2017年10月03日 (火) 12:11 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 九州北部豪雨から3ヶ月 | | | Edit |
2017年7月、福岡県朝倉市周辺を九州北部豪雨災害が襲い、当日私も現地入りしました。その時の話はまた近々別の記事にまとめますが、それから3ヶ月が経とうという最近その被災地を訪れる機会があったので、見てきた様子をアップしておきます。

正直言って、被災地を見に行こうと出掛けたわけではなく、元は田主丸にぶどう狩りに出掛けただけでした。


久留米市 田主丸(たぬしまる)は、観光ぶどう農園で有名なところです。
筑後川を挟んで、豪雨災害のあった朝倉市と隣接しており、こちらのぶどう農園も大きな被害を受けたのではないかと心配していたのですが、この辺は大丈夫だったようです。
訪れたのは、去年に引き続き、田主丸秀峰園さん。
ここの巨峰はさっぱりした甘さでいくらでも食べられる感じ(と言っても他の農園のぶどうは試食すらした事無いのですが)。家族3人で食べるには多過ぎるくらい取ってしまいました。

DSC_9425.jpg

DSC_9428.jpg


近くのピザ屋さんでお昼を食べ、さて、帰るにはまだ早い。
高速のインター付近(大分自動車道 甘木IC)で「国指定文化財 三連水車」の案内看板を見かけたので寄ってみる事に。行った事が無かったんですよね。豪雨の被害を受けた後、復旧した時にテレビニュースでばんばん流れていたのが印象に残っていたので、ついでに一目見に寄るかと看板の矢印が示す東(朝倉IC方面)にハンドルを切りました。
災害当事、高速道路は甘木ICから先は通行止めになっていました。
その先にあたる朝倉IC方面に向かって国道386号線を走っていきます。
時折、少し遠く離れた山の斜面に大雨の際に出来たと見られる地すべり(土砂崩れ)の跡が見受けられましたが、左右に広がる畑には特に被災した様子は見えず、テレビで見たあの大きな被害を受けた街はどの辺りだったのだろうか―?などと思い始めた頃、

朝倉IC付近から急に様子が変わってきました。

そうして通り掛かったのが、山田交差点
あ!これ、テレビで写ってたあの交差点だ!

(↓「あの交差点」の当事の様子)
山田交差点AS20170705004391_comm 山田交差点4937a1

山田交差点maxresdefault


今の様子、の写真は撮っていません。
大体のお店は営業再開していましたが、1階部分がボロボロに荒れたままの建物も並び、流木の残骸はまだところどころに残り、ひしゃげたままのガードレールも散見され、山田交差点の角の空き地(?)には白い軽自動車が半分地中に埋もれたまま残っていて被った土には草が茂り始めていました。

その交差点すぐの所にあるのが『道の駅 三連水車の里 あさくら』。
(地図: https://goo.gl/maps/yQRmTEvmVjn

ここも当然大きな被害を受けたようですが、わずか20日後には(7月25日から)営業再開したという事で、大変大勢のお客さんで賑わっていました。以前からこんなに賑わっていたのかしらん?
しかし、道の駅の裏手には広々とした公園広場があったようなのですが・・・

DSC_0703.jpg

こんな有様。
流木は撤去されたようですが、溜まった土砂でデコボコのすっかり荒地の状態。
この荒地の向こうにチラリと水車が見えて、でも回っていないから不思議に思っていたら、それは三連水車のレプリカだそうで。本物はそこから車で数分のところ。
道の駅の館内では、展示された被災当事の写真を見たり、農産物直売所で梨を買ったり、ぶどうソフトクリームを並んで買ったり。ほんの少しながら復興の足しになればと願いつつ。

次に三連水車へ。

sanrens_big01.jpg

国指定文化財だそうです。
うん、まぁ、特に感想は無いです。回ってました。

それよりも、そこから福岡市方面(朝倉IC方面)に戻りながら見た景色の方が・・・

まず、その道(県道14号)の左右には、荒れた田んぼが続いていました。
豪雨を生き延びたらしい稲がポツポツとまばらに生えただけの田んぼ。
ついさっきまで、見事に実って頭を垂れた稲でびっしりだったり、それをまさに収穫中だったりする田んぼを見ていたのに。
そして朝倉IC入り口を通り過ぎた途端に、もう一度びっくり。
あ!これ、テレビで写ってたあの学校だ!

(↓「あの学校」の当事の様子)
506de699a56dbfb270491ae1a199903b.jpg DEDy_BEUIAELLp6.jpg


比良松中学校という、市立の学校だったんですね。
高速インターの目の前のこんな場所にあったとは。なるほど通行止めだったわけだ。

なぜ「あの学校」だとすぐ分かったかというと、3ヶ月経った今もそのままの姿で残っていたからです。

DFVtqkTUIAEB3-u.jpg


中学校と県道80号線を結ぶ橋が崩落し、川沿いに立つ校舎の一部が基礎をえぐられる形でひしゃげ。そのままです。てっきりもう解体工事とか始まっているのかと思っていました。
生徒の皆さんはどうしているのでしょう?市のHP等に何の情報も載っていませんが、たぶん離れた他の学校に通われているんでしょうね。

その後は、山の方に進み、秋月城跡近辺へ。

私は、豪雨災害当時、この秋月城跡の近くで一晩を明かし、こんな風(↓)になっていた寺内ダムの更に上流の山奥に社員達が孤立していた状況の対応にあたっていました。

image1_2.jpg


孤立した彼らの脱出行もなかなか壮絶でしたが、冒頭で述べた通りその話はまた別途記事にて。


秋月城跡。
そこも今回、初めて行きました。
失礼ながらこんな田舎の山奥だし、寂しく史跡が残っているだけかと思いきや、小さいながらも意外と綺麗でしっかりした観光地となっていて驚きました。ここも特に豪雨による被害は無かったようです。ちなみに城跡そのものは見ませんでした。
ここに来たのは、嫁の希望でPG GAUZE(ピージー ガーゼ)というお店の本店がここにあるから。
上質なガーゼ生地の専門店で、ベビー・子供用のブランケット・寝具・衣服を中心に大人用の製品もあり、帝国ホテル内や大きな百貨店に直営店を構えているお店です。それが、こう言っちゃなんだけど、こんなところに本店が・・・。

PG GAUZE ホームページ: https://www.pg-gauze.jp/

こんなところに、と言いつつ、日曜日の夕方に行ったけれど、お客さんがひっきり無しに訪れてきていましたよ。すごいなぁ。来るんだなぁ。


田主丸にぶどう狩りに行こう、という事しか考えずに出掛けてきて、結果的にこう盛りだくさんな内容の一日を過ごしてしまうというのは我が家ではよくあることです。
近日中に記事をまとめますと言いつつだいぶ後日になる又はアップされないままになるというのはこのブログによくある事ですが(汗)、そうはならないように努めます。


スポンサーサイト
テーマ:福岡
ジャンル:地域情報
2017年10月02日 (月) 12:24 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ノークールビズ | | | Edit |
クールビズが先週(9月)で終わってたのを忘れて、ノーネクタイで出社してしまった。
今朝から社内で感じていた違和感はこれか。 誰にも指摘されてないけど、さっさと今日は帰りたい。
でもジャケットも忘れたから、一足早く退社しようとして皆に「お先に失礼します!」つってノーネクタイ&ノー上着の姿に注目を集めるのも嫌だな!
「ネクタイ忘れたのか?」って聞かれたら「雨が降ってるから」とかわけわかんない返事しようかな。いいんですよ、理由なんて何でも。私が思うに、理由は中身よりもある(とされる)ことが大事なんです。多分。
先日ね、娘(2歳)が転んでひざを打った後、「痛い…」って悲しそうに呟きながらひざをさすってて、私は「痛かった?大丈夫?」って聞いたんですよ。そしたら満面の笑顔で即答したんですよ。「痛くないよ!あたしは可愛いからね!」って。理屈も説得力も無いのに納得するしかない。そういうことなんです。
その言葉と並べるのは難ですが、そういえば昔の兵法家・剣豪の言葉で「我が剣は天地とひとつ。故に剣は無くとも良いのです」というものもありますね。1500年代を生きた上泉伊勢守秀綱の言葉とされています。こっちもよく分からないものの、なんか深い気がするし、説得力も感じてしまう。
ではネクタイを忘れた理由をどう答えよう?
「ネクタイなんか要らないよ。俺はイケメンだからね」
あー、これは無理だな。イケメンじゃないもん。元ネタの言葉は娘が私に向かって言ったから殺人的な説得力を持ったわけで。使い手と相手を選ぶ言葉のようです。
では、我がネクタイは天地とひとつ?
ゴロが悪い。ネクタイってそもそも剣や男性器のメタファー(象徴)だそうだから、ここはこのまま「剣」で良いのではないでしょうか。あと言葉に説得力を持たすには、自信を持って発言しなくてはいけませんね。自信の演出・・・、ゆったりと構え、微かに微笑みでも浮かべながら言えば良いのかな?目は相手に感情を読み取らせやすい部分だから、あんまり相手と目を合わせ過ぎないようにした方がより良いかも。
つまりこうか。
「ネクタイを忘れたのか?」と聞かれたら、
曖昧な視線で、不思議と幸せそうな微笑を浮かべながら、「我が剣は天地とひとつ。故に剣は無くとも良いのです」としっかりはっきり言い切れば良いのか。
あれ?それをやるとネクタイが必要ないどころか、その後しばらく出社する必要すら無くなるような気がするね!すごいや、これが悟りかな?

テーマ:ひとりごと
ジャンル:就職・お仕事