2013年06月22日 (土) 02:31 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パプアニューギニア(キンベ湾) スキューバダイビング 2013 【後篇】 | | | Edit |
さて、前篇はパプアニューギニア全般の魅力を推す内容でしたが、後篇では実際に自分が行った旅行で得たダイビング他の経験や旅の諸注意を書いていきます。


DSC_0077.jpg DSC_0169.jpg

DSC_0133.jpg DSC_0158.jpg

DSC_0071.jpg DSC_0072.jpg


今回(2013年4月)、私が訪れた海はキンベ湾。

パプアニューギニア北部のダイビングスポットの一つで、透明度が高く、サンゴが豊かに生い茂り、多くの回遊魚も見られ、又、湾であることからきつい潮の流れがありません。
そんな、ビギナーから経験者までが満喫できる海です。

私のように水中写真の練習をするのにはとても良い場所でした。


ここでダイビングをするには、キンベの街のはずれにある「ワリンディ・プランテーション・リゾート」というダイビングリゾートを利用する事になります。
このワリンディ・プランテーション・リゾートには、日本人のダイビングガイド(ケイコさん)もいるので、英語に自信が無い人も安心かと思います。

Walindi Plantation Resort
http://www.walindi.com/

[この記事の続きを読む]
スポンサーサイト
テーマ:パプアニューギニア
ジャンル:海外情報
2013年06月20日 (木) 01:21 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パプアニューギニア(キンベ湾) スキューバダイビング 2013 【前篇】 | | | Edit |
2013年、4月中旬。

秘境だと聞いたので、パプアニューギニアに行ってきました。(笑)

更に、この旅行に合わせて、水中デジタル一眼レフカメラデビュー!
全くのスキューバダイビング主体の旅行でしたが、知名度がとても低いパプアニューギニアについて、なるたけの情報も書き記しておこうと思います。
日本から、意外に行きやすい場所なんですよ。


パプアニューギニア政府観光局HP
パプアニューギニア政府観光局 HP
http://pngtourism.jp/


秘境だと聞いたので。

もうほんとにそんな軽いノリで、太平洋のどこかのジャングルっぽい島だったはず、という程度の認識しかなかった場所を行先として即決。

もう少しちゃんと書くと、激務でバタバタしていた3月末に突如、4月中旬に9連休を取れる事が決まり、即、旅行会社に「ちょうどダイビングに良いシーズンを迎えていて、丸1週間を使わないとなかなか行けないような場所はどこか」と問い合わせたところ、その返答で候補に挙げられてきた一つがパプアニューギニアでした。
「お問合せの条件ですと、タイのシミラン諸島クルーズか、マレーシアのラヤンラヤン島、ですかね。あとはパプアニューギニアもありますけど・・・」

タイのシミラン諸島はリゾートとして有名なプーケットから近く、岩の海中地形が面白い場所と聞いていていつか行ってみたい所ですし、マレーシアのラヤンラヤン島も3~8月の6ヶ月間のみオープンされる沖合300キロの珊瑚礁上のリゾートでかなり魅力的ないつか行ってみたい場所です。
でも、最後にひょっこり現れた、ノーマークで全く知識が無かった地名「パプアニューギニア」に惹かれてしまい、そこでインターネットで調べて見つけたパプアニューギニア政府観光局のホームページ(当記事冒頭にリンクを張ったもの)の内容が素敵過ぎました。


 「観光地としてはまだまだ知名度が低い」

 「地球最後の楽園」

 「美しい海と、山々の深い緑、長い歴史の中で受け継がれた伝統の文化」

 「日本から直行便が出ていて片道わずか6時間30分」、etc.etc.



しかもその週1回の直行便のスケジュールが自分の休暇日程にピッタリ合っているとか、もうこれは運命だと思いましてね。
正月・GW・お盆以外でまとまった休みを取れるのはこれが最初で最後かもしれない自分。
まさに、「いつ行くの?今でしょ!」


DSC_0012.jpg DSC_0186.jpg

DSC_0294.jpg DSC_0079.jpg

今回、この旅行を決めてから、ついでに水中デジタル一眼レフカメラのデビューも決心して、一式を大急ぎで購入しました。(カメラについて詳しくはまた別の機会の記事に)
納品は旅行出発2日前。(^^;)
それまで、コンパクトデジカメしか使ってこなかったので、とりあえず全てをオートで撮る最低限の操作方法だけを覚えて、初めて撮影するのが海中という無謀ぶりで、まずはそんな大きなカメラを持ちながらのダイビングに慣れるというテーマで挑まざるを得ず、まぁ、粗末な写真がほとんどです。

でもカメラが良かったので・・・カメラは奮発してNikon D800、綺麗に撮れた写真も少しはあります。
これが今回の旅行で撮った中で一番のお気に入り。↓

DSC_0093.jpg



さて、写真は分けてまた後で載せるとして、もう少しパプアニューギニアの紹介を続けましょう。

Papua New Guinea MAP (Yahoo)

パプアニューギニア独立国(Independent State of Papua New Guinea)。
場所は、日本からまっすぐ南下し、赤道を少し超えたあたり。オーストラリアのちょっと上。イギリス連邦加盟国。
世界で2番目に大きな島であるニューギニア島の東半分をはじめとする600の島々からなり、活火山を含む4000m級の山脈、ジャングル、美しい海を持ち、そこで500以上の少数部族がそれぞれの言語、習慣、伝統を守りながら生活をしている。公用語は英語。

簡単にまとめると、こんなところでしょうか。

さらに詳しくは、さきほどのパプアニューギニア政府観光局HP(http://pngtourism.jp/)や、下記、旅行会社のサイト等を見て下さい。

PNGジャパン
http://www.png-japan.co.jp/
(パプアニューギアニア専門の旅行会社。現地にも支店と日本人スタッフあり)

パプアニューギニアトラベルガイドブック
http://www.png-guide.com/index.html


また、このパプアニューギニア、旅行に行こうにも手に入る情報が極めて少ないのですが、ガイドブックもほぼ存在しません。
っていうか、あの「地球の歩き方」がありません。(笑)
でも、こういう本はあります。


パプアニューギニア (地球の歩き方 GEM STONE)
パプアニューギニア (地球の歩き方 GEM STONE)
NUMA
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 213,065

「地球の歩き方」パプア編が無い、と書いたばかりですが、このGEM STONEというシリーズはあります。
但し、内容は旅行用のガイドブックというより、写真を中心に真面目に歴史や文化を解説するもので、旅行情報は多くはありません。


PAPUA NEW GUINEA―PRISTINE PARADISE
PAPUA NEW GUINEA―PRISTINE PARADISE
舘石 昭
水中造形センター
売り上げランキング: 918,138

こちらは洋書っぽいですが、和書です。
カメラを買う際に、ダイビング用品店で見つけて立ち読みしました。
水中写真家による本で、GEM STONEと似た構成ですが、水中写真やダイビング情報が多めです。旅行情報も同じようなボリュームで載っています。


いっそ英語のガイドブックでも良いという方なら、やはりこれ。↓
海外版の「地球の歩き方」、ロンリープラネット。流石。
Lonely Planet Papua, New Guinea & Solomon Islands (Lonely Planet Papua New Guinea)
Regis St Louis Jean-Bernard Carillet Dean Starnes
Lonely Planet
売り上げランキング: 63,317



あとの本は、だいたい戦争体験記とかばかりになっちゃうんですよねー。
パプアニューギニア、ソロモン諸島は太平洋戦争中、日本軍が米国を中心とする連合軍と激しい戦いを繰り広げた場所だそうで、このパプアニューギニアを訪れる数少ない日本人の多くは、戦争の慰霊旅行に来るお年寄りのようです。

ただ、知ってみると、本当に見どころが多く、伝統文化も素晴らしいし、火山も温泉もあるし、釣りだサーフィンだといった娯楽にも知名度が低いのが勿体無いくらい魅力的な場所のようです。


kankospot_map.jpg
(先に紹介した旅行会社サイトから、地図と大雑把な見所図を転載)


今回のダイビングで見た、海中に沈むゼロ戦。

DSC_0049.jpg

このゼロ戦は撃墜されたのではなく、故障か何かで海に不時着したもので、機体に損傷は無く、パイロットも生きて脱出したもよう、との事。


さて、今回、私が訪れた海はキンベ湾で、「ワリンディ・プランテーションリゾート」という自然の中のダイビングリゾートに滞在したのですが・・・、そういった情報と、そこでの自らの生の体験、旅行に際しての諸注意等は【後篇】で!


DSCF0169.jpg

ニューギニア航空 (Air Niugini) HP
http://www.airniugini.jp/

日本からパプアニューギニア(首都ポートモレスビー)への直行便は、毎週土曜日に往復で飛んでいます。
今回は往復とも直行便利用で、土曜出発・土曜帰国の8日間の旅。
もちろん、オーストラリアなどを経由することで8日間以外の柔軟な日程も組めますが、やはり直行便が時間的にも金銭的にも無駄が無くて楽です。
直行便が週2便だった時もあるようです。今後また増えるかも?

上の飛行機の写真は、国内線。


ポートモレスビーの国際空港は普通に綺麗な空港でしたが、そこから国内線に乗り換え(分かりやすくて簡単)て、1時間のフライト後に到着したホスキンス空港は・・・・

えっ


DSCF0170.jpg



後篇 に続く)


テーマ:パプアニューギニア
ジャンル:海外情報
2013年06月11日 (火) 02:01 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Firefly 蛍 (福岡県中ノ島公園 2013) | | | Edit |
通勤時に通りかかる公園が蛍の名所で、今がまさに蛍の見時だと聞いたので行ってみました。


福岡県から佐賀県(吉野ヶ里)へと続く国道385号線沿いにある中ノ島公園。



那珂川町大字市ノ瀬445-1
http://www.town.fukuoka-nakagawa.lg.jp/kurasi/sangyo/nakanoshima-park.html


福岡の夜の繁華街も那珂川の中洲ですが、こちら、自然の川で川遊びが出来る場として(意外と)人気がある中ノ島公園も、那珂川の中洲です。

福岡の街の中心部から車で40分程で行けます。

DSC_0446.jpg

DSC_0447.jpg

DSC_0448.jpg

ホタルの見時は、5月下旬~6月上旬。
時間は、午後7時半~8時半で、雨の後など湿度が高く風のない夜は特に多く見られる、との事。

この時期、ちょうどアジサイの時期でもありますね。
咲き誇る・・・まではいかないけど、綺麗に咲いてました。

DSC_0455.jpg

というか、この中ノ島公園の中洲、特に何もありません。(笑)
ベンチがちょこっとあるだけでほぼ自然のままです。
ホタルにはちょっと早めの6時半頃に公園に到着したので、遊んでる子供とか眺めながらのんびり待ちます。



この中ノ島公園、今年の春まで、川の護岸工事を行っていたそうで、地元の人からは、今年は工事の影響で蛍が見られないんじゃないかと聞いていましたが・・・・、6月に入った頃から、それまで人気が無かった夜のこの公園の駐車場に急に活気が出てきていたので期待していました。
果たして、ちゃんと蛍を見られましたよー。

なかなか暗くならなくて、夜8時、ようやくだいぶ暗くなってきたかなと感じ始めた頃、ちらほらと光る蛍の姿が見えてきました。

DSC_0458.jpg

DSC_0464.jpg

その数が少しずつ増えて、夜9時頃には、こんな感じ。

DSC_0475.jpg

公園の周り、ぐるりと蛍はいますが、多いのは中洲(公園)でも道路(護岸された側の川)とは逆の方で、川の対岸にたくさん現れます。
近くで見たいならば公園の中のその方だし、広く多く見たいのならば公園のすぐ外、南側にある橋から見ると良いです。
上の写真(蛍3枚目)はその橋から撮ったもの。
30秒くらいかけて撮った写真ですが、小さく緑っぽく写っている光の全てが蛍です。

夜9時、まだまだ蛍の明かりは減る気配がありませんでしたが、十分見たのでそこで退散。


特に街灯も月明かりも無くとも、意外に必要最低限、足元や通路は見えます。
懐中電灯は持参するに越したことはありませんが、蛍は明かりを嫌うそうだし、暗いトイレ以外では使う必要はあまり無いでしょう。


普段は公園にある売店は5時頃に閉まってしまうのですが、この蛍の時期は夜9時頃まで開いています。
焼き鳥とかカキ氷とか買えます。


あと駐車場ですが、野菜直売所(かわせみの里)がある第1駐車場は5時で閉まってしまい、蛍を見るなら20~30m町側にある第2駐車場に停める必要があります。
7時過ぎまでこの駐車場は余裕で空いていましたが、夜8時~9時とかになると満車になり、路駐や駐車場の空き待ち等をする事になるので、余裕をもって出かけるのが良いでしょう。



子供のころ、東京の有栖川公園で蛍を見た覚えがありますが、ここまでの蛍を見たのは初めてでした。
福岡では、他に牛頸ダムなどいくつか蛍の名所があるようです。


蛍と星と人工衛星 (撮影者:としあき)


そうそう、この中ノ島公園のすぐ近くには日帰り天然温泉「源泉野天風呂 那珂川清滝」もあるので、蛍を見たついでに寄るのもいいかもね。
ちょっと高めだけど、綺麗だし、深夜までやってるし、市街から無料巡回バスも出てます。

テーマ:昆虫の写真
ジャンル:写真
2013年06月07日 (金) 06:15 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ガラケーリニューアル | | | Edit |
買ってから4年半くらい経つガラケーを、電池カバーが壊れたのを機に外装交換!
ついでに電池も新品に交換!
ほぼ新品同様に再生したガラケー。ドコモの706iシリーズ。
これでまだまだ戦えるぜ!!(笑)


って、スマホはあれば便利だろうなと思う場面にたまに出くわすし、そろそろ変えてもいいという気持ちがほんの少し芽生えてきてはいるけれど、やっぱり今はまだ、あの中途半端に大きいサイズのものを持ち歩くのが嫌で、電池の持ちがまだまだ短いのがもっと嫌。
なにより、今使っているガラケーがかなり気に入っているので、交換する気になれません。
さっさとスマホの次世代機が登場してくれないかな、と思ってます。

なんでしょうね。

さっきも書いたように、確かに、今スマホがあればなー便利だったのになー、と思う場面には少なからず出くわすのですよ。
でも、その便利さには、逆に視野を狭くされるような気がするというか。

上手く言えないけど、

例えば、デートへ出かけて、食事をしようとなった時に、事前に食べログとかで下調べして2~3個の店に目星を付けてはおくけれど、その場の雰囲気や流れでたまたま目に留まった店に入ってみたり、更にそこの料理がイマイチだったとしても、会話が楽しければそれで良かったり、店を変えてみたり次の約束をしてみたりといったフォローに挑むことこそが醍醐味、というか。
それを、なんとなく人気のスポットっぽいからと出かけて、お腹好いたねーどこで食べようかーと言いながらその場でスマホを取り出して食べログで近くの人気店を検索しちゃったりすると、色々と台無しな気がします。
なんか他人の足跡をなぞっただけのようなつまらなさ。

そんな風に思うのは、別におっさんだからでは無いと思うのですがいかがでしょう。
あと、前回の街コン記事に続いてこんな例え話を出すと、自分から加齢臭ならぬリア充臭がしてくるような気がしますが、わざわざ例え話を「デート」と状況設定したのは、もし一人で出かけたのであれば、俺はマックや松屋に入る事すら面倒くさがってコンビニのサンドイッチで食事を済ませるような人間だからです。(^^;



まぁ、話は変わるけど、ドコモショップの待ち時間が1時間で、諸手続きに30分、というのがデフォなのは勘弁して欲しい。

テーマ:シンプルライフ
ジャンル:ライフ
2013年06月04日 (火) 22:02 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 出逢い① 街コンの場合 | | | Edit |
今から約1年前、2012年5月に街コンに参加してみた。

その時の話を中心に、そもそも街コンとは何ぞやという所から書いてみようと思うのですが、そんな風に思い立ったのも、最近越してきたこの福岡で「生活は軌道に乗り始めたし、あとは仕事以外の知り合いが欲しいな~、あっ、街コン参加すればいいんじゃん?」と思ったからです。

そして、そこで早速街コン情報サイトで福岡の街コン開催予定を調べてみた時に受けた衝撃・・・!
福岡のページトップに大きく表示された広告が、

エヴァコン・・・だと・・・!?

エヴァコン・福岡天神
エヴァコン 福岡天神
開催日:2013年6月15日(土)


もう、何でもアリだなぁ。(笑)

うぉ、超出てみたい、と一瞬思ったものの、冷静に考えてみるとそんな気持ちはあっという間にしぼんでしまったよ。どうなるんだ、この催し?(^^;
ってか、そもそもこれに限らずどの街コンでも同性2名(以上)1組でしか参加申し込みが出来ない時点で、私は参加出来そうに無いんですけどね。
エヴァンゲリオン好きなの?って話は置いといて、街コンとは何ぞやという話に進みます。


既にそれなりに知名度が上がり、若い人なら大体知っているんでしょうが、
街コンとは要するに街ぐるみの大規模合コンイベントという事になっていて、略して「街コン」です。

個人的には、「公認大ナンパ大会」と呼んだ方が正確なのではないかと思います。

基本的な内容は以下の通り

・参加者は、男女それぞれ100名~300名程度。数千人規模のものもある。基本は男女同数。

・参加申し込みは、同性2名(以上)1組でのみ。1人参加不可。

・参加費は、男性なら6000円前後、女性は4000円前後。

・開催時間は、主に休日午後か夜で、3~4時間。

・会場は、開催地区内の定められた複数の飲食店。だいたい10店舗程度で、開催時間内は全て貸切となっている。大抵の場合、スタートの店舗は各自決められているが、あとは各店舗でリストバンドなどの参加証を呈示することで自由に移動・出入りができ、各店舗で食べ飲み放題。但し、出てくる料理は軽食程度のものなので料理に期待はしないように。



元は、平成16年8月、若者の足が遠のいていた中心市街地の活性化を図ろうと宇都宮市で開催された「宮コン」が街コンの始まりなんだそうです。
いまや日本全国いたるところで毎週末はもちろん平日にも開催されています。
開催地の名前を取ってそれぞれ「○○コン」と呼ばれます。
主催者も様々で、イベント会社だったり、地元飲食店などの有志による実行委員会だったり。
地元の活性化と結婚増加を願って自治体が後援することも多いようです。


全国各地の街コンについて知りたければ、このオフィシャル総合情報サイト↓

街コンジャパン
http://machicon.jp/

街コンジャパンTOP

以前、羽田空港で「羽田コン」のポスターを見かけたけども、それなんかは、まず羽田で飲んで、飛行機で北海道・富良野まで移動して更に飲んで、一泊(!)、そして翌日に富良野観光をして戻ってくる、という1泊2日のなんだか凄いイベントでした。



自分が参加したのは、2012年5月、街コンの認知度が飛躍的に高まってきたころの「第1回十番コン」。
開催地は、東京港区の麻布十番です。


十番コン公式サイト|街コンが麻布十番で開催!麻布十番の地域活性化イベント「十番コン」
http://jubancon.com/

600_1000.jpg

なんかこう、だいたい出会い絡みのどんなイベントでもそうですけど、女性枠の方が先に埋まって男性参加者が足りないなんていう事が多いみたいで、今でも十番コンの開催直前には「参加費2,000円安くするから参加して下さい!」みたいなメールが届きます。

当日の受付で配られたパンフと、参加者証であるリストバンド。

十番コン パンフ 1
十番コン パンフ 2
十番コン パンフ 3

街コン_リストバンド
  (※リストバンドはネットで拾った他の街コンの物。参考画像です)


参加者は男女とも20代半ば~後半といった感じの方が多かったように見えました。
30代後半以上は少数派。
見た目も普通、服装も無難、な人が多数。
場所柄、外人さんも何人かいて、スーツでビシッと決めた白人さんなんかは随分モテていた御様子でしたね。
この年齢分布は、開催される街コンによって違うので、この時の十番コンはそうだったと参考程度に考えてもらえればと思います。
この時に聞いた話では、池袋コンは大学生メインだったとか。まぁ、disるのも難なので(笑)あまり言いませんが、学生の飲み会という雰囲気だったそうで。

さて、実際に始まってみると、大体4人席のテーブルになっているわけですよ。
男性2人組が先に席についていて女性2人組から「ここいいですか?」と声を掛けられるのを待つというのは基本あり得ません。
よほどのイケメンなら相手を選びたいだろうし、そうじゃない男性はそもそも自分から行かないと来ないし。
女性2人組が座っているテーブルに行って、声をかけるか、先に(良い)席をキープしておいて、お店に入ってきた女性に声を掛けるか。
店を移動中に、参加者をリストバンドで見分けて、「○○の店はどうでしたか?」とか「○○の店に一緒に行ってみませんか?」とか声を掛けるのもあり。

もっとも、それを悪用というか、自らは街コンに参加せずに(参加費を払わずに)開催地に出かけ、リストバンドをしている参加者が店舗移動している隙を狙ってナンパする輩もいるようです。

そんな不逞な輩は別としても、街コンが合コンというよりはナンパ大会のように感じる、と書いたのはこんな雰囲気に因ります。

ただ、普通の街角のナンパと違い、街コンでは声を掛けられたら無下には断りづらいんですよね。
無視するわけにはいかないし、「友達と待ち合わせているので」なんて断り方もあり得ないし。
大概、とりあえず一緒に席について話をしてみる事になります。
話が合えばもうけもの、話が続かなければ「そろそろ別の店に~」と言って席を立てばOK。
普段はナンパなんかしない・されないという人でも、割り切っていける場かと思います。
長所でもあり短所でもあるシステム、と感じますが、要は、30分を目途にどんどん店や相手を変えて、制限時間内でどれだけ多くの優良な連絡先をゲットできるかが勝負、というのが街コンであると思えば良いのではないでしょうか。
連絡先を交換して、次の約束を取り付ける、という。
各自の簡単な自己紹介と雑談の1つか2つで30分位はあっという間に過ぎます。どうせ相手も多くの店と異性を求めて来ているので、名残惜しい相手でも、その辺を目途にその場は打ち切って連絡先を交換して次に行きましょう。
顔と名前を憶えていられませんが、次に会う時に店内待ち合わせにするとかひと工夫すれば問題無し。


まぁ、自分は上に書いたほど積極的に行動はしませんでしたが・・・。
なぜか(?)女性4人で女子会をやっているテーブルもちらほら見受けられましたよ。

自分にとっては、麻布十番は一時期そこで育った事もあって身近な街でしたが、会場となった店舗は行きたかった店や知らなかった店が多く、そういう新規開拓が出来たのが一番の収穫でした。
街コン中に出てきた料理はほんの軽食だったので、気に入った店には後日また改めて行って正規の料理を食べてみれば良いかと。
勿論、この時の開催時間は15時~18時だったし、そこで意気投合した異性グループに声を掛けてそのままそこで夕食をというのもアリだけれど、実際には、15時から何杯ものアルコールを飲んでいるから、18時にはちょっといい塩梅で少し休憩したい感じになっていて、そんな気分じゃありませんでした。
結局、出会いとしてはあまり良い収穫も無く、一緒に参加した男友達と2人ですぐ隣の六本木ヒルズで映画(テルマエ・ロマエwww)を観て帰ったとさ。
めでたし、めでたくもなし。w


十番コン サイトコピー


しかしまぁ、あれですね。
街コンなんて、知名度が上がり過ぎたので、すぐに主催者が乱立したり金の流れが怪しくなったりして2012年のうちに廃れるだろうと思っていたのですが。
まだ盛んなようですね。

で、

一気に知り合いを増やすにはいいかな~と、街コンの事を思い出したのは良いものの、福岡には一緒に参加してくれる独身の友人がいないんですよねー。
ましてやエヴァコンなど。

エヴァンゲリオンは好きです。ちなみにアスカ派です。
なんですが、解釈やら何やらを深く語られても、コスプレされて登場されても、正直リアクションは出来ません。(^^;
それはそれとして、エヴァと言えば、今ちょうど福岡天神で「エヴァンゲリオンと日本刀展」という催しがやっているので、それは見に行ってみようと思っています。

エヴァンゲリオンと日本刀展(福岡)



知り合いを作りたいけど街コンには参加出来ない・・・と思った時に、さらに思い出したのが、シングルスバー。
婚活バーとも呼ばれるお店。
東京・六本木のシングルスバー「GREEN」に行ったことがありました。
調べたら同様の店が福岡にもあるみたい。
あれなら一人でも行ける。友達というより恋愛・結婚相手探しの要素が強くなっちゃうけど。
福岡のそのバーに行くかどうかは別として、シングルスバーについての記事をそのうち書くのもいいな、と思い、今回の記事題名を「出逢い① 街コンの場合」とさせて頂きました。

「出逢い② シングルスバーの場合」に・・・続く?


漫画版エヴァ最終回より



テーマ:出会い・合コン
ジャンル:恋愛