2013年05月28日 (火) 00:28 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ケーセン社(KOESEN)のぬいぐるみ | | | Edit |
ケーセン社(Koesener Spielzeug Vertriebs GmbH)というドイツのぬいぐるみメーカーの製品が好き。
そこのポリシーも好き。

別に、ステルスマーケティングでも何でも無く、ただ好きだし本当に良いものだと信じているのに一般的には無名だと思われるので紹介をしたいな、と。

基本的に動物のぬいぐるみしか作っていないメーカーなので、そこの製品を自分用に買ったことはまだ無いのだけれど、10年ほど前に偶然見かけて気に入って以来、友人の子供へのプレゼントとしていくつも購入してきました。
先日、白熊を贈った時に送られてきた写真↓

1358406031453.jpg 135122159181.jpg
  (※ネックレスは付いていません)

そういえば、俺も物心が付き始めた位の子供の頃、白熊のぬいぐるみがお気に入りでよく連れ歩いていました。
どこにいったのかな、あの白熊。
これまで友人の子供たちに贈ったぬいぐるみ達も今はどこでどうしているやら。
でも、このぬいぐるみをプレゼントに選んでいるのは、長年愛して貰えうる物であると同時に、例えあまり趣味に合わず記憶に残らなかったにしても、子供のころから「確かに品質の良い物」が世の中に存在するという事を感覚的に知っておいて貰えれば、きっとその後の人生を豊かにする事に何か役立つのではないかと、そんな風に思ったからです。
違いが分かる人、みたいな。似非セレブではなく。


さて、肝心の紹介をするのに・・・詳しくは下記、代理店のページを見て貰うのが良いでしょう。(笑)


Toy makers KOESEN/ケーセン社 – NIKI TIKI web
http://www.nikitiki.co.jp/toymakers/10/index.html


koesen ケーセン社 動物ぬいぐるみ 通販 - 木のおもちゃ がりとん(galiton)
http://www.galiton.co.jp/details/04-doll/menu_ke-animal.html



そこから転載させて貰いますが、品質と共に気に入っているのがこの「ケーセン社の哲学」。

・ 制作者は 自然の動物の特長を捉え、優れた技術でそれを再現した芸術性のあるぬいぐるみを子どもに手渡すべき。

・ すべて実在の動物を基にし、それをぬいぐるみの世界に転写。さらにただの模写ではなく、その動物の特性を生かし たぬいぐるみを作ることを信条としている。例えばテディベアを手掛けないのはケーセンの信条による。

・ ぬいぐるみの顔は擬人化された子どもに媚びるようなものではなく、子どもがその時々の感情を移入できる自然なものであるべき。

・ ぬいぐるみは柔らかく子どもが自由に動かして遊べるものが望ましい。そしてその縫製は、いつまでも壊れないしっかりしたものであるべき。安易な縫製でぬいぐるみの手足が取れたりする事があってはいけない。なぜなら愛情を持って接してきた大切な仲間が壊れ子どもの心が傷付くのはさけなければならないから。

・ ぬいぐるみは気持ちよく頬ずりでき、いつまでも型くずれしにくいものであるべき。



いやー、いいね!


さて、上に書いたサイトは、
NIKI TIKI(ニキティキ)というのは、代理店(の1つ)で、全国のデパート等に入っています。
サイトの中には、入っている主なデパート名が書いてありますが、最近(2013年1月)に確認した範囲では、銀座三越と新宿伊勢丹にはあったけど、銀座松屋にはありませんでした。
ちなみに銀座三越の当コーナーの店員さんはケーセンファンで随分語ってくれてカタログも見せてくれたり。
又、サイトには、明記されている他に、所在地がマークされた日本地図も載っていますが、それによれば日本全国で取扱店があるようなので、ネットで検索しても見つかりませんでしたが、電話で問い合わせれば良いでしょう。
他の代理店(?)もあるので、「ケーセン (住んでる県名)」とかで検索すれば、例えば「ケーセン 福岡」で検索したら「つみきや」 http://tsumikiya.jp/101.php というおもちゃ屋が出てきました。

新宿伊勢丹の、ケーセンぬいぐるみコーナー↓

ISETAN KOESEN

少し値段が高め(大きいので2万円台)なのもあって、デパートではこんな風にガラスケースに入っていることが多いかもしれません。
是非実際に手に取って見て貰いたいところですが、別に、同じく上記した「木のおもちゃ がりとん」等ではネット通販の扱いがあります。

リアルで自立するぬいぐるみもいいけど、柔らかい抱き枕みたいな「くたくた」シリーズもいいよ!
「草食動物を」という父親(友人)からのリクエストに対して、それはそれとして(笑)、「くたくたライオン」を贈ったところ、結局、そこの嫁と娘で争奪戦が繰り広げられたそうな。

Lion lying KOSEN

他ではぬいぐるみとしてはあまり見かけないであろう動物達が数多く製品化されているのもケーセンのユニークなところ。

最近買った中では、モヘアハリネズミも可愛かった。
可愛いとしか言いようがない「小」、御手玉みたいなサイズと心地よい重み・手触りがたまらない「中」、いきなりリアルになり過ぎて個人的にはオススメ出来ない「大」、の3種類があります。w
手頃な値段も嬉しい。
なんか、ドラマ『早海さんと呼ばれる日』(主演:松下奈緒、美人!)にも登場したらしいです。

DSCF0066.jpg DSCF0068.jpg
  (写真は「中」サイズ。下に敷いてあるのは文庫本)

あとは、前に銀座三越で見かけた大きなオランウータンとペンギンは個人的に買おうかと結構迷いました。
特にオランウータン(他の製品の例に漏れず結構リアル)は、最初見た時は、こんなオランウータンのぬいぐるみなんて誰が買うんだよwwwと思っただけでスルーでしたが、2、3度と見かけると途端に物凄い愛着が湧いてくる恐ろしい品物。

一度発売されたものは、基本的に廃番になる事は無く、受注生産(2ヶ月くらい)で対応してくれるようなので、ここの製品が気になった人は、200種類以上あるというラインナップを色々調べてみる価値ありです。



・・・さて、

このまま好きなものを紹介だけして終わらせた方が綺麗なところですが、「熊のぬいぐるみ」と書いてしまった時からどうにも書かねば気が済まなくなっているものが。


ここで問題です。
次の4つの特徴に当てはまる人物とは誰でしょう?

1.子供の時に熊のぬいぐるみがお気に入り
2.いい年(35歳)して子供っぽい
3.独身
4.携帯の着信音がダースベイダーのテーマ(インペリアル・マーチ)



正解は~、


そうだね、少し前に大ヒットした映画『テッド』の主人公ジョンだね・・・!
っていうか、ちくしょう!俺だよ!!


TED movie


映画館で『テッド』を見ていた時の、主人公の年齢が35歳と明かされ、引き続き、主人公の携帯からダースベイダーのテーマが鳴り響いて恋人から「なんで私からの着信の音がそれなの!?嫌な電話みたいじゃない!」と怒られるシーンが流れた時に、観客席の俺が受けた衝撃といったら。
思わず「Oh, F*ck!」と叫びそうだったわ。;

まぁ、正確には、ダースベイダーのテーマは、俺の場合は着信音ではなくメロディコール(携帯に電話を掛けてきた人に呼出音の代わりに流れる音楽)なんですけども。
大事な違いでは無いですね。
まさか下品を売りにしたコメディ映画で自身を見つめ直す事になるとは思わなかったよ。(笑)

実際には観賞前に想像していたほど下品ではなかったし、上記の件が無かったとしても、とにかく爆笑というものでもなかったね。
それにしても、この『テッド』といい、今まさに同じように大ヒット中の『HK/変態仮面』(これはこれで大好き)といい、どっちも若い女性メインの客層で売れたというのは面白い事実だと思います。


いや、なんかゴメン。
可愛らしいものの話から180度違う方向の話に切り替えちゃって。(^^;
でもケーセンのぬいぐるみが万人にお勧め出来る物、というのは俺がどういう人間であれ、ガチです。








HK/変態仮面 アブノーマル・パック(仮)[DVD]
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2013-07-12)
売り上げランキング: 136

スポンサーサイト
テーマ:おもちゃ
ジャンル:育児
2013年05月24日 (金) 03:37 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 福岡に住む | | | Edit |
1332182120664.jpg


一つ前の記事で書きましたが、急な転勤で福岡にやって参りました。

基本的には何の縁も無い土地・・・ですが、 そ う い え ば 、このブログで使っているプロフィール写真(アラブ民族衣装にサングラス着用のやつ)は福岡・天神のとあるバーで撮られた写真でした。
何年も前の友人の結婚式2次会での写真です。
唯一福岡に来た際に取った写真をプロフィール写真に使っていたら福岡に住む事になってしまった、と思えば不思議な縁と言うか自然な流れというか、そんな気もします。

当時、女性が話す博多弁が可愛く聞こえるな~、って思った事は覚えています。

知り合いがほとんどいない地だとはいえ、そんな(可愛い)博多弁聞きたさに中洲(福岡の繁華街)に一人でのこのこ出かけて行ったら負けのような気がして、中洲にはまだ行っていません。(笑)
他には、まだ今のところ、車を含む日用品の諸々を買いがてら、町の中心部を少し歩き回った程度なのですが、黄砂だとかPM2.5だとか、そもそもぶっちゃけ左遷されてここに来た経緯が気に入らないというか激おこプンプン丸でもう走れメロス並みに怒りがこみ上げるとか、そういう細かい事を除けば不満は無く、面白そうな土地だし、好きになれそうだと思います。

そうだよ!まったく・・・もう!あの糞上司めッ!
年明け頃に来た新しい上司と馬が合わず毛嫌いされていたところ、ちょうど福岡で精神を病んだ社員の交代要員の募集があり、私の直属上司が今すぐ異動させても良い人間として私の名前を挙げて。
異動を希望していた社員、異動の順番待ちをしていた社員が他にいくらでもいたのに、意志も問われないまま転勤決定。
あげくに会社で大々的に行われた送別会(一見、普通に和やかな会)のなんと屈辱的だったことか。


と、まぁ、新しい土地に来た話を暗い話にしたくはなく、最初は左遷の件やいら立ちを伏せて書いたのですが、結果、不自然に優等生な文章が出来上がって、真面目か!w って自分で突っ込みたくなるしょうもなさだったので、書き直してみたらこうなりました。
九州出身の人とか、ごめんなさいね。(^^;

あとは、あれだけの成果を上げたのにとか何とか言いたいことなら腐るほどあるけど、もはや毒づいても意味がない・・・と言うより、そもそも、これまたぶっちゃけると、

転勤を言い渡される前には、今年の6月のボーナス支給を目途に会社を辞めるつもりでいました。
だから、色々と仕切り直しになった今は、自分の関心はこの状況でこれからどうするのかという事に向いていて、実際、この転勤には個人的には都合の良い面もあったし、メリットを活かしたければ楽しむ方向でいくしかない、といったところでしょうか。
少なくとも、東京にいた時に比べればずっと人間らしい生活が送れそうなのは、幸いな事です。
転職や結婚については、年齢やタイミング的に潰しが利かなくなってきているのも1つの現実で、あまり余裕が無い事は認識していますが、そういうことも楽しまなくては良い方向に進まないし、どうせ、色々考えながら何も考えずに結果オーライを狙っていく以外にやり方を知らない、し。
何を言っているのかわかりませんね。
俺も分かりません。(笑)



それにしても、なんだろうね。
この会社での仕事を振り返ってみて、俺は、鬱病になった人、クビになった人、死んだ人、の交代登板がほとんどなのです。
何が大変って、前任者がそんなんだから引継ぎを受けられないし、前任者がそんな風になったくらいだからそもそもまともな環境ではない事が多い、って事なんです。
しかし、なぜか大変そうに見えないどころか、いつもマイペースでのんびり過ごしているようにしか見えないままにそこから生還してくる俺を、ターミネーターと呼ぶ人もいます。

そんな風に呼ばれたら、俺は決まってこう答えるんですけどね。
「でも知ってます?ターミネーターって、どの映画でも最後には必ず壊れるんですよ?ハハッ」

まぁ、俺は壊れる気は無いし、逆に、過信する気もないけど・・・貧乏くじはもうおなか一杯ですので。
ちょっと前にネットで見かけた2ちゃんねる生まれの名言も頭を離れませんね。

「おまえ認識が古いよ 歯車って
今のブラックは社員を燃料として扱う」



さて、

暗い内容は十分ここで出したので、今後しばらくは無邪気な記事が続くんじゃないでしょうか。(笑)

下書きのまま放置されていた記事もまとめて上げていければと思っています。
割と最近のパプアニューギニア旅行ではついに一眼デジカメも導入したので、カメラの練習も兼ねて色々出かけてみたいし。


テーマ:(´・ω・`)
ジャンル:日記
2013年05月18日 (土) 01:17 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ヘッドホン娘画像フォルダ開放 part.11 【2次・3次/全99枚】 | | | Edit |
想定外の急な転勤で、福岡に引っ越しました。

新居のインターネット開通記念に例のシリーズ、パート11。
2次と3次の画像を混ぜて並べることで、それぞれの良さを打ち消し合わせてしまっているような気もしてきましたが、とりあえずこれまで通りでいきます。
ゆっくりと見ていって頂ければ良いんじゃないでしょうか。


 ※1 2次元・3次元混ぜ合わせです。
 ※2 サイズはアップロード制限に合わせて小さくしてあったりします。
 ※3 オリジナルへのリンク希望や削除希望等はお手数ですが別途ご連絡下さい。



[01]11a00474642.jpg


[この記事の続きを読む]
テーマ:画像・動画
ジャンル:サブカル