2016年06月24日 (金) 20:29 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 週刊少年チャンピオン | | | Edit |
4187.jpg

すごくどうでもいい話だが、今日は金曜日なのに、週刊少年チャンピオンの今週号(2016年No.30)が福岡県内のどこにも売っていない!
福岡市と北九州市のそれぞれ中心部にあるコンビニを計5件回ったけれど、うち2件では先週号(No.29)がそのまま売られていて、あやうく買ってしまうところだった。

どうしたことだ。
2日前に大雨だったから?
ちなみに、公式な発売日は毎週木曜日なのだけれど、九州での発売日は1日遅れの金曜日だ。
(本とかもね・・・九州では公式な発売日から3日遅れくらいでようやく発売されるんだよね・・・。)

私は漫画雑誌、週刊少年チャンピオンを割と愛読している。
「割と」と付けざるを得ないのは、読まない漫画がいくつかあるから。でも読みたい漫画の数の多さで言って、現存する漫画雑誌の中ではトップレベルだと個人的には思っている。ジャンプ、マガジン、サンデーなんか目じゃない。

『鮫島、最後の十五日(バチバチ)』と『囚人リク』は大好き。
次点で『弱虫ペダル』も面白い。
あと、もう惰性で読んでるだけのような『刃牙道』も続きは気になるし、
その他の『吸血鬼すぐ死ぬ』、『実は私は』、『ハリガネサービス』、『バイオハザード』もけっこう安定して面白い。

でも扱ってる店舗と販売部数が少なくて、1冊購入してささやかながら応援しないとどうなるものか、という不安感が付きまとう残念な雑誌ではあるけれども。
面白いのになぁ・・・。
コミックスで買って読んでいる『いつかティファニーで朝食を』や『東京タラレバ娘』は嫁も楽しみにして読んでくれているけれど、週刊少年チャンピオンに対しては嫁の視線は冷たい。なぜだ。いや、理由は分かるけれども。男臭いからだ。

で、今日、今週号が売っていないのはなぜだ?
でも欲しいのは理由じゃないの。今週号なの。




鮫島、最後の十五日 1 (少年チャンピオン・コミックス)
秋田書店 (2015-03-06)
売り上げランキング: 28,212


スポンサーサイト
テーマ:漫画
ジャンル:アニメ・コミック
2016年06月23日 (木) 03:01 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 今日は豪雨 | | | Edit |
すっげぇ雨だ。
梅雨の最中とはいえ、これほど降るのは珍しい。

車で高速道路を走っていて、前方がよく見えなくてちょっと怖いレベル。スモールランプも点けていない白い車なんてほとんど見えない。点けろ。
今日の高速道路では、みんな時速80kmにも満たないスピードでゆっくり走っていた。私も流れに合わせてゆっくり走行。最初は「わーい、この速度で走り続ければ、今回は記録的な燃費を叩きだせるかも!」なんて喜ぶ気持ちもあったが、いかんせん雨が強過ぎる。水の抵抗で燃費はむしろ悪そう。満タンのガソリンだけで福岡-北九州間を4往復出来るかチャレンジしたかったんだけどなぁ。

ちなみに前回は燃費に関する記事で、それ以降、気が向いて燃費走行を心掛けてきた。車内エアコンも切ってみたら最高で14.4km/Lを記録。以前はゆっくり走行車線を走り続ける車の気が知れなかったが、今ではちょっと分かる気がしてきた。とは言え、まだ(一般的に燃費が最も良いと言われる)時速80kmをキープして走り続けるのは厳しい。今日の、豪雨によって時速80kmでずっと流して走らざるを得ない状況は、最高の燃費を追及する良い機会と最初は思ったのだけれど・・・考えが浅かった。

これほどの豪雨なら、九州各地に色々被害が出ていることだろう。特に地震があったばかりの熊本は大変そうだ。自分の嫁と娘については、今日は福岡のマンションから出ないで過ごしているだろうから特に心配はしていない。ただ、元気いっぱいで最近は自己主張が出てきた娘(1歳)と終日自宅で2人きりという状況は大変に違いないから、早く帰るよう努めなければ。

まぁ・・・しかし・・・アレだな。運転が退屈だ。北九州への毎日の通勤路のほとんどは高速道路で、高速道路だから当たり前なのだがまるで見るべき物の無い同じ道を毎日片道1時間ちょっと運転していく、というのは正直退屈だ。電車通勤と違って本を読んだりは出来ないし、主にラジオ(FM福岡)を聞く位しかしていないのだが、何かもうちょっと生産的な事は出来ないものか。なんかこう、このブログの記事を書くとか。
一応、この運転が全く生産的でないわけではない。前回の記事に「会社から車のメンテ費や購入費用の補助は無いというのに~」と書いたが、全く無いわけではなく、会社が業務による自家用車の運転に対して1kmあたりいくらと定めた金額で精算をしてくれるその単価には、ガソリン代の他にそうした諸費用分が上乗せされている。簡単に言えば(私の車の場合)23万km走れば200万円の車が1台買える。だからこうして走っている事は、車の購入費をいくらか取り戻している事になる。あまり生産的な気分にはなれないけど。
ちょっと、運転中にも出来る事を何か考えてみたい。

とりあえず、ちょっと違うけど、ふと思いついた計算に取り組んでみよう。

Q: 一度満タンにしたガソリンで福岡-北九州間を4往復する為に達成しなければならない燃費は?

ガソリンは40Lで、えーと、距離が片道81kmで、うーん・・・、
A: 必要な燃費は16.2km/Lです。
無理だろそれ!
いや、天候の良い日に時速80kmを基本として究極の燃費を追求すればあるいは???

そんな事を考えているうちに、ふと気付いた。この燃費重視運転の時間は退屈だけれども、けっこう考え事が出来る。主に追い越し車線を走っていた以前はこうではなかった。前を走る車が覆面パトカーかどうかとかを気にして、それこそ非生産的な時間を過ごしていただけだ。考えることを面倒臭がって避けがちな私には、この考え事の時間は、通勤時間を10分延ばしてでも取る価値があるかもしれない。そういえば、急がば回れなんてことわざもあったっけな。こうして簡単な算数を考えてみるだけの事も、普段あまり無いので新鮮な気分。錆びついた頭のメンテをしているようで、ちょっと気持ちが良い。いずれこの頭がもっとしゃんと働くようになってきたら、自分の人生の燃費(効率)ももっと高める事が出来るかもしれない。一見まるで燃費の悪い人生が、実はストレスが少ない最高に燃費の良い歩みだったという結果になる事をちょっと夢見つつ、ストレスを避けまくれば良い人生になるわけではないのが難しいところだ、と思う。


考えるな、感じろ



テーマ:燃費
ジャンル:車・バイク