2017年05月16日 (火) 22:26 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東京日帰り出張であるからに | | | Edit |
20170517200020702.jpg

誰だ、全国から担当者を集める会議を火曜日午後に設定したバカは!と毒づきつつ、飛行機に乗って東京まで日帰り出張してきました。
山手線の、特に恵比寿~新宿間なんて、めちゃくちゃ見慣れた景色なのに随分久しぶりでしかも通り過ぎるだけというのが何とも不思議な感じがいたしました。私の場合、東京には実家があるし、友人も色々います。せめて一泊したかった。会議も午後一時ジャストから始まるから、職場が近い誰かとランチを共にする事すら厳しいというクソ日程(言葉が汚くて失礼)。同じく福岡から同会議に参加した課長さんは、東京に家族を残し単身赴任中の身ですが、今回東京に日帰りする事を家族には言わなかったそうです。いやはや。もう一人、一般職の女性も参加でしたが、こちらには良い上司ぶって「次の日は有給取って、一泊してきなよ」と勧めておきました。
とまあ愚痴っていても仕方が無い。
結果的には、ちょっと余裕を持った時間の飛行機を予約していたこともあって、昼と夕方にそれぞれ1時間ちょっとの一人の自由時間が出来ました。せっかくだから何か東京ならではの事を・・・、池袋パルコで開催中の『東京クリエイターズ・ファイル祭』に行こうかな?でもここで無理して見なくてもこの展覧会は8月に福岡にも来るし・・・、特に思いつかなかったので、とりあえず嫁が大好きな新宿のお伊勢丹へ。せっかくだからと、伊勢丹新宿店限定のスイーツを、嫁(&娘)と職場への土産に購入。

・フィーカ(Fika)の北欧クッキー

伊勢丹・・・、昔(結婚する以前)は、ちまたにある百貨店のひとつという認識しか無かったのですが、今回はここの地下食品売り場(上階もですが)は品揃え、陳列方、店舗配置、販売員の社員教育など全てにおいて、地方都市(福岡含む)の百貨店とは格というよりもう次元が違うんだなと感心してしまいました。凄い。
そう感じるようになった私も変わったものです。

あとは羽田空港で、嫁から「時間があったら」と頼まれていた土産も買わなくては。
福岡では買えない(ネットでは買えるけど送料がバカバカしい)のだそうで。

・よーじやの手鏡 (ついでに勝手にハンドクリームも)
・ベルンのミルフィーユ (嫁用と嫁友人用、更に夏季限定味のやつも)


もっと何か無いか!?
せっかくだから!せっかくだから!もう土産を買う手が止まらない。

・アイボリッシュ(Ivorish)のコンテナ(ベリー) (フレンチトーストとチーズプディングをからめた菓子)
・カルビープラスの江戸じゃが(ポテチ)


これら全て(羽田空港)限定商品。全て自宅用。一つのビニール袋にまとめて貰っていたけれど、もうパンパン。
X線検査を通って出発ゲートに向かう途中、今度は伊勢丹羽田空港店に出くわしました。そうだ、ここにもあったんだった・・・

・伊勢丹羽田空港店限定の飛行機柄のピンクのトートバッグ(900円)

これは飛行機とピンク色が大好きな娘用(2歳)。
ケーセンの柴犬のぬいぐるみ(中)も可愛くて思わず買いかけました。2万円超の値段を見てやめたけれども。店を出がけには、アシーナニューヨーク(ATHENA NEW YORK)のレディース帽子の初めて見るデザインを見かけて写メをパチリ。帰ったら嫁に見せよう。

気が付けばお土産を大量購入していました、というか、なんなんだ俺のこの女子力は。
お土産は最低限しか買わない、職場向けには買わない、のが私の常です。先日の台湾旅行でだってそうでした。それもこれも火曜日午後に会議を設定したやつが悪いのだ!そうだ!

と、こんな風にしていたせいで晩飯を食う時間は無くなり、搭乗ゲート前の売店では手ごろな弁当は売り切れていたので、ビール500ml缶だけ購入(1500円の焼肉弁当は高いと思う謎の金銭感覚)。飛行機の中で離陸と同時にプシュッとやったのですが、考えてみればアルコールを購入して機内に持ち込んだのも今回が初めてだった気がします。
今は福岡の自宅近くの定食屋(独身時代によく来てた店)にいます。すっかりお腹が空きました。男性ばかりが1~2人ずつ点在する店内の小さなテーブル席に座って、辛味噌鉄板定食と生中を頼み、コロッケやイジリー岡田のモノマネ芸が流れるテレビを見上げながら過ごすこの時間。落ち着くような、落ち着かないような。。



買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて (文春文庫)
文藝春秋 (2016-04-15)
売り上げランキング: 44,924

スポンサーサイト
テーマ:贈り物・プレゼント
ジャンル:ライフ