2018年02月14日 (水) 23:52 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 会社のビルの暖房が故障して | | | Edit |
658431392369875.jpg

ウォームビズって言葉がある。
環境省が提唱したクールビスの冬版で、厚着によって暖房設備のエネルギー使用(によって生じるCO2発生)量を減らそうというキャンペーンである。
我が社もそれに乗って暖房が弱めな運転ではあったのだが、よりによって最も冷え込む季節に社屋ビルの暖房が故障した。

週明けに、今日はなんか寒いねえ、外は雪がちらついてるし弱暖房じゃ追いつかないんだろうな、なんて話しながら働いていたら、管理部から全社員に宛ててこんなメールが届いた。
「ビル全館の空調故障により暖房が使用できません。 修理を依頼しておりますが、復旧までに10日~1ヶ月かかる見込みです。 服装については、重ね着をする等、各自で保温効果を高めるようお願いします。 ご不便をおかけしますが、復旧まで今暫くお待ちください。」
ちょ、待てよ。
我が社って、ゼネコンだよね!?だったよね?

自社ビルの暖房復旧に10日~1ヶ月かかるってマジで言ってるの?



それから我々は約一週間のエクストリームウォームビズを味わったのである。


何の準備もしていない初日(故障当日)が一番きつかった。
夕方以降、外の気温が下がると共に社内もぐんぐん冷え込み、窓の外には雪が舞い、キーボードを打つ私の指先はかじかんで青くなった。とてもおとなしく座ってデスクワークをやっていられる状況ではない。自動販売機のホット飲料はすぐに売り切れてしまい、このビルの中で暖かい物はトイレの便座だけになった。誰もが「寒い、寒い」と呟きながら定時まで耐え、17時半を過ぎると一斉に帰っていった。 そうか、時短の為には暖房を切ればいいのか!(違)

翌日から、私はヒートテックとホッカイロを装備して仕事に臨んだ。幸い、数年前のフィンランドへのオーロラ鑑賞旅行のお蔭で防寒グッズは充実していた。ホッカイロは足の裏と背中に貼った。それでとりあえず働けるレベルになった。
中にはコートを着たままの者や、マフラーを着けている者もいた。
更に冷え込む夜間残業中は、女性社員が使っている足元のヒーターを拝借してきて、それで寒さを凌いだ。
俺は今、北極圏でオーロラを観ようとしてるわけじゃない、ただくそったれな来年度業績予想をエクセルで作りたいだけなんだ!

そんな最中、会社の支店長の自家用車が放火される事件が起きた。

先輩 「犯人はちゃんと要望を言ってくれないと、誰が何をして欲しがってるのかさっぱりわからんよな」
私 「寒いから暖を取りたかっただけじゃないですかね」
一同 「ハハハ」


そんな寒い冗談でも場が和むくらい寒かった。 ちなみに、未明に幹部社員の自家用車や工事現場内の仮設の何かに放火される事は我が業界ではよくあることです。いつも人身に危害が出るような大事にはならず、いつも犯人は逮捕されない。

エクストリームウォームビズ4日目、社内に灯油ストーブが登場した。
各フロアーに3個ずつ。
あの、この会社ってゼネコンでしたよね? とは思ったし、大都市中心部のビル内としては違和感のある光景だったのも否めないけれど、管理部がリース会社から手配してきたこの灯油ストーブで寒さは劇的に改善した。
さらにその数日後、週末を挟んで故障から10日目くらいに、暖房が(仮)復旧し、エクストリームウォームビズは終わった。
聞いたところによると、なんでも、空調機器の修理に必要な交換部品が製造中止になっていたため入手に一ヶ月かかる状況であったが、代替品でどうにか仮復旧が出来たそうだ。 その所為か今も日によって空調の効きが悪い日があるが、3月には新社屋に引越し予定ということで完全修理をする気は無いっぽい。

正直に言うと、「復旧までに10日~1ヶ月かかる見込み」とメールで読んだ時点で、この会社は修理をする気が無いんだろうなと思ってた(笑)。 どうせもうすぐ引っ越すからって。
先日、休日の夜に誰も居ないはずの男子トイレの電気(モーションセンサー式)が点いていてちょっと怖かった話をブログに上げたのだけれど、あの後、平日昼間に注意して見ていると、やっぱりしばらく誰も使っていなかったはずなのに電気が点きっ放しという状態をたびたび見かけた。
ちょっと前まではこのモーションセンサーが割りとビシアで、ウンコしている間に時々(湘南乃風の『睡蓮花』を聞きながらタオルを振り回してる人みたいに)手を振ったりしないとすぐ明かりが消えてしまっていたものだけれど、そういえば最近その奇行の必要は無い。でもたまに明かりが消えるあたり、単純にモーションセンサーが壊れてしまっているのだろう。
というか、男子トイレといえば、複数のフロアで大便器の水周りが数ヶ月前から故障しており(水が流れっぱなしになったり流れなかったり)、2つある個室のうち1つの扉がガムテープで閉鎖されて「使用禁止」の張り紙が付けられている状態のままなのだ。それが複数である。 まぁ、ゼネコンの自社ビルでそれで良いのかと思わないではないが、どうせ社員しか使わないし、どうせ数ヶ月以内に引っ越してしまうのだから、別に構うまい。(今思ったが、ガムテープで乱暴に封鎖された個室があるのになぜ「誰もいないはず」と言い切れるのかー・・・って考えるとちょっと怖い。笑) しかしこういう状況があったせいで、暖房の修理に時間がかかると聞いた時にもどうせ直す気が無いだけだろと思ってしまったのは事実である。

暖房が止まっていた一週間の後、社内ではインフルエンザと風邪が大流行した
ちょうど大寒波がどうとか日本のどこそこで大雪だとかのニュースが流れていたし、全国的にインフルエンザが流行しているというニュースもやっていた時期なので無理もない。
ただ、あのエクストリームウォームビズが無ければここまで社内で猛威を振るわなかったのではないか。
自分の身は自分で守るというのはそりゃあ基本中の基本だとは思うけれど、それならば尚の事、この会社は自家用車に放火された支店長に当面の新しい住居を探すのも引っ越すのにも警備もその手配も費用も会社もちで手厚くカバーしてあげるような優しさや漢気があるというのなら、それをもっと一般社員にも向けるべきだと俺は思うね。

これで最高益更新とか言われても、ねぇ。






スポンサーサイト
テーマ:建設業
ジャンル:就職・お仕事
2018年02月04日 (日) 21:01 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 雪降る日曜日の退社目標は夜10時 | | | Edit |
絶賛休日出勤中。
コンビニ弁当がらを捨てに行った時に、通り掛かった同フロアの男子トイレ内部の明かりが点いてる事にふと気がついた。
トイレの電気はモーションセンサー式。動くものが無ければ1分で消える。

最後の休日出勤仲間(女性社員)が帰ってからもう約2時間経ってるし、社内には俺一人しかいないはずなんですけど・・・。特に物音もしない。でも電気点いてる。
怖いんですけど。



1fb3d74fe8bdb3fed07787a8596b9974_400.jpg





テーマ:じわじわ来る怖い話
ジャンル:
2017年10月02日 (月) 12:24 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ノークールビズ | | | Edit |
クールビズが先週(9月)で終わってたのを忘れて、ノーネクタイで出社してしまった。
今朝から社内で感じていた違和感はこれか。 誰にも指摘されてないけど、さっさと今日は帰りたい。
でもジャケットも忘れたから、一足早く退社しようとして皆に「お先に失礼します!」つってノーネクタイ&ノー上着の姿に注目を集めるのも嫌だな!
「ネクタイ忘れたのか?」って聞かれたら「雨が降ってるから」とかわけわかんない返事しようかな。いいんですよ、理由なんて何でも。私が思うに、理由は中身よりもある(とされる)ことが大事なんです。多分。
先日ね、娘(2歳)が転んでひざを打った後、「痛い…」って悲しそうに呟きながらひざをさすってて、私は「痛かった?大丈夫?」って聞いたんですよ。そしたら満面の笑顔で即答したんですよ。「痛くないよ!あたしは可愛いからね!」って。理屈も説得力も無いのに納得するしかない。そういうことなんです。
その言葉と並べるのは難ですが、そういえば昔の兵法家・剣豪の言葉で「我が剣は天地とひとつ。故に剣は無くとも良いのです」というものもありますね。1500年代を生きた上泉伊勢守秀綱の言葉とされています。こっちもよく分からないものの、なんか深い気がするし、説得力も感じてしまう。
ではネクタイを忘れた理由をどう答えよう?
「ネクタイなんか要らないよ。俺はイケメンだからね」
あー、これは無理だな。イケメンじゃないもん。元ネタの言葉は娘が私に向かって言ったから殺人的な説得力を持ったわけで。使い手と相手を選ぶ言葉のようです。
では、我がネクタイは天地とひとつ?
ゴロが悪い。ネクタイってそもそも剣や男性器のメタファー(象徴)だそうだから、ここはこのまま「剣」で良いのではないでしょうか。あと言葉に説得力を持たすには、自信を持って発言しなくてはいけませんね。自信の演出・・・、ゆったりと構え、微かに微笑みでも浮かべながら言えば良いのかな?目は相手に感情を読み取らせやすい部分だから、あんまり相手と目を合わせ過ぎないようにした方がより良いかも。
つまりこうか。
「ネクタイを忘れたのか?」と聞かれたら、
曖昧な視線で、不思議と幸せそうな微笑を浮かべながら、「我が剣は天地とひとつ。故に剣は無くとも良いのです」としっかりはっきり言い切れば良いのか。
あれ?それをやるとネクタイが必要ないどころか、その後しばらく出社する必要すら無くなるような気がするね!すごいや、これが悟りかな?

テーマ:ひとりごと
ジャンル:就職・お仕事
2017年09月08日 (金) 19:04 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 続・残業200hとは | | | Edit |
少し前に『残業200hとは』という記事をアップし、その中で「10年前は残業200時間とかやってたなー、その頃は2週間の休暇を取った月ですら127時間の残業になったんだよなー」なんて懐かしく振り返ったのですが、何の因果か、その直後の2017年8月、

10連休の夏季休暇を取ったにも関わらず、残業時間が100時間を越えてしまいました。

出勤: 18日 (うち休日出勤:1日)
休日: 13日 (夏季休暇10連休含む)
普通残業: 52時間30分
深夜残業: 31時間
残業休憩: 21時間45分


実際は残業中の休憩なんて特に取っていないので、この月の残業時間は合計105時間

この歳ではもうこんな風には働けないと思っていたのですが、やってみると(やる羽目になると)意外とイケた、という感想もある一方でやっぱりかなり疲れました。
忙しかったのは、前期末に立てた今期の会社の業績予想(目標)を見直すという仕事。
これまで代々その業務をやる人がすごい残業をして大変そうだったのは知ってはいたけれど、担当が代わって実際に自分がやってみるとなるほどこれはヤバイ。
会社が一斉に夏季休暇に入る前日、この業務を分担していた先輩と上司からこう聞かれました。
「何日から休むの?」
もう一回言うけど、夏季休暇前日です。明日から休みに決まってます。
「いや、明日から休みますけど・・・」
「マジで?俺らは明後日まで出勤するよ」
「もう飛行機取ってますし」
この人達は単身赴任中で日ごろから気軽に休日出勤をしてはいますが、10連休にも家族の元に帰らないのでしょうか?いやいや、おかしいでしょ。というか、こんな直前までいつから休めるのか分からないようでは(かくいう私も飛行機のチケットを取ったのは更にこの前日(夏季休暇2日前))、結果的に10連休が取れたとしても折角なのに全然ありがたみが無いと思いませんか。私には、まぁ妻子ある今となっては現実的ではありませんが、もともと10連休をフルに使わないと行けないような遠隔僻地に、それも定年後のお爺さんになる前に、行ってみたい場所がいくつもあるのですが、あなた達には無いのですか。
と、休暇制度がどうとか、残業休憩時間の付け方がどうとか、業務改善がどうとかの細かい話はここでブツブツ呟いてもしょうがないので置いておきます。
そもそも更に長い休暇(2週間)を取って更に長い残業(127時間)なんてした時よく生き残ったな俺・・・。

まぁ、そんな事より、

こう、終電が無くなってタクシーで帰った事が先月は何回かあって、そのうち1回は朝5時になってしまって会社を出てもタクシーがなかなか捕まらなくてあやうく家まで歩いて帰る羽目になりそうだったなんて事もあったのですが、それでも家と会社が近くて本当に良かったです。
しかし来年の春に会社(支店)が引っ越してしまうんですよねえ・・・。
ちょっと家から遠くに。地下鉄の駅からもちょっと遠くに。
そして、そう、ちょっと遠くなるという以外にも懸念される事があって。
会社が引っ越す先が住吉(福岡市)という場所なのですが、そこは、新宿でいうところの二丁目、大阪でいうところの堂山町、要するに福岡のゲイ・タウンなのですよ。
なんでまたそんな所に。
住吉が田亀源五郎の漫画に出てきそうなガチムチハードゲイしか住んでいない場所だとは思っていませんよ。ノンケの普通な一般人も普通にたくさん暮らしてらっしゃるでしょう。でもね、ネットではなくリアルでそこにまつわるいくつかの話を耳にしています。正直、その町で深夜になかなか通りがからないタクシーを求めて一人でとぼとぼ歩くという事はしたくありません。
誰が、何で、そこを選んだんです?


さて、今日はなんだか頭が痛い。
シャンパンらっぱ飲みしたのは一昨日の話だし、昨日は休肝日にして寄り道せずに帰って洗濯してドラマ『黒革の手帳』を見て健康的に寝ただけ。そうかこれが太陽フレアの影響か!じゃなくて、過労のダメージでもなくて、ただちょっと風邪気味なんだろうと思うので、せっかく仕事もひと段落して本当は今日はパルコの『福岡クリエイターズ・ファイル祭-天神クリエイティブ大作戦-』を見に行きたかったんだけど・・・おとなしく帰りますかね。



弟の夫 : 1 (アクションコミックス)
双葉社 (2015-06-12)
売り上げランキング: 4,125


テーマ:建設業
ジャンル:就職・お仕事
2017年07月21日 (金) 21:53 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 残業200hとは | | | Edit |
新国立競技場の関連工事に携わっていた某建設会社の新卒新入社員が、月200時間を越える残業などを経た後に自殺してしまい、遺族が労災申請をしたというニュースが流れていた。


『新国立建設現場で働く新入社員自殺 遺族が労災申請 NHKニュース』
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170720/k10011066471000.html

ニュースによれば、
・自殺直前の1カ月で、徹夜が3回もあり、夜22時以前に仕事が終わったのは5日だけだった
・時間外労働212時間

という事であったが、ちょっとピンとこないのではないだろうか?
ちなみに私自身も嫁も月200時間超の残業の経験者である。
どんな状態か、ちょっと簡単に計算してイメージして貰いやすくしてみようと思う。

まず、

【平日】 8:00 – 24:00 で週5日働くとする。
そうすると、16時間のうち、休憩が1時間、所定内労働時間が8時間、残り7時間が残業である。

7h × 週5日 × 4週間 = 140h ・・・①

【休日】 これも平日同様に 8:00 – 24:00 で月に4日出勤するとする。
この休日は、休憩1時間とすると、残り15時間が残業時間になる。

15h × (月に)4日 = 60h ・・・②

① + ② = 200H

これで一ヶ月の残業がぴったり200時間になる。

つまり分かりやすく言うと、
月曜から土曜まで週6日勤務(週休1日)で朝から日が変わるまで働けば200時間の残業は達成される。

考えようによっては、「毎日終電では帰れるし(タクシーじゃないし)、毎週日曜日は丸1日しっかり休めるから自分はまだマシな方なのかもしれない」そう考えてしまう事も出来るかもしれないーーーそれが200時間である。だが過労死ライン(100時間)の倍だ。

上の試算は雑な前提条件で計算しているが、けっしてオーバーな設定ではない。むしろ控えめだ。

一般的に工事現場は朝8時に始業する。
その時間に工事現場内でラジオ体操をする社員や作業員を、多くの方は見たことがあるのではないだろうか。しかし実際には、(特に新入社員は)朝8時ギリギリに駆け込んでくるわけではなく、遅くとも朝7時半には出勤してきていて、その朝礼の準備やらをする。
試算の朝8時という始業時間は早いどころか、むしろ遅い設定なのだ。

で、亡くなった方は現場監督だったという事だが、そうすると基本的に日中は工事現場内で働き、夕方6時や7時頃に工事作業が終わった後に、事務所で書類仕事を始めることになる。
普通でそれだ。かなり忙しい現場では、夜9時やそれ以降まで工事作業が続くことも、まれによくある。そうするとその監督さんの書類仕事はそれ以降となる。

また、試算のあの内容で休憩が1時間では労使協定違反になるからその試算条件はおかしいだろう、と思う方もいるかもしれない(※労働基準法違反ではない)。しかし、そんな忙しい状況で、夜に夕食を食べながらたっぷり1時間休憩するなんて事は、普通、しない。出来るだけ早く帰りたいから、せいぜいカップラーメンとかコンビニ弁当を5分か10分で掻きこんで仕事を続けるのである。私なんかはそれすらせずに帰宅後の夜中1時過ぎに夕食をとる派であった。
実際には昼にしっかり1時間休憩を取れているかどうかも怪しい。っていうかたぶん取ってない。

そして試算条件についてはもう1つ、これは一ヶ月が4週間ぴったりしかない(28日しかない)という設定の試算である。(つまり2月だ。)
31日ある月に上記試算を適用すると、その月の残業時間は221時間になってしまう。


これで亡くなった方が、どういう拘束時間で働いていたかは少しイメージしやすくなったのではないだろうか。
亡くなられた方に私は全く面識は無いし、その会社の内情も知らないし、職場環境や人間関係のことも全く分からないから、ほんとにただの勝手なイメージだけれど。

ちなみに300時間を目指す(?)なら、日曜日も全て出勤して、更に平日の勤務時間をもう1時間ずつ延ばせば(夜中1時まで働けば)達成できる。
たぶん、世の中にはこれを達成してしまった人も実在するのだろうと思う。


先述の通り、私も嫁も、それぞれ別会社で、月200時間超の残業の経験者である。
別に、「つれー、3時間しか寝てねーからつらいわー」「俺なんて2時間しか寝てねーぜ」、というような辛い自慢をしようというわけではないが、懐かしくなった(?)ので思い出しがてら備忘録としてその時の事を残しておく。

自分のこのブログを検索してみたら、ちょうど10年前の2007年6月の記事に「3ヶ月連続で残業200時間超えたから、いいかげんそろそろ疲れた」と書いていたのを見つけた。

『初セクハラ』
2007年6月1日

http://godspeeddiary.blog84.fc2.com/blog-entry-46.html

まぁ、下らない記事だからそれはあまり読んでもらいたくないが・・・、当時の勤務記録を調べてみた。

調べようとしたのだが、会社の勤務報告のシステムが数年前に変わってしまって、当時の報告内容が全く見られない。ちくしょう、データを個人的に保存しておけばよかったぜ。
しかしふと気付いた。そうだ、給与明細なら見られるし、そこには労働時間も記載されてる!
見てみた。

2007年04月 220.25H
2007年05月 197.00H
2007年06月 214.25H
2007年07月 195.50H
2007年08月 183.00H
2007年09月 184.75H
2007年10月 127.50H
2007年11月 178.75H
(当社の勤務報告は15分刻み)

3ヶ月連続で~と書いていたところから、その数ヶ月後まで調べてみた結果、こうだった。

なんだよ、6月に「3ヶ月連続で残業200時間超えた」って書いてたの、嘘じゃん。
嘘ついて辛い自慢しようとしやがったな。3時間足りねーよ。(苦笑)

たぶんこの2007年4月の220.25時間というのが、私の残業時間最長記録であると思う。

くどいようだが、総労働時間の誤りではない。
この月の内容を(給与明細で)見てみると、

労働日数: 26日 (うち5日が休日出勤)
総労働時間: 383.00時間
うち所定内労働時間: 162.75時間
 とあった。

ちなみに、上記の中では2007年10月の「127.5時間」という残業時間がとても短く見える。
この月には、他の月では空欄となっていた欄に「休日:12日」という記載があった。
なるほど、2週間の休暇を取ったのかー。
2週間の長期休暇を取っても尚、その月の残業時間は過労死ラインとされる100時間を越えた、まぁそういう事だ。
ちなみに、この当時、私はカタールという国に海外赴任していた。この残業時間はそこでの記録である。そこでは半年に1度、2週間の休暇を取れる権利が与えられており、この時の10月にはその休暇権利を使って日本に一時帰国したように記憶している。
日本にいると、さすがに当時でもこんな勤務記録を報告すると会社から何か言われたが、そこは海外だったから、日本の法律(労働基準法)は関係ないとされており、この内容で会社から何も言われることは無かった。だから私はその間、(万が一のために)正直な勤務報告を上げていたし、現地の上司もそれを普通に承認してくれていた。
ついでに言うと、そこは海外で日本の法律は関係ないから、と、残業代は全く出なかった。固定給だった。基本給に、海外赴任手当てというのがいくらか上乗せされた固定給。別に高額な手当てでもない。日本で(労働基準法違反にならないように少なめに粉飾して報告した(させられていた)残業時間に対する)残業代を貰いながら働いてたときの方が収入は高かった。
さらについでに言うと、手当が出るのとは逆に、日本にいると徴収される税金が海外赴任者は徴収されないので日本国内で働く社員との間に不平等が生じるとかいう馬鹿げた理屈で「税相当額」なるものを給与から減額されていた。意味が分からなかった。海外赴任生活は楽しかったが、不満が無かったという意味ではない。


まぁ、それから10年経って、今はいくらかマシな状況になってきてはいる。
私個人としては、だいぶマシになった、といって良いかと思っている。事務方である私はこの数年ずっと(実質的にも)完全週休2日制でいられているし、建設業界がそもそもの工事現場自体にも週休2日制を取り入れさせようと動き出したというような報道も最近よく見かけもする。
そして、建設業界全体の業績が好調という報道もあった一方で・・・、人手不足も大きな問題としてたびたび報道で取り上げられ、あげくこうして月200時間超の残業で新入社員が過労死したなんて報道も流れた。
この業界はどこに向かおうとしているのか、いや、そもそもどこかに向かおうと本当にしているのか、ただ時流にゆらゆら揺られながら何かしている気になっているだけではないのか、と感じつつ、しかしそれは私にとってはまず私自身に向けるべき言葉(批判)でもある。
さて、さて・・・



テーマ:建設業
ジャンル:就職・お仕事