FC2ブログ
2010年04月27日 (火) 23:47 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『タイタンの戦い』 (あと、『紙兎ロペ』) | | | Edit |
はい、こんにちは。
またしても映画レビューです。
今回はGWの目玉映画である『タイタンの戦い』を公開早々に観てきたので、折角だしGW前に記事にしてみる。

ギリシャ神話の世界、神々の喧嘩の狭間で人類大冒険。

Clash of the Titans

一言で言うと・・・

GW映画として十分楽しいよ!

1981年のオリジナル映画が「男の子」向けなら、こっちはより「漢」向け。
『300<スリーハンドレッド>』が好きな人は、これも好きだと思う。
前評判が賛否分かれてたんで、そんなに期待しないで、ってかどっちかと言うとハズレくじをあえて引くつもりで観たら、楽しむ映画として出来が良くてびっくりした。w
106分と最近にしては短めな上映時間だし、デートとか時間つぶしとかで安心して観てくれて良いと思います。
あと詳しい話はまた後ほど。



ところで、『紙兎ロペ』って知ってます?

全国のTOHOシネマズの映画館で、本編上映前の予告編の時間に、おまけ映画として上映される2分ほどのアニメーション。
地元をこよなく愛しているその日暮らしの都立高校2年生である紙兎ロペと、同じ都立高校3年生の紙リスのアキラ先輩とのゆる~い会話、それだけ。(笑)
なのに面白い。w
いくつかはYouTubeで公式に公開されてます。


公式YouTube→ http://www.youtube.com/user/GiftMovieROBOT

GIFT MOVIEプロジェクト第一弾、だそうな。
kamiusagi rope
公式サイト→ http://giftmovie.jp/pc/

去年の7月ころから毎月新作に替えて上映されてたらしいのに、自分が見れたのは2つだけ。
いや、もともと映画は年に数本しか観ないんだけどさ、でも、今回の『タイタンの戦い』も前回の『第9地区』の時も、この紙兎ロペも見たくて六本木ヒルズTOHOシネマズに行ったのに・・・見れなかった・・・。
なぜ? orz
最初は「ハハッ、面白れーw」と思ってただけなのに、期待し始めると今度は出会えなくなり、一方で、YouTubeの以前の動画のコメント欄では「新作も面白かった」とか「笑った」という書き込みを見かけ・・・、こうなると悔しくて無性に見たくなってくる。
恋愛に似てるかもしれん。(笑)

う~ん、例えば六本木でも10個くらいあるスクリーンのうち、限られたスクリーンでしか上映してないのかな・・・?
公式サイトとかにはそこまで詳しいことは書いていないのだれど。
(ちなみに、『タイタンの戦い』はスクリーン2、『第9地区』はスクリーン1で観ました。)
情報求ム。割りと切に。




さて、『タイタンの戦い』に話を戻します。

あらすじ・・・

神話の時代。
神々の横暴に業を煮やしたアルゴス国の王は、ついに最高神ゼウスら神々に反旗を翻す。
だが冥界神ハデスの返り討ちにあい、次の日蝕までに王女を生贄に差し出さねば巨大な魔物クラーケンを放って人類を滅ぼす、と宣告される。
その場に居合わせた漁師ペルセウス(主人公)もハデスに育ての家族を殺され、さらに自分がゼウスの息子で半神半人の身である事を告げられる。
ゼウスと人類の対立のこの機に乗じて、天界と地上を滅ぼし、支配しようと目論むハデス。
復讐に燃え、人間として戦うため立ち上がるペルセウス。
ペルセウスと人間側のわずかな残存勢力による精鋭パーティーは、ハデスとその怪物クラーケンを倒すため決死の旅に出るのだった・・・


Clash of the Titans poster 2

特撮映画の巨匠レイ・ハリーハウゼンによる1981年の同名映画のリメイク。

この81年のオリジナルの方は子供のころにテレビで見て、すっごいわくわくしましたね~。
似たような、『アルゴ探検隊の大冒険』とか『シンドバッド』シリーズとかも、どれも楽しくて大好きでした。
まぁ、それはそれ。
あんまり覚えてないけど、多分今でも好き。w

さて、今回のリメイク版はオリジナルとほぼ同じ筋書きながら、まったく別物となっています。

違いその1:
何が違うって、そもそもまず主人公が戦う動機が違う

オリジナルは、たまたま見かけた可愛い王女に一目惚れしちゃったから頑張って助けて、英雄になって王女と結ばれてめでたしというお話。
対して今回のリメイク版では、ペルセウスは王女など眼中ありません。
しかし、代わりに父親(ゼウス)への反抗期な言動で、種類は違えど相変わらずの中学生っぽさを見せてくれる・・・が、そんな彼も話の中で成長していきますのでご安心下さい。w


違いその2:
怪物が強い。超強い。

オリジナルとリメイクでは、怪物の造形はさほど変わりません。
が、
知恵と勇気とちょっとした動機さえあれば自分でも倒せそうな気にさせてくれるオリジナル怪物達に対し、リメイク怪物達は絶望的な強さを誇ります。


違いその3:
クラーケン討伐隊の仲間たちが、各自そこそこキャラが立ってて格好いい!

まぁ、あくまで、テンポ良く進んでいくお話を邪魔しない程度に、ですが、特に隊長ドラコがカッコイイ事には触れておかずにいられない。
キュンときた。
たぶん、この映画でこの役者さん(マッツ・ミケルセン)はファンを大幅に増やす事でしょう。
って、見慣れないながらもどこかで見た役者さんだと思ったら、『007/カジノ・ロワイヤル』で悪役としてジェームズ・ボンドを恐ろしい拷問攻めにし、全国男子の股間を別の意味でキュンとさせた人ですね。w

<オリジナル版>
Clash of the Titans 1981 scenes
Clash of the Titans 1981 2
Clash of the Titans 1981 3
Clash of the Titans 1981 4


<リメイク版>
Clash of the Titans 1
Clash of the Titans 2 Clash of the Titans 3


まぁ、そんな感じかな・・・

ってか、アレだ。
そんな細けぇことはいいんだよ!で楽しむ映画ですからね!
あ、でも細かいところが案外丁寧に作られてる点も好印象よ。
無駄に血生臭くもなし、無駄に映像に凝ることも無し。
3D版と通常(2D)版がありますが、観るならどっちでもいいです。
自分はたまたま六本木の映画館で3Dしかやってなかったので3Dを観たけどね。




オリジナルに出てきたメカフクロウの「ブーボ」、凄くいいキャラクターで大好きだったんですが、このリメイクにもワンシーンだけですがばっちり登場してくれて嬉しかったです・・・。

Clash of the Titans Bubo




タイタンの戦い 特別版 [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ (2009-07-08)
売り上げランキング: 284
おすすめ度の平均: 4.5
5 売ってるんですねこれ…
3 リメイク版の予習に
5 ワクワクする映画


スポンサーサイト



テーマ:映画レビュー
ジャンル:映画