2015年11月19日 (木) 01:08 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 夜の世界旅行 (2007年頃の話) | | | Edit |
このブログには、「アブダビ 風俗」という検索キーワードでいらっしゃる方が後を絶たない。
なるほど、試しにGoogleで検索してみたら2番目くらいの上位に当ブログの記事が出てきた。

当時のその記事を読み返してみて自分が書いた頭の悪い文章に我ながら辟易とした、という感想はそれはそれとして、需要にまるでお応えしていないその情報の薄さに申し訳ない気持ちが湧いてきましたよ。2ちゃんねる辺りを漁れば新しめの情報も仕入れられるんでしょうけれども、せっかくだから古い情報ですがもう少し詳しく記録しておくことにしました。

その情報をどう使うかはあなたの自由ですが・・・、

この記事では売春婦の集まる場所(バー等)を持つホテルの具体名と各特徴を列挙します。
それらは特別ないかがわしいホテルというわけではなくて一般のホテルである為、中東・UAE(アブダビであれドバイであれ)を旅行する際には、特に女性や小さな子供連れの旅行者にとってはそういったホテルの利用を避ける事が、楽しい旅行をする為にけっこう肝要であるという事は覚えておいて損はありません。宿を決める際には、星の数と値段と場所とホームページの写真だけで判断せずに、口コミ情報なども調べましょう。

~ ~ ~ ~ ~ ~ ~

UAE(アラブ首長国連邦)の首都アブダビ。

イスラム教圏なので様々な制約があります。一つは酒。
在住外国人(異教徒)が役所で酒購入許可証を取得すれば、国内にわずかながらある酒屋で個人宅用に酒を購入してくることができる他、外国人用ホテルの中のレストランやバー、クラブで酒を飲むことが出来ます。ただし、酒を提供する許可を得ているホテルに限られるので、全てのホテルというわけではありません。主には高級ホテルです。
更にその酒を提供するホテルのバー等のうちの限られたいくつかに、売春婦が集まっています。ホテルのオーナーの意向によるのでしょう。売春婦の立ち入りを禁止しているホテルもあります。買って連れ帰ってきた売春婦がホテルのロビーで係員から追い出されてしまったという話もいくつか耳にしました。

さて、先に断っておきますが、以下は10年前の情報です。
それと、性風俗については私個人的には興味が無く、基本的には行きません。人付き合いで数件の店に行き、実際に2回くらいは売春婦を買った、そんな程度の経験に基づく情報だという事もご承知おき下さい。



1.メリディアンホテル 4つ星 Le Meridien Abu Dhabi (ツーリストエリア)

アブダビで一番大きく且つ高級(?)な売買春クラブがあったのはこのホテル。
クラブは離れのようになっており、ホテル本棟自体は綺麗な高級ホテルです。
日本からの出張者を宿泊させるホテルとして、売春婦がいる他のホテルは使いませんでしたが、ここは何度か使っていました。

[この記事の続きを読む]
スポンサーサイト
テーマ:中東
ジャンル:海外情報
2014年01月15日 (水) 23:25 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 2014年賀 Happy new year | | | Edit |
明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

DSC_1733.jpg

写真は、「北極圏にいる梅宮辰夫」のモノマネをする私、です。
(上半身裸でなくてすいません)

年末年始はフィンランドへ旅行に行って参りました。
ここ数年間、まとまった休みには常夏の南の島でスキューバダイビング一人旅、というのが個人的な定番となっていましたが、今回は真逆の北極圏にオーロラ観賞の旅に行ってきました。
その旅行記も簡単にまとめてアップしようと思っていますが、結論を言うとオーロラは見られませんでした。
いや、正確には雲越しに数秒間だけチラッと見えたのだけれども、「見た!」と満足できるものでは全く無かったです・・・。かろうじて写真も撮りましたが、RAWで撮り損ねたので補正が出来ない・・・。(´・ω・`)
最近は日本も寒いし、アメリカとかの大寒波のニュースも見る中で、北欧のフィンランドは暖冬で北極圏でも気温0度前後。そのせいで雪が解け、それが雲になり、毎日曇り空が続き、年末年始を挟んでなんと3週間にもわたってオーロラが見られない日が続いたという記録的なオーロラ不作の状況でした。
そんな中、元旦の夜に雲越しながらチラッと観られただけでもラッキーだったと言えるのでしょう。
雲越しに見えたくらいだからよほど強く輝いたオーロラだったんだよ・・・たぶん・・・。


フィンランド・オーロラカレンダー(2013年11月~2014年3月版)
http://www.nordic.co.jp/guide_theme/aurora/a_c/2013_2014_sa/



帰国翌日、映画館で『ゼロ・グラビティ』(Gravity)を観たら、宇宙から見た綺麗なオーロラが映るシーンが。
この数年間は、オーロラの当たり年(強く輝く確率が高い年)とのことで、あの日もきっと雲の上ではこんなオーロラが広がっていたのではと少し感傷的になった次第。
映画も大変面白かったです。大画面で見るべき映画!

いつか(出来れば近いうち)のオーロラ・リベンジを誓う私でした。


それにしても日本寒いですね。
福岡も、今朝山奥にある事務所に来てみたら一面うっすら白い雪景色でした。
そんな寒さの中で、フィンランド旅行用に買い込んだ防寒下着(主にユニクロのヒートテック)と、年末にプレゼントで頂いたカシウェア(kashwere)の毛布を、非常に重宝しています。

ユニクロのヒートテックは、数年前に人気が出た頃に試しに一着買ったものの、当時あまり効果も着心地も気に入らなかった覚えがあったのですが、あれから色々改良されたのかな?
今は特に不満ありません。

っていうか、カシウェア(kashwere)のブランケット!
t30-01s.jpg
http://www.kashwerejapan.com/shops/0020001.html

福岡が一気に寒くなった11月、今使っているリースの布団セットだけではとても冬を越せそうにないと感じていた頃に、ちょうどTV番組「王様のブランチ」でそのブランケットが紹介されたのを見て、欲しい欲しいと騒いでいたら心優しい人がプレゼントしてくれました。
驚いたことに、肌触りがいいし暖かいのは当然のこと、この品物の凄いところは(っていうか他にこの手の品に触れたり比べたりした事は無いのだけれど)、ベッドに入った瞬間からなぜか冷たくないところ。
ほんのり暖かいような気さえする。
布団が暖かくなってくるまで凍えて待つのが当然と思っていた自分としては、本当に驚きでした。


さて、寒さはまだこれからですが、陽はだんだんと伸びてきました。
あっという間に春も来るでしょう。
メリハリを付けて、今年も皆にとって有益な年でありますように!



テーマ:最近のお気に入り
ジャンル:趣味・実用
2013年06月22日 (土) 02:31 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パプアニューギニア(キンベ湾) スキューバダイビング 2013 【後篇】 | | | Edit |
さて、前篇はパプアニューギニア全般の魅力を推す内容でしたが、後篇では実際に自分が行った旅行で得たダイビング他の経験や旅の諸注意を書いていきます。


DSC_0077.jpg DSC_0169.jpg

DSC_0133.jpg DSC_0158.jpg

DSC_0071.jpg DSC_0072.jpg


今回(2013年4月)、私が訪れた海はキンベ湾。

パプアニューギニア北部のダイビングスポットの一つで、透明度が高く、サンゴが豊かに生い茂り、多くの回遊魚も見られ、又、湾であることからきつい潮の流れがありません。
そんな、ビギナーから経験者までが満喫できる海です。

私のように水中写真の練習をするのにはとても良い場所でした。


ここでダイビングをするには、キンベの街のはずれにある「ワリンディ・プランテーション・リゾート」というダイビングリゾートを利用する事になります。
このワリンディ・プランテーション・リゾートには、日本人のダイビングガイド(ケイコさん)もいるので、英語に自信が無い人も安心かと思います。

Walindi Plantation Resort
http://www.walindi.com/

[この記事の続きを読む]
テーマ:パプアニューギニア
ジャンル:海外情報
2013年06月20日 (木) 01:21 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - パプアニューギニア(キンベ湾) スキューバダイビング 2013 【前篇】 | | | Edit |
2013年、4月中旬。

秘境だと聞いたので、パプアニューギニアに行ってきました。(笑)

更に、この旅行に合わせて、水中デジタル一眼レフカメラデビュー!
全くのスキューバダイビング主体の旅行でしたが、知名度がとても低いパプアニューギニアについて、なるたけの情報も書き記しておこうと思います。
日本から、意外に行きやすい場所なんですよ。


パプアニューギニア政府観光局HP
パプアニューギニア政府観光局 HP
http://pngtourism.jp/


秘境だと聞いたので。

もうほんとにそんな軽いノリで、太平洋のどこかのジャングルっぽい島だったはず、という程度の認識しかなかった場所を行先として即決。

もう少しちゃんと書くと、激務でバタバタしていた3月末に突如、4月中旬に9連休を取れる事が決まり、即、旅行会社に「ちょうどダイビングに良いシーズンを迎えていて、丸1週間を使わないとなかなか行けないような場所はどこか」と問い合わせたところ、その返答で候補に挙げられてきた一つがパプアニューギニアでした。
「お問合せの条件ですと、タイのシミラン諸島クルーズか、マレーシアのラヤンラヤン島、ですかね。あとはパプアニューギニアもありますけど・・・」

タイのシミラン諸島はリゾートとして有名なプーケットから近く、岩の海中地形が面白い場所と聞いていていつか行ってみたい所ですし、マレーシアのラヤンラヤン島も3~8月の6ヶ月間のみオープンされる沖合300キロの珊瑚礁上のリゾートでかなり魅力的ないつか行ってみたい場所です。
でも、最後にひょっこり現れた、ノーマークで全く知識が無かった地名「パプアニューギニア」に惹かれてしまい、そこでインターネットで調べて見つけたパプアニューギニア政府観光局のホームページ(当記事冒頭にリンクを張ったもの)の内容が素敵過ぎました。


 「観光地としてはまだまだ知名度が低い」

 「地球最後の楽園」

 「美しい海と、山々の深い緑、長い歴史の中で受け継がれた伝統の文化」

 「日本から直行便が出ていて片道わずか6時間30分」、etc.etc.



しかもその週1回の直行便のスケジュールが自分の休暇日程にピッタリ合っているとか、もうこれは運命だと思いましてね。
正月・GW・お盆以外でまとまった休みを取れるのはこれが最初で最後かもしれない自分。
まさに、「いつ行くの?今でしょ!」


DSC_0012.jpg DSC_0186.jpg

DSC_0294.jpg DSC_0079.jpg

今回、この旅行を決めてから、ついでに水中デジタル一眼レフカメラのデビューも決心して、一式を大急ぎで購入しました。(カメラについて詳しくはまた別の機会の記事に)
納品は旅行出発2日前。(^^;)
それまで、コンパクトデジカメしか使ってこなかったので、とりあえず全てをオートで撮る最低限の操作方法だけを覚えて、初めて撮影するのが海中という無謀ぶりで、まずはそんな大きなカメラを持ちながらのダイビングに慣れるというテーマで挑まざるを得ず、まぁ、粗末な写真がほとんどです。

でもカメラが良かったので・・・カメラは奮発してNikon D800、綺麗に撮れた写真も少しはあります。
これが今回の旅行で撮った中で一番のお気に入り。↓

DSC_0093.jpg



さて、写真は分けてまた後で載せるとして、もう少しパプアニューギニアの紹介を続けましょう。

Papua New Guinea MAP (Yahoo)

パプアニューギニア独立国(Independent State of Papua New Guinea)。
場所は、日本からまっすぐ南下し、赤道を少し超えたあたり。オーストラリアのちょっと上。イギリス連邦加盟国。
世界で2番目に大きな島であるニューギニア島の東半分をはじめとする600の島々からなり、活火山を含む4000m級の山脈、ジャングル、美しい海を持ち、そこで500以上の少数部族がそれぞれの言語、習慣、伝統を守りながら生活をしている。公用語は英語。

簡単にまとめると、こんなところでしょうか。

さらに詳しくは、さきほどのパプアニューギニア政府観光局HP(http://pngtourism.jp/)や、下記、旅行会社のサイト等を見て下さい。

PNGジャパン
http://www.png-japan.co.jp/
(パプアニューギアニア専門の旅行会社。現地にも支店と日本人スタッフあり)

パプアニューギニアトラベルガイドブック
http://www.png-guide.com/index.html


また、このパプアニューギニア、旅行に行こうにも手に入る情報が極めて少ないのですが、ガイドブックもほぼ存在しません。
っていうか、あの「地球の歩き方」がありません。(笑)
でも、こういう本はあります。


パプアニューギニア (地球の歩き方 GEM STONE)
パプアニューギニア (地球の歩き方 GEM STONE)
NUMA
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 213,065

「地球の歩き方」パプア編が無い、と書いたばかりですが、このGEM STONEというシリーズはあります。
但し、内容は旅行用のガイドブックというより、写真を中心に真面目に歴史や文化を解説するもので、旅行情報は多くはありません。


PAPUA NEW GUINEA―PRISTINE PARADISE
PAPUA NEW GUINEA―PRISTINE PARADISE
舘石 昭
水中造形センター
売り上げランキング: 918,138

こちらは洋書っぽいですが、和書です。
カメラを買う際に、ダイビング用品店で見つけて立ち読みしました。
水中写真家による本で、GEM STONEと似た構成ですが、水中写真やダイビング情報が多めです。旅行情報も同じようなボリュームで載っています。


いっそ英語のガイドブックでも良いという方なら、やはりこれ。↓
海外版の「地球の歩き方」、ロンリープラネット。流石。
Lonely Planet Papua, New Guinea & Solomon Islands (Lonely Planet Papua New Guinea)
Regis St Louis Jean-Bernard Carillet Dean Starnes
Lonely Planet
売り上げランキング: 63,317



あとの本は、だいたい戦争体験記とかばかりになっちゃうんですよねー。
パプアニューギニア、ソロモン諸島は太平洋戦争中、日本軍が米国を中心とする連合軍と激しい戦いを繰り広げた場所だそうで、このパプアニューギニアを訪れる数少ない日本人の多くは、戦争の慰霊旅行に来るお年寄りのようです。

ただ、知ってみると、本当に見どころが多く、伝統文化も素晴らしいし、火山も温泉もあるし、釣りだサーフィンだといった娯楽にも知名度が低いのが勿体無いくらい魅力的な場所のようです。


kankospot_map.jpg
(先に紹介した旅行会社サイトから、地図と大雑把な見所図を転載)


今回のダイビングで見た、海中に沈むゼロ戦。

DSC_0049.jpg

このゼロ戦は撃墜されたのではなく、故障か何かで海に不時着したもので、機体に損傷は無く、パイロットも生きて脱出したもよう、との事。


さて、今回、私が訪れた海はキンベ湾で、「ワリンディ・プランテーションリゾート」という自然の中のダイビングリゾートに滞在したのですが・・・、そういった情報と、そこでの自らの生の体験、旅行に際しての諸注意等は【後篇】で!


DSCF0169.jpg

ニューギニア航空 (Air Niugini) HP
http://www.airniugini.jp/

日本からパプアニューギニア(首都ポートモレスビー)への直行便は、毎週土曜日に往復で飛んでいます。
今回は往復とも直行便利用で、土曜出発・土曜帰国の8日間の旅。
もちろん、オーストラリアなどを経由することで8日間以外の柔軟な日程も組めますが、やはり直行便が時間的にも金銭的にも無駄が無くて楽です。
直行便が週2便だった時もあるようです。今後また増えるかも?

上の飛行機の写真は、国内線。


ポートモレスビーの国際空港は普通に綺麗な空港でしたが、そこから国内線に乗り換え(分かりやすくて簡単)て、1時間のフライト後に到着したホスキンス空港は・・・・

えっ


DSCF0170.jpg



後篇 に続く)


テーマ:パプアニューギニア
ジャンル:海外情報
2013年04月14日 (日) 06:09 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - そうだ、パプアニューギニアに行こう | | | Edit |

成田から直行便で6時間半。
パプアニューギニアの首都に着きました。
国内線への乗り換えフライト待ち中。
ダイビングが出来て1週間で行けるなるべくマイナーな所、というほぼそれだけの理由で唐突に来てみたが、さて…何があることやら…(´∀`)
テーマ:モブログ・携帯ブログ
ジャンル:モブログ