FC2ブログ
2010年04月20日 (火) 02:54 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『第9地区』 | | | Edit |
映画『第9地区』(District 9)

District 9 poster

良い意味で、人としてどうかと思う。(笑)
そんな映画です。



まぁ、結構評判のこの映画。

アイデアの勝利だとか、
異色のSFドラマだとか、
アパルトヘイトを云々で社会派の側面もあるとか、
思ったよりグロいとか、

色々言われているようですが、見てみればこれ単純に凄く楽しいアクション映画です。


それで特に何が凄いって、アレね!


映画が終わった時、女性客の多くが感動して泣いてたんだぜ!!!
いや、マジで。

予告編とか前評判からでは、通しか好まないカオスな映画だろうって印象を受けてて、こんなにアクションな映画だともラストに感動するとも思いもしなかった。
勿体無いことだと思う。


district 9 scene1

あらすじ・・・

ある日突然、南アフリカ首都ヨハネスブルクの上空に出現した巨大な宇宙船。
この宇宙船は何かトラブルで停止したらしく、中からは飢えて瀕死のエイリアン達が見つかった。
人々は彼らを難民として受け入れることとなるが・・・
それから20年後。
生き残っていたエイリアンは働きバチのような労働者階級ばかりらしく、宇宙船を直したり、高度な技術を地球に提供したりといった行動は無い。
宇宙船はいまだ停止したままで、その真下に設けられたエイリアン居住区域“第9地区”は荒れたスラムと化し、数が膨れ上がっていくエイリアンと、その彼らを「エビ」と呼んで迫害する人々とのいさかいは絶えなかった。
そこで、国はエイリアンたちを都市から遠く離れた新たな難民キャンプ“第10地区”へ強制移住させることを決定する。
国から強制移住事業の委託を受けた民間軍事企業MNUは、エイリアン対策課職員ヴィカスを現場指揮者として立ち退き作業を開始するが、作業中に謎の液体を顔に浴びたヴィカスに異変が・・・・。



district 9 scene2 district 9 scene3

これらは冒頭でドキュメンタリー風に手際よく紹介されていき、あとはもう実にテンポ良くアクションが連続しながら物語が盛り上がっていく。
あとは、まぁ、なんだ。
あんまり前知識無しに見たほうが楽しめると思うので、ネタバレ好きな自分も今回は自重する。なるべく。w

難しそうな先入観は捨てて、気軽に楽しみに行って欲しい。

制作費30億円というと映画としては低予算だけれど、安っぽさは全然感じない。
ほんのちょっとだけグロいけど、必要最低限で、嫌じゃない。
昆虫っぽいエイリアンでさえ、見ているうちに何だか愛敬を感じてくる。
アパルトヘイト問題をモチーフにし、しっかりと現実を織り込んだストーリーも良い。
人の嫌な面というか、カッコ悪さが全面に出てくるけど、説教臭くないどころか「人ってそんなもんだよね!w」と見ているうちに親近感が湧いてきて、最後のパワードスーツでの戦いなんかもう燃えますよ。
で、最後の最後、
ヴィカスの奥さんに届く一輪の造花。
それを作ったのは・・・・

グッとくる。


女性客はそれほど多くはなかったけど、映画館のあちらこちらからグスグス泣く音が聞こえてきてた。

district 9 scene4 district 9 scene5

いやぁ、いいものを見た。
色んな点で『アバター』と対比出来て、これは言うなら『裏アバター』って感じだけれど、個人的には断然こっちの方が面白いと思った。

この映画を見て「嫌だ」って言う人は、そうだな・・・


うちに帰ってプリキュアでも見てろ、な?


と微笑んで言ってあげる位しか出来ないかな!

まぁ、見たこともないプリキュアを馬鹿にするつもりは無いけれど。


続編、あるかも知れませんね。
異星人クリストファーは地球に戻ってくるかもしれないし、来ないかも。
それどころか異星人達が「同胞を迫害しやがって!」と地球に攻めてくるかもしれないし、ただ同胞を迎えに来て帰っていくだけかも。それとも。
いや、下手に蛇足な続編なんか作らずに、圧倒的な絶望の未来もあり得る中で、希望が美しいあそこでラストとしておくのが一番かもね。



まぁ、俺が書けるのはこんなもんですが、自分の言いたいことはこちらにもっと的確に書かれているので、興味のある人はどうぞ。
『すきなものだけでいいです/第9地区』
http://sukifilm.blog53.fc2.com/blog-entry-665.html


あと、プリキュアをくさしてしまったようなので、

罪滅ぼし代わりに、漫画『ハートキャッチ(心臓鷲掴み)・プリキュア』を掲載しておくね。

まさに蛇足。

[この記事の続きを読む]
テーマ:映画感想
ジャンル:映画
2010年04月14日 (水) 12:54 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 迷惑電話 | | | Edit |
『もう我慢出来ないからダースベイダーで悪質マンション販売業者と対談する』



というネタを、本気でやろうかと一瞬考えた今日この頃。(笑)


とかく、FRMとかいう投資不動産販売会社からの迷惑電話がうざい。ぱないの!

以前は会社で上司宛にしょっちゅう電話がかかってきていたが、最近、自分宛にもかかってくるようになった。
本人不在とか転勤したとか退職したとか死んだとか言ってもしつこい。
たまに誰かが「業務妨害で訴えるぞ!」と怒っても、効き目ない。
お互い時間の無駄だと思うんだけど・・・なんでこんなにしつこいかな?
電話を取った自分本人宛だった場合でもしれっと偽名を名乗って適当にあしらっていたが、昨日は内線直通電話にかかってきたので「ハイ、××室○○です」と名乗って出たら、このクソ業者だった。

なんで番号知ってんだ。死ね。

ついに 「初めまして!」 とか言われちゃったよ、もう。

興味ないんで、って切ったけど、きっとまたかかってくるんだぜ。


仕方ないのでググってみた。


--------------
会社名:
 株式会社エフアールエム
 (FRM,FR,フューチャーリアル,フューチャーリアルエステート,フューチャーリアルエステートマネージメント)

取り扱い商品:
 不動産,保険

主な担当者:
 コウト○様、ヒコ○カ様、○ガシマ様

特記事項:
 電話の頻度が尋常でない。
 昼休みに電話してくることもある。不愉快極まりない。

勧誘電話の発信元について:
この会社は投資不動産販売会社ですね。
歩合制のため(就職斡旋雑誌より)、非常にしつこく、担当者も結構変わります。
FRM、FR、フューチャーリアル、フューチャーリアルエステート、フューチャーリアルエステートマネージメントとその都度微妙に名前を変えてきます。

リクナビ2011など記事:
自社ブランドマンション「Verona」の販売を行います… 購入頂いたお客様にはそのお部屋を賃貸マンションとして貸し出して頂き家賃収入を得られるような… 年に一度の海外研修旅行… 年功序列制度が無く、入社年数に関係なく結果を出した社員には…
http://job.rikunabi.com/2011/company/top/r163110086/
--------------


以上、主にブログ「新横浜勧誘電話博物館」(http://leon3rd.cocolog-nifty.com/salmon/2005/07/post_1011.html)の記事から抜粋。


まぁ、案の定なんだけど、迷惑勧誘の会社として有名なのね。


実際に電話をやめさせるのに何か良い方法無いかな~と思った時に、『もう我慢出来ないからダースベイダーで悪質マンション販売業者と対談する』を思いついた。(笑)

いやぁ、「会社に資料をお持ちさせて下さい!」とか言ってたから、その資料とやらを持って夕方の営業時間後に会社(応接)に来てもらって。
ベイダーマスク被って登場して。
その姿をほかの社員に見られても問題・・・無いな。うん、無い。
あとはマスクについて必要なら「生命維持装置なんで」とか言って真面目に堂々と振舞って、さっさと本題に入らせて、2分ほど聞いて、あくまで紳士的にひとつふたつ突っ込んで、反論を適当に聞き流したあたりで、「そんな事よりサメの話しようぜ!」とか唐突に言ってみて。
その反応を見たところで、「仕事に戻る」と紳士的に和やかに有無を言わさず場を切り上げる。
トータル5~6分。
モザイク編集後、その動画をブログにUP。

(向こうが上司と2人で来たら、ちょっと路線変更して対応)


笑える寸劇に仕上げられそうな自信が結構ある。

しかし・・・・

何ていうのかな、スーツを着た暗黒卿にはもっと無邪気な存在でいて欲しいというか、ダークサイドのくせにお茶目に無邪気だからこその良さ、そこがキモだと思うんですよ。
たとえ笑えたとしても、この悪意はキャラクターにそぐわない、と思います。
いかがなもんでしょう?
再考の余地がある、っていうかボツだなこれ。


社員も、頻繁に敵意すら向けられて心身を疲弊させつつ頑張ってるんだろうけど、小さな事からコツコツと、とりあえず俺に電話かけてきた営業の人から死んでくれればいいと思うよ。


テーマ:不動産投資
ジャンル:株式・投資・マネー
2010年04月02日 (金) 15:22 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 亀有って千葉県だったんだな(´・ω・`) | | | Edit |

moblog_fdc90ac4.jpg


この3週間ほど、千葉県との県境で仕事してます。

そこの現場事務所に一週間ほどのヘルプで来た・・・はずが、既に3週間。
更にあと一週間くらいかな。

何をしてるかって言うと、またトラブル対応ですね。

粉飾決算しようとした人がいて懲戒処分になったんだけど、その後始末。
3月末の年度内までにその人がやってきた誤った経理処理を修正し、同時に4月末頃に予定されている公認会計士監査に向けて資料を作る。
第3者である公認会計士に納得して貰う資料を作る上で、自分もまた第3者であり専門家ではなく難しいことを考えるのも苦手な人間である事が有効なんですね。w
ただ、当事者に用意させたりした膨大で雑多な資料から、簡潔でキレイなストーリーを見出し、纏め上げていくのは結構難儀で時間がかかる。
余計な資料もあるし、「ジェバンニが一晩でやってくれました」せざるを得ないものもあるし。(謎)
不謹慎かもしれないが、それなりに楽しんでやってます。

まぁ、トラブルが起きた事はもう事実なので、あとは正直に公認会計士に報告して、最終的に会社の有価証券報告書を認定して貰いさえすればOKなわけです。

この仕事に頭を使っていたせいで、自分の日記を書く方までは頭が回らなかった・・・。


ジェバンニが一晩でやってくれました



ところで、最初にこの職場に来たときにひとつ驚きました。


通勤で乗ったJR常磐線が北千住を出て、荒川を越えて、「あぁ、千葉県に入ったな」と思ったんですよ。


そして綾瀬って駅に着いて、「うん、千葉だ」って思ったんですよ。


更に次の駅までしばらく走って、着いた駅名が『亀有』じゃないですか。

某マンガで地名だけ知ってた亀有。

そういや実生活で一度も聞いたことの無い地名だったけど、こんなとこにあったのかーっ!

こちら千葉県亀有公園前派出所!?


ちょっとしか読んだ事無いけど、某マンガには江戸っ子代表ってイメージがあったんだけどなぁ。(´・ω・`)


うん、冷静に考えれば、つまり、ここも住所的には東京都って事なんだろうな。
(つまり綾瀬も東京ってこと?素で知らんかったw;)



※明日の夜、上野で花見予定です。
暗黒面だけど、特にネタは用意してません。(笑)


テーマ:息抜き
ジャンル:就職・お仕事