2017年06月02日 (金) 14:00 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 呼子の海中展望船「ジーラ」に乗りました | | | Edit |
先日(3月)、久しぶりにイカの活き造りが食べたいな、と思って親子3人で呼子に行って、ついでに有名な朝市を歩き、海中展望船に乗り、さらについでに唐津城にも寄ってきました。


呼子(よぶこ・佐賀県唐津市呼子町)はイカで有名な、田舎の小さな港町です。
しかしその「呼子のイカ」を町の漁業の特産品として全国区のブランドにまで育て上げる事に成功しており、町には大勢の観光客がイカを求めてやってきます。呼子で食べることが出来る「イカの活き造り」は、その甘みと歯ごたえが格別ですよ。

車では、福岡市の中心部から、高速道路(西九州自動車道・福岡前原道路)を使えば1時間半程度で行けます。


1.朝市

今回はブランチ(早めの昼食)を食べようと出てきたので、初めて午前中に呼子に到着しました。

すると、そうだ、朝市があったじゃなイカ!

DSC_7861.jpg


石川県輪島と岐阜県高山に並び、日本三大朝市のひとつと称される呼子の朝市。
大正時代から開かれているとかで、現在は、元旦以外の毎日、朝7時30分から12時まで開かれます(さすがに台風などの時は休み)。全長約200mの朝市通りには50軒近くの露店が並び、名物のイカの一夜干しやいかしゅうまい、魚、アワビ、サザエ、野菜や花などが売られます。

嫁は、獲れたての生ウニをその場で剥いてもらってスプーンでパクリ。

娘(1歳)は、ところどころにあるイカを干す機械、その名もズバリ「いかぐるぐる」に興味津々。干されたイカは炙って食べると美味しいですよ。お土産におすすめ。

DSC_7875.jpg


2.イカの活き造り

朝市を抜けて、今回は「いか本家 本店」で「イカ活造り定食」を食べました。

DSC_7865.jpg

いか本家 本店 - [食べログ]
https://tabelog.com/saga/A4102/A410201/41000546/


こちらのお店のウリは、ゲソのおどり食い。最初に店員さんがゲソ(下足)を何本かハサミでカットしてくれて、うねうね動くそのゲソをさっと醤油につけて食べます。プリプリのゲソと舌に貼りつく吸盤の食感、噛むと染み出してくる甘みが最高。透明な身を刺身で味わった後は、残ったゲソと身を天ぷらに揚げてもらえて、それもまた美味。定食にはいかしゅうまいも付いているので、味わいつくした感になれます。
ちなみにこの店は、呼子港を望む窓の外の景色もなかなか良いです。

DSC_7871.jpg DSC_7872.jpg


と、イカの活き造りについては、以前の記事で少し取り上げた事があったので今回は省略するつもりでしたが、思わずしっかりお勧めしてしまいました。
他にも色々な店がありますので色々と行かれると良いでしょう。人気店はちょうどお昼時に行くと1時間ほど待つ事になったりするので、少し時間を外して行くのがオススメ。大型連休などで何かイベントがあったり、テレビで呼子が紹介された直後だったりすると、町中がかなり混雑する事があり、そういう時には夕方には多くのお店でイカが売り切れて営業終了してしまったりもするので、時間に余裕をもってお出かけ下さい。

そんな時に、時間を調整するために出来ることのメインとなるのが、

町(漁港)の中心にある「マリンパル呼子」から出ている観光船、七ツ釜遊覧を楽しめる「イカ丸」と、呼子(玄界灘)の海の生物を鑑賞できる半潜水型海中展望船「ジーラ」です。


イカ丸については以前の記事で取り上げましたし、それに今回は子供(1歳)がより喜びそうな「ジーラ」の方に乗ってみましたので、そちらの様子をご紹介します。


3.海中展望船「ジーラ」

クジラ型の半潜水型海中展望船、ジーラ。

DSC_7876.jpg DSC_7899.jpg

(ピンクとブルーの2艘があります。)

公式HP: 海中展望船ジーラ|マリンパル呼子
http://www.marinepal-yobuko.co.jp/zeela.html


イカ丸とジーラは、それぞれ1時間に1本(イカ丸が毎時30分、ジーラが毎時0分)の出発が基本です。
所要時間は40分
但し、2艘ずつあるので、混雑時には30分毎に運行されます。

 【ジーラの料金】
  大人(中学生以上)…2,100円
  小人(小学生)…1,050円
  ※幼児は大人1名につき1名無料。


ちょっといいお値段。
イカ丸も似たような値段ですが、両方に乗るチケットは少し割引が付きます。


ジーラの船内は左右に大きな窓が並んだ展望室。海面下約1.2m。

DSC_7877_132518.jpg DSC_7879.jpg


こういう生き物(魚)達が見られるらしいです。

img_12.jpg img_13.jpg


ジーラは出航すると、10分ほどかけて港を出てすぐの鷹島沖の浅瀬へ。
航行中はもやがかって鈍く水色に光る海中しか見えませんが(視界2~3m程度)、到着した場所では視界5~6m程度。魚はいるかな?と目を凝らしていると、すぐに魚の群れが現れました。

DSC_7880_132554.jpg DSC_7884.jpg


黒鯛(チヌ)、かな?

DSC_7892.jpg


船の左に、右に、と目の前をずいぶんぐるぐる回ってくれるものだな、と、ん、あぁこれは、デッキから餌を撒いているんだな。
実は船頭さんがデッキから餌を撒いて、それを目当てに魚がやって来ているのでした。1時間(又は30分)に1回やって来るのだから、すっかり餌付けされているわけですが、まぁ別に構いません。船は20分間ほどそこに留まります。船の中から魚を眺めることに飽きたら、デッキに上がれば、船頭さんから餌を分けて貰えるので、子供たちに餌付けで遊ばせる事も出来ます。

港への帰りは、デッキの上で、呼子大橋などの景色を眺めながら過ごしました。
船酔いしやすい方は、往復とも移動中はデッキにいた方が良いでしょうね。

DSC_7893.jpg DSC_7898.jpg

DSC_7918.jpg



さて、これで今日呼子でやろうと思っていたことは一通り終了。

あれほど朝市で賑わっていた朝市通りは、午後には(12時を過ぎた途端に)人の気配が無くなります。
他に呼子で出来ることとして私が思いつくのは、

鯨組主 中尾家屋敷
朝市通りにある江戸時代に呼子が捕鯨業で潤っていた頃のお屋敷。重要文化財として保存・公開されています。(有料)
呼子大橋や、それを渡った先の加部島にある公園に行く。
●もうちょっと足を伸ばして、玄海海中展望塔も良さそうです。(ジーラよりいいかも?笑)


参考リンク: かめきちの水族館ブログ 波戸岬 玄海海中展望塔
http://kame-aquarium.blogspot.jp/2009/10/blog-post_12.html



しかし私たちは、ぼちぼち福岡への帰路につくことにして、その途中にある唐津城へ寄ってみました。


4.唐津城

DSC_7938.jpg


ちょうど工事中だったので城内へは入れませんでしたが、ぐるりと海や小さい島々、虹の松原を見渡せるその眺めだけでも行った甲斐がありました。桜の時期も綺麗でしょうね。

DSC_7945.jpg

DSC_7955.jpg


これで本日の呼子へのお出かけは終了。


呼子では1年中「イカの活造り」を食べることができます。ただ、種類は季節によって変わります。
「イカの王様」と呼ばれ、抜群の透明感や食感と甘みで人気のケンサキイカ(地方名、ヤリイカ)は5月~11月頃が旬。甘みがあり身が厚いアオリイカ(地方名、ミズイカ)の旬は11月~3月頃。笹のように細長く身が薄いヤリイカ(地方名、ササイカ)は強い甘みと短い下足が特徴で12月~2月頃が旬、との事。
いつどのイカを食べても美味しいので、イカの味と歯ごたえが恋しくなったらまた呼子に行きたいと思います。



参考リンク: 「なぜ呼子のイカは全国ブランドになれたのか」 - 東洋経済オンライン
http://toyokeizai.net/articles/-/84762



呼子のイカはなぜ美味い?
野村 祐三
幻冬舎メディアコンサルティング
売り上げランキング: 678,242


スポンサーサイト
テーマ:日帰りお出かけ
ジャンル:旅行
2017年05月16日 (火) 22:26 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 東京日帰り出張であるからに | | | Edit |
20170517200020702.jpg

誰だ、全国から担当者を集める会議を火曜日午後に設定したバカは!と毒づきつつ、飛行機に乗って東京まで日帰り出張してきました。
山手線の、特に恵比寿~新宿間なんて、めちゃくちゃ見慣れた景色なのに随分久しぶりでしかも通り過ぎるだけというのが何とも不思議な感じがいたしました。私の場合、東京には実家があるし、友人も色々います。せめて一泊したかった。会議も午後一時ジャストから始まるから、職場が近い誰かとランチを共にする事すら厳しいというクソ日程(言葉が汚くて失礼)。同じく福岡から同会議に参加した課長さんは、東京に家族を残し単身赴任中の身ですが、今回東京に日帰りする事を家族には言わなかったそうです。いやはや。もう一人、一般職の女性も参加でしたが、こちらには良い上司ぶって「次の日は有給取って、一泊してきなよ」と勧めておきました。
とまあ愚痴っていても仕方が無い。
結果的には、ちょっと余裕を持った時間の飛行機を予約していたこともあって、昼と夕方にそれぞれ1時間ちょっとの一人の自由時間が出来ました。せっかくだから何か東京ならではの事を・・・、池袋パルコで開催中の『東京クリエイターズ・ファイル祭』に行こうかな?でもここで無理して見なくてもこの展覧会は8月に福岡にも来るし・・・、特に思いつかなかったので、とりあえず嫁が大好きな新宿のお伊勢丹へ。せっかくだからと、伊勢丹新宿店限定のスイーツを、嫁(&娘)と職場への土産に購入。

・フィーカ(Fika)の北欧クッキー

伊勢丹・・・、昔(結婚する以前)は、ちまたにある百貨店のひとつという認識しか無かったのですが、今回はここの地下食品売り場(上階もですが)は品揃え、陳列方、店舗配置、販売員の社員教育など全てにおいて、地方都市(福岡含む)の百貨店とは格というよりもう次元が違うんだなと感心してしまいました。凄い。
そう感じるようになった私も変わったものです。

あとは羽田空港で、嫁から「時間があったら」と頼まれていた土産も買わなくては。
福岡では買えない(ネットでは買えるけど送料がバカバカしい)のだそうで。

・よーじやの手鏡 (ついでに勝手にハンドクリームも)
・ベルンのミルフィーユ (嫁用と嫁友人用、更に夏季限定味のやつも)


もっと何か無いか!?
せっかくだから!せっかくだから!もう土産を買う手が止まらない。

・アイボリッシュ(Ivorish)のコンテナ(ベリー) (フレンチトーストとチーズプディングをからめた菓子)
・カルビープラスの江戸じゃが(ポテチ)


これら全て(羽田空港)限定商品。全て自宅用。一つのビニール袋にまとめて貰っていたけれど、もうパンパン。
X線検査を通って出発ゲートに向かう途中、今度は伊勢丹羽田空港店に出くわしました。そうだ、ここにもあったんだった・・・

・伊勢丹羽田空港店限定の飛行機柄のピンクのトートバッグ(900円)

これは飛行機とピンク色が大好きな娘用(2歳)。
ケーセンの柴犬のぬいぐるみ(中)も可愛くて思わず買いかけました。2万円超の値段を見てやめたけれども。店を出がけには、アシーナニューヨーク(ATHENA NEW YORK)のレディース帽子の初めて見るデザインを見かけて写メをパチリ。帰ったら嫁に見せよう。

気が付けばお土産を大量購入していました、というか、なんなんだ俺のこの女子力は。
お土産は最低限しか買わない、職場向けには買わない、のが私の常です。先日の台湾旅行でだってそうでした。それもこれも火曜日午後に会議を設定したやつが悪いのだ!そうだ!

と、こんな風にしていたせいで晩飯を食う時間は無くなり、搭乗ゲート前の売店では手ごろな弁当は売り切れていたので、ビール500ml缶だけ購入(1500円の焼肉弁当は高いと思う謎の金銭感覚)。飛行機の中で離陸と同時にプシュッとやったのですが、考えてみればアルコールを購入して機内に持ち込んだのも今回が初めてだった気がします。
今は福岡の自宅近くの定食屋(独身時代によく来てた店)にいます。すっかりお腹が空きました。男性ばかりが1~2人ずつ点在する店内の小さなテーブル席に座って、辛味噌鉄板定食と生中を頼み、コロッケやイジリー岡田のモノマネ芸が流れるテレビを見上げながら過ごすこの時間。落ち着くような、落ち着かないような。。



買い物とわたし お伊勢丹より愛をこめて (文春文庫)
文藝春秋 (2016-04-15)
売り上げランキング: 44,924

テーマ:贈り物・プレゼント
ジャンル:ライフ
2017年04月28日 (金) 03:13 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 『水曜どうでしょう』の聖地 HTB(現)本社前のあの公園に行ってきた | | | Edit |
明日からゴールデンウィーク!というタイミングで難だが、1年前のGWに行ってきた場所についての記事をアップする。

その場所とは、有名なTV番組『水曜どうでしょう How do you like Wednesday?』で、その前枠・後枠(番組本編の前後にある次回予告等のワンコーナー)の舞台となっている例の公園、平岸高台公園である。

DSC_6479.jpg

尚、この公園に一度行ってみたいと思っている『水曜どうでしょう』ファンは、今から一年以内(出来れば2018年3月まで)に行ったほうが良い。
公園の斜め後ろにあるHTB(北海道テレビ放送株式会社)本社が、2018年春頃には札幌市中心部へ移転してしまう予定なのだ。移転後に今あるHTBビルはどうなるのかは、発表されていないので分からない。取り壊されてしまうのか・・・何らかの形でしばらくはHTBの施設として残るのか。そして、そうなると『水曜どうでしょう』の前枠・後枠の舞台はどうなってしまうのか、それも分からない。流石に大通公園がその舞台となる事は観光客やギャラリーが多過ぎるので無いと思うが・・・はてさて。(移転計画詳細については後述)


DSC_6471.jpg DSC_6474.jpg

私が平岸高台公園に行ったのは、昨年のGW。
北海道(札幌)ではGWはちょうど桜のシーズンであり、この時公園にも桜が咲いていた。(ただこの公園は桜の名所ってわけじゃない)
なかなか広い公園だった。
わざわざ魚眼レンズを持って行って、我々と同じように『水曜どうでしょう』聖地巡礼(笑)中のカップルに写真を撮ってもらって、かなり近寄って写真を撮ってもらったにもかかわらず、上の通りの仕上がり。番組ではカメラが出演者(鈴井貴之&大泉洋)にぶつかる寸前まで近寄って撮っているんだなー。

DSC_6486.jpg DSC_6493.jpg


もちろん、HTB(現)本社にも立ち寄った。

 公式HP: HTBにお越しになるみなさまへ
   http://www.htb.co.jp/htb/info/


20160505_105318.jpg DSC_6465.jpg

『水曜どうでしょう』衣装・小物展示コーナーは常設らしい。
この時(2016年5月)は、DVD第24弾「ユーコン川160キロ~地獄の6日間~」が発売されてすぐの頃だったので、その関連グッズ(大泉洋が着用した衣装など)が展示されていた。

DSC_6470.jpg DSC_6467.jpg

HTBロビーには番組関連グッズの自動販売機やガチャガチャのコーナーもあり、ひっきりなしに『水曜どうでしょう』ファン(藩士)が訪れていた。また、入り口の警備員さんもすすんでカメラのシャッターを切ってくれたりして親切だった。


HTBと公園を訪れた後は、その近くの有名な札幌ラーメン店「さっぽろ純連 札幌店」に行ったが、まぁそれは別のお話。
ただ、味は福岡店と一緒だったかな・・・?少し違ったような気もしたけれど、子供が並んでいる最中から泣いてぐずってしまい大急ぎで食べたのであまり味わって食べる余裕が無かったのでよく分からない。

DSC_6494.jpg



最後に、HTB移転情報をまとめておく。

現在のHTB本社があるのは札幌市豊平区(南平岸)。
そこから中央区(北1条西1丁目)へ移転する。
大通公園近くの札幌市の中心部である。
HTBはそこで行われている「札幌創世1.1.1区北1西1地区第一種市街地再開発事業」に保留床取得予定者として参画し、新築される高層棟へ入居予定である。現社屋の約1.7倍の規模となる。
その再開発事業により建設中の超高層複合ビル(全体)の名前は、2016年12月に「さっぽろ創世スクエア」に決定した。高さ約124mの高層棟にはHTBの他に朝日新聞社などが入居、高さ約64mの低層棟には2300席のホールを備えた札幌文化芸術劇場や、札幌文化芸術交流センター、札幌市図書・情報館が整備される予定である。
設計は日建設計・北海道日建設計JV。施工は大成建設・岩田地崎建設・伊藤組土建・岩倉建設・丸彦渡辺建設JV。ビルは2018年3月に完成し、劇場等は2018年10月7日にオープンする予定とのこと。
尚、このビルが完成する2018年はHTBの開局50周年にあたる。新社屋への移転は開局50周年記念イベントの一環であるらしいので、新ビル完成後はすぐに移転を開始するのではないだろうか。冒頭に、2018年3月までにHTB現社屋と公園を訪れることをお勧めしたのはそういう理由である。

ちなみに、2030年度には北海道新幹線札幌延伸も予定されていることから、札幌市内では再開発が目白押しのようだ。北1西1を含めて5地区で再開発事業が動いているみたい。
発展していくのは良いけれど、少し寂しくもある・・・と思うのは私がおっさんだからだろうか。
新社屋の高層ビルの上には、onちゃんの姿は無いのであろうし・・・


HTB-Sapporo-hq-01.jpg


テーマ:北海道
ジャンル:旅行
2017年01月10日 (火) 02:23 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 富士山 ~「君の名は。」風~ | | | Edit |
DSC_7496.jpg

富士山に行ってきました。

割と良い感じの写真が撮れて嬉しいのでアップ。
雲、特に飛行機雲がいい感じだと気に入っています。
飛行機雲はアニメ映画『君の名は。』っぽくもあるなと思ったけれど、隕石(や流れ星)じゃなくて飛行機雲だから良いんだよなと思いなおした。
この後、私もこんな飛行機の一つに乗って福岡に戻ってきました。
明日から仕事だー。


テーマ:富士山
ジャンル:写真
2016年08月31日 (水) 23:08 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 最高で猛暑、最低でも猛暑 | | | Edit |
今年の夏は暑かったですね・・・
いや福岡はマジ暑かったんですよ。特にお盆休み中(8月中旬)は連日、最高気温が36度以上という猛暑日が続き、那覇(沖縄)よりも暑い、毎日晴れてるのに暑すぎるから外出先が限られてしまい全然嬉しくないという、そんな夏休みでした。
春頃から今年の夏は記録的な暑さになると予報されていましたが、本当にその通りでしたね。

まぁ、そうは言っても、ちょうどうちは1歳の娘が玄関から靴を持ってきては外出したいアピールをしてくる状況だったので、近場の範囲ですが積極的に外出していました。
水族館等の屋内施設とか、若干涼しい山の方の公園で遊ぶとかぶどう狩りとか。車で大体1時間圏内に何でもあるのが福岡の良い所ですなー。

    マリノアシティ福岡でピカチュウゲットだぜ!    下関はい!からっと横丁でもピカチュウゲットだぜ

特に田主丸(福岡県久留米市)でのぶどう狩りは良かったです。オススメ。
田主丸には約70軒のぶどう狩り農園が密集しており、それぞれ最初に試食をさせてくれて、それが気に入ったら狩りを申し込むという手順になっています。
私の場合は、最初に訪れた1軒目の試食で、そこで娘には生まれて初めてぶどう(巨峰)を食べさせたんですが、娘がいたく気に入って「」と呼んで指差して食べたがり、試食が終わると農家のお姉さんの目の前でゲップ。

「アハハ、娘さん、ぶどう好きなんですか?」
「いえ、今生まれて初めて食べさせたんですけど、ずいぶん気に入ったみたいで」
「それは嬉しいです!」

確かにそれは農家の人としては凄く嬉しいだろな・・・。という流れで、そのままその農園でぶどう狩り。
実際、美味しいぶどうでした。一言でいうと、食べやすい。味は程よく甘く、苦み渋味も無くていくらでも食べられる。皮も剥きやすかった。個人的に巨峰は自分でお金出して買いたいとは思わない程度にしか好きじゃなかったんですが、ここのは気に入りました。
ちなみに、そこは田主丸秀峰園というぶどう園。
http://tanushimaru-budougari.com/en_pages/en76_syuhouen.html
また行きたい。同じ農園でもいいし、今度は他のところに行ってみてもいいし。
これはこの夏の良い思い出。


一方、苦い思い出は、渋滞。
ある日、お盆の帰省する人と、関門海峡花火大会に向かう人とかで通行量がめっちゃ増えている九州高速自動車道のあちこちで交通事故が同時多発するという事がありましてね・・・。
久しぶりに本当にひどい渋滞を味わいました。
数キロの事故渋滞を抜けたら、そのすぐ先でさらに長くてさらに動かない渋滞が待っているという。
最初に書いてたように猛暑の昼間だから、車内でエアコンをガンガンに付けていても、停止した車の運転席は超暑い。幼児をあんまり長時間チャイルドシートに座らせ続けるのは良くないと思いつつ、出口にもサービスエリアにも一向に近付かない。やがて3つ目の渋滞で絶望し始めた頃、娘が昼寝から目を覚ましてぐずりだし・・・という段になった時には本当にしんどかったです。
もうね、見知らぬ、事故を起こした人へのイライラがMAX。「こんな時の事故は怪我人救出さえしたらあとはさっさと残骸を路肩にどかして渋滞解消最優先で処理すべき!」とか「保険の過失割合?100対100でいいじゃん!」とか「最高で免許停止、最低で死刑!」とか。頭の中も身体もフットーしそうでしたよ。まぁ、そんな乱暴なイラつきは妻子の手前、内面だけに留めましたが。
しかしこの30km以上にわたって並んでいる数千台の車内には数万人の人がいて、その多くが程度の差はあれ同じように同じ人に対してイラついてるんだろうなと思い、もし自分が事故を起こした側でそれだけの怒りを一身に負ったらと想像すると、それは恐ろしい。
この日は結局、高速道路を途中で降りて、目的地を変えて北九州のスペースワールド内にある日本最大の屋内砂場で子供を遊ばせました。これもやはり生まれて初めての本格的な砂場遊びに子供は大満足。
結果オーライな一日だったけど、さすがにこの日は父は疲れたよ。

そんなこんなで、ずっと福岡近郊で、俗に言う家族サービス(好きな言葉じゃないけど)に徹して今年の一週間の夏休みを過ごしたのでした。


(期待してなかったけど、始まってみるとリオ・オリンピックも結構盛り上がって面白かったなぁ。)


gazou_0300.jpg


テーマ:福岡
ジャンル:地域情報