしは可愛いからね!」って。理屈も説得力も無いのに納得するしかない。そういうことなんです。
その言葉と並べるのは難ですが、そういえば昔の兵法家・剣豪の言葉で「我が剣は天地とひとつ。故に剣は無くとも良いのです」というものもありますね。1500年代を生きた上泉伊勢守秀綱の言葉とされています。こっちもよく分からないものの、なんか深い気がするし、説得力も感じてしまう。
ではネクタイを忘れた理由をどう答えよう?
「ネクタイなんか要らないよ。俺はイケメンだからね」
あー、これは無理だな。イケメンじゃないもん。元ネタの言葉は娘が私に向かって言ったから殺人的な説得力を持ったわけで。使い手と相手を選ぶ言葉のようです。
では、我がネクタイは天地とひとつ?
ゴロが悪い。ネクタイってそもそも剣や男性器のメタファー(象徴)だそうだから、ここはこのまま「剣」で良いのではないでしょうか。あと言葉に説得力を持たすには、自信を持って発言しなくてはいけませんね。自信の演出・・・、ゆったりと構え、微かに微笑みでも浮かべながら言えば良いのかな?目は相手に感情を読み取らせやすい部分だから、あんまり相手と目を合わせ過ぎないようにした方がより良いかも。
つまりこうか。
「ネクタイを忘れたのか?」と聞かれたら、
曖昧な視線で、不思議と幸せそうな微笑を浮かべながら、「我が剣は天地とひとつ。故に剣は無くとも良いのです」としっかりはっきり言い切れば良いのか。
あれ?それをやるとネクタイが必要ないどころか、その後しばらく出社する必要すら無くなるような気がするね!すごいや、これが悟りかな?

スポンサーサイト
テーマ:ひとりごと
ジャンル:就職・お仕事