2017年09月14日 (木) 22:26 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - クリエイターズ・ファイル祭 in 福岡パルコ | | | Edit |
行ってきました!
『福岡クリエイターズ・ファイル祭 –天神クリエイティブ大作戦-』!

ロバート秋山が様々なクリエイターに扮し人気を博している『クリエイターズ・ファイル』の展覧会がまず池袋パルコで5月に開かれ、くっそ羨ましいと思っていたら大盛況で地方巡業も決定し、大阪、名古屋ときてついに福岡。待ってたよー。超待ってた。


ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル公式サイト
 https://creatorsfile.com/


クリエイターズ・ファイルって何?の人の為に一応簡単に説明しておくと、お笑いトリオのロバートの秋山竜次が、様々な分野のいかにもいそうな架空のトップクリエイターに扮して、いかにも言いそうな仕事観(だけど冷静に聞くと滅茶苦茶言ってる)などを語るというもので、hontoというオンライン総合書店のhonto+というオフィシャル月刊Webマガジンに連載されている企画の一つです。
少し前には、広末涼子のマネージャーに扮したお酒のTVCMも流れていましたね。
私がこのクリエイターズ・ファイルを強く意識したのは、ファッションモデル・リシエル(Ri-CIEL、39歳)に扮したマタニティ・ヌード・フォトがネットで話題になってからでした。(↓こんな写真)

21480566_116602589009599_2088356774561185792_n.jpg


リシエルが「クリエイターズ・ファイル」に登場したのは第23回の事らしいので、興味を持ったのは遅い方だと言えるでしょう。
私はTVの深夜番組『はねるのトびら』で見た頃からロバート秋山が大好きでしたが、嫁も秋山が大好き。しかし残念ながら嫁は帰省中で行けないので、私一人で行ってきましたよ。
先週の金曜日(9/8)、「なんだか頭が痛いから今日はおとなしく帰ろう・・・」なんて書いた記事をブログにアップしていましたが、そう思いながら会社を出たのは嘘じゃなかったんですが、その記事を書き上げてアップロードボタンを押したのはクリエイターズ・ファイル祭のチケット購入窓口の列に並びながらの事でした。
行ってよかった・・・。
秋山は天才だと思う。マジで天才だ。

写真撮影OK(動画はNG)との事だったので、中で撮ってきた写真を載せておきます。


parco-CF_fukuoka_exhibition-main-01.jpg

福岡での展覧会は、福岡パルコ本館8階で、2017/8/25(金)~9/10(日)に開かれていました。
初日と毎週火曜日には複数のクリエイター(秋山)本人が来場していたそうなので・・・いや~行きたかったなぁ。

DSC_0629.jpg


小さい会場なので、まぁ30分もあれば見終わるだろうと思っていたけど、とんでもない。
1時間半かけたけど、最後はちょっと飛ばしたくらい。


トータル・ファッション・アドバイザー YOKO FUCHIGAMIのデザインした服の実物とか・・・

DSC_0632_20170915004001fc0.jpg DSC_0636.jpg

DSC_0631_20170915011348b4b.jpg


先述のファッションモデル リシエルの、マタニティ・フォトの際に被っていた花輪の実物(とされるもの)とか・・・

DSC_0634c.jpg DSC_0635.jpg


みち君との遠近法ショット。

DSC_0642.jpg

実物大のパネルが奥まった遠いところにあります。
写真撮影スポットには女性スタッフさんがいて、上手い具合に写真を撮ってくれました。俺なんかみたいな頭の鈍いおっさんの写真も撮ってくれて有難う。

みち君の弟、ろじ君(11ヶ月)。超キモい(誉め言葉)。

DSC_0639co.jpg


クリエイターってこんなにいたんだなぁ・・・。

DSC_0637.jpg


知らなかったクリエイターもけっこういて、これなんかは「ヴァンダム」という名前に惹かれて写真を撮ったものだけれども。
ヴァンダムと言えば、私にとってはそれはジャン=クロード・ヴァン・ダム(90年代のアクション映画スター。ヴァンダミングアクション!)の事を意味するのですが、こちらはジョージ・ヴァンダムというアーモンド農園園長。

DSC_0630c.jpg


最後の方では、ショート・ムービーがなんと4本も上映されていました。
それぞれ10~15分程度かな?
時間切れ(閉館)で3本までしか見れなかった・・・。

DSC_0643c.jpg

DSC_0641.jpg

ムービーがまたいちいち面白いんだこれが。(笑)
見逃したムービーもそのうちYouTubeで公開して欲しいな。

出口ではグッズ販売も。
入場チケット半券を持った人しか買えません。
Tシャツとか買ったよ・・・!嫁用にね!

DSC_0645_20170915010702ebf.jpg


なんかもう、最初にも書いた気がするけど、本当に来て良かった。
大満足。
これで入場料金500円(大人)は安いと思う。

しっかし、まぁ、こういう企画が凄く混んでて、それで女性比率が高いというのがね、なんか、なぜかまだまだ日本も捨てたもんじゃないなって思っちゃいましたが、なんでそう思ったのか考えてみる気は無いので、今回の記事はこの辺で~。




クリエイターズ・ファイル Vol.01 (ヨシモトブックス)
秋山 竜次
ワニブックス
売り上げランキング: 13,797


スポンサーサイト
テーマ:好きなお笑い
ジャンル:お笑い
2017年09月10日 (日) 12:27 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 嫁の居ぬ間に | | | Edit |
嫁が子供を連れて実家に帰省中である。
今回は約3週間帰る予定。

さて、嫁の居ぬ間に何をしよう?

やりたい事をリスト化してみた。

・テレビ(嫁のデスクトップPC)の光学ドライブとマザーボードのボタン電池を交換
・本棚の整理
・中古ゲームソフトの売却
・中古マンガの売却
・酒売却(処分)
・テーブルのオイル磨き
・共用のボディーシャンプー、嫁の化粧水、娘のベビーバターの詰め替え・補充
・ソファのクッション染み抜き
・洗車(特に故障による鉄粉でひどい有様のホイール)
・嫁のスマホケース購入(耐衝撃機能優先)
・洗濯機(洗濯槽)の掃除
・スーツのクリーニング
・プラチナ(結婚指輪)磨き
・ジャケットのボタンの付け直し
・嫁の傘の修理
・礼服を買い換える
・トイレ掃除(酸性洗剤による)
・生命保険等の変更手続き
・スポーツジムの解約(又は会員プラン変更)
・ダイブコンピュータの電池交換
・あと、何もしない時間もたっぷり取る


なにこれ、超忙しい。

世間には、酒や風俗やその他各自の趣味に思いっきり走る男性諸氏もいる事かと思う。
別に私も自主的又は強制されて我慢をしているわけではない。
そう、例えば、せっかく夏だしスキューバダイビングに出かける良いチャンスだと分かってはいるけれど、平日夜遅くまで働く日々が続いており、不慣れな福岡の海に対して下調べと準備と朝早くからの出発をしようと思えるだけの情熱がイマイチ沸かない。そうしてやりたいっちゃやりたいけどリストに入れなかったのはこのスキューバダイビングくらいで、上記はまぎれもなく、私が嫁の意見も視線も時間も何も気にしないで自分のやりたいようにやりたい(地味ながら)趣味性の高い事のリストである。
別に「良い旦那様!」と呼ばれるようなものでは決して無いのである。

最初は3週間もあると思ったが、考えてみれば週末は2回しかないし、平日はそんなに時間が取れない。睡眠時間を削る必要もかなり出てくるだろう。
まぁ、そう分かっていても、最初の週末を早速ゆっくり過ごした。
今、ようやくリストの1つ目に手を付けた。
テレビとして使っているデスクトップPCの、光学ドライブとマザーボードのボタン電池を交換中。

20170912190835003.jpg

DVDがうまく再生出来なくなっていて、かなりストレスを感じていたので光学ドライブを新品上位機種に交換。リストには入れていないけどTSUTAYAで何か映画でも借りてきて観たいから、この作業に最初に取り掛かった。番組の録画予約が出来なくなっていたのは多分マザーボードの電池切れだから、ついでにそれも交換してみる。(どちらも失敗のリスクはほとんど無い作業だ。)
作業は順調。内部に大量のホコリが溜まっていたのも掃除してすっきりした。
直ったら、「直しといたよ」とだけ嫁に伝えようと思う。たぶん具体的に何をしたかは聞かれず「有難う」とだけ言われるだろう。
だけどこれを善行だと思ってはいない。
なぜなら、嫁が結婚前から使っていた嫁のPCだけど、この作業についてもちろん嫁には一言も断っていないからだ


2017年08月14日 (月) 19:01 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - メローイエローだ! | | | Edit |
メローイエローがあったよ!!



神奈川県内の某ショッピングモールの自動販売機にて発見。
うわー、超なつかしいわ。
エスカレーター横にずらりと並んだガチャガチャに嬉しそうに駆け寄っていく娘の背中を、微笑ましい気持ちとやれやれだぜという気持ちが半々な感じで眺めながら、ふと横の自販機に目をやったらこれがあった。即買った。(ガチャガチャは義父が買ってあげてた。)

今、自動販売機限定で復刻販売されているようです。

メローイエロー(Mello Yello)。
コカコーラ社の柑橘風味の炭酸飲料。
私はこれが子供の頃大好きだったのだが、やがてほとんど見かけなくなっていつの間にか生産終了、でもこうしてたまに数年に一度、地域や期間限定でちょこっと再販される。30代後半~40代前半くらいに根強いファンがいると思われる。
どうせ今回もレアな限定再販で、またすぐに見かけなくなってしまう、というか、福岡に帰ったら売ってないかもしれない、と思って今回の再販について少し調べてみた。
・・・が、よく分からなかった。
なにしろ、販売元の日本コカコーラ社の公式HPに、再販については勿論、製品一覧にすら情報が一切載っていない。
2011年に再販された時(これが前回の再販らしい)の情報は載っているのに。

とりあえずこの飲み物は、コカコーラ社が本国アメリカで1979年に発売、日本では1983年から発売、80年代に人気を博すが90年代には一気にレア化、2000年にひっそりと生産終了、その後2004年と2011年に限定再販されて今に至るとの事。アメリカでの販売状況は分からないけれど、1990年公開のトム・クルーズ主演のカーレース映画『デイズ・オブ・サンダー』では、主役が駆る車のメイン広告がメローイエローであった。

f6ed6746307777d58802e09317771d2e.jpg 15052view001.jpg


今回は、2017年6月に自動販売機限定で430mlペットボトルで再発売されたらしい。但し、「自動販売機限定」というのは私が購入した自販機に書いてあったので確かなものの、他の情報はソース不明である。東日本(北海道、北陸、関東、東海)での目撃情報がネット上で確認できるが、西日本でも売っているのかは分からない。
まぁ、欲しければ、Amazonとかで買えちゃうけど。(再販されている事を知っていればね)


さて、肝心の味であるが、


久しぶりに飲んでみると、


思っていたより微炭酸。そして甘い。


うーん、いや、悪くはないのだけれど、子供の頃に大好きだったように「やっぱうめぇ!再販されてるうちに箱買いしとこう!」とまでは思いませんでした。まぁそんなもんだよね(笑)
ちなみに以前はバレンシアオレンジ果汁1%が入っていたそうですが、今回(2011年の再販時以降から)は無果汁になっており、味も以前のものとは若干異なっているそうです。


スイミングスクールの帰りによくメローイエローを買って飲んでいたんだよなぁ、と自身の子供時代(80年代)を少し思い出しかけたところで、目の前で娘(2歳)が私のスマホを勝手に使って飲みかけのペットボトルを写真に撮り始めた。(下の写真)


娘は、気になるが飲ませては貰えないこの飲み物を写真に撮っておくことにしたようだ。
スマホを器用に操り、ちゃんと撮りたいものを撮れているし、ちゃんとアプリを選んで起動して撮った写真を拡大とかしながら確認もしていて、感心させられる。新世代め。
1つの親子間の世代でこれだけ時代が違ってしまうと、この新しい世代が成人を迎え暮らしていく世界がどんなものかさっぱり想像つかない。でもまぁ、うまい棒とかの駄菓子は今も現役だし、そんな先の時代にもまだ現役で存在するような気がする。メローイエローもおじいちゃん向けに相変わらずたまーに再発売を繰り返すのだろうか・・・ってさすがにそれは無いか。(笑)




メローイエロー 430mlPET×24本
コカコーラ
売り上げランキング: 4,556

デイズ・オブ・サンダー [Blu-ray]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2012-09-14)
売り上げランキング: 6,731


テーマ:ドリンク
ジャンル:グルメ
2017年06月01日 (木) 06:00 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 6月になりました。 | | | Edit |
1496246241322.jpg


お早うございます!

6月になりました。

もうすぐ梅雨がやってきます。(沖縄はもう梅雨入りしてますが)

当ブログの更新に力を入れようと思って、4月から月10件を目標と意識して取り組んでいたのですが、やっぱり難しかったですね。今年はこの5ヶ月だけで既に去年一年間でアップした記事数を上回りはしましたが、目標に対する結果としては物足りないと評価せざるを得ません。今月は更にチャレンジします。

公私共に大変忙しくなる予定ですが、その状況下で記事の質とテンポを維持(または向上)しようという挑戦。

しかしそのお伴となるビールが今日から値上げ(税率アップ)になった事を今思い出しました。買いだめし忘れた・・・!


2017年05月29日 (月) 08:03 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スマホ使う | | | Edit |
今、地下鉄に乗って通勤中である。
目の前に立っている女性の後頭部を眺めながら少し悩んでいる。

「カーディガン、表裏逆ですよ」と声を掛けたものかどうか。

しかし、通勤ラッシュ中の車内で、いきなりそんな声を掛けられても、その女性及び周囲の人からびっくりされるだけで、その女性はどんな人間から声を掛けられたのか振り返ってみる事も出来ない、もちろんカーディガンを着直す事も出来やしない。次、もしくは目的の駅に着くまでの間に味わうだろう居心地は、その女性にとっても私にとっても、居心地が悪いとかいうレベルではなく恐怖に震えるくらいのものになるだろう。
少し考えて、このまま(たまたま)同じ駅で降りて、(たまたま)エスカレーターでこの女性が自分の前に立ったならば、ちょっと声を掛けてみる事は可能かもしれない、というのが唯一思いついた可能性であった。

その結論に辿り着いて、暇になってしまった私はとりあえず最近使い始めたスマホを手にとってみた。しかし、スマホで何をしよう?
この記事の最初の3行をSNSでつぶやいてみる?というのが最初に頭に思いうかんだ案だ。まぁ、ありがちな投稿ではあるけれど、しかし品が無い。写メ付きで「表裏逆の人がいるwww」なんて投稿しようものなら最悪だ。そういう馬鹿もいる。
ちなみに周囲の他の乗客は何をしているのだろうと見てみると、ただ立っている(座っている)人と、スマホをいじっている人が半々くらい。そしてスマホをいじっている人のほとんどは何かパズルゲームのようなものをやっていて、一部は(カーディガンが裏表逆の女性も)LINE(らしきもの)をしている。東京都内の通勤ラッシュ時でない限り(スマホをいじる事も出来ない混雑)、この数年、電車内で見かける人々の光景はだいたいこんなものだ。ただその光景は、見ていてあまり気分が良くない。

なんで気分が良くないかというと、まぁ、あまり深く考えた事は無いが、たぶん、あまりにも大勢があまりにも無駄に時間を潰している(潰させられている)事を不快に感じているんだろうと思う。
なにも通勤時間を、読書をしたり日経電子版を読んだりして有意義に(意識高く)過ごすべき、だなんて事は思っていない。それなら、スマホゲームアプリは、ぼんやり無意味に過ごすよりも楽しいし良いじゃないか、気分転換やストレス解消になるだけ有意義だよ、という意見もあるだろう。しかし、私にはそうは思えないのである。これは理論や実験結果に基づくものではなく、あくまで私個人の本能的な直感のようなものでしかないのだが、スマホゲームアプリはただ脳を疲れさせているだけで、ほとんどの場合、気分転換やストレス解消にもなっていないように思えるのである。むしろ、一見無意味に思える、ぼんやり(考え事をして)過ごす時間の方が、脳や気分を落ち着かせてストレスも解消に向かわせる働きがずっと強い、実は有意義な時間ではないかと思っている。だから私は、スマホゲームアプリは、今の「ストレス社会」というものを生み出している一因ではないかとまで考えている。
まぁ、LINEだって似たようなものだ。あんなに無意味なほど頻繁に他人と連絡を取る必要など無い。
こういうのを作った人間は何がしたかったのか?自分の懐を潤したかっただけか?まぁ、どんな道具も、どう使うかは使う人次第なのであり、作った人を非難するのはお門違いか。

ちなみに、私はスマホを使い始めたばかりである。
ずっと私用と仕事用のガラケー2台持ちであったが、1年ほど前から仕事用のガラケーはスマホに替えさせられた。それでもしばらくアプリも何にもいれずただのでかいガラケーとして使っていたが、最近になってネットも使えるようにし、アプリもいくつか入れたので、ようやくこれがスマホと呼べるものになった。尚、ただのでかいガラケーとして使う場合、スマホの電池は超長持ちする。たまに電話やメールをするくらいなら、一週間充電しなくても、電池残が50%を切りはしない(数年前の機種でも)。スマホらしく設定してしまった今は、節電アプリも入れているが、毎日充電しなくてはいけなくなってしまった。使っていない間、いったいこいつは勝手に何をしているんだろう。
ゲームアプリは、入れてはいけない、入れたら多分ハマると感じているので、入れていない。LINEは、使い方を一応知っておきたかったので入れた。しかし相手が一人もおらず、設定してから数ヶ月が経つがまだ一度も使ったことが無い・・・。嫁には「夫婦間でLINE使うのいやだ」と断られた。だからもう諦めた。
そんな私にとってスマホとは、電話とメールと多少のインターネット閲覧機能付きのデジカメ、といった感覚である。

娘(2歳になりたて)は、嫁のスマホを隙を見て手に入れては、毎日、自撮りやら人(主に嫁)やらオモチャやら何か気になったらしいものの写真をパシャパシャと撮りまくっている。随分器用なものだ。生まれたときには既にスマホが普及している世代が、(娘もスマホも)今後どう育っていくのか想像もつかない。
自分の娘にはあまり早くにスマホ(その頃には次世代の何か別な物かもしれないが)を買い与える気は無いが、何にしてもせめてスマホにもっと有益な使い方が流行って欲しいものだと思う。


と、こんな文章をとりあえずスマホで打ってみたが・・・

「もっと有益な・・・」とか語りながら真面目なようで中身スカスカのこんなものをネットにアップするようでは、言ってることとやってる事が違う事になるのではと、アップ前に少し躊躇している。
ええい、ままよ。

どうせ、ぼんやり考え事する方が脳が休まっていいはずなんて言いながら、電車内で立ちながら上記以外で私が考えた事といえば、女性のカーディガンのタグを眺めながら「サイズ2って、いわゆるSサイズにあたるんだっけ?Mだっけ?サイズ9とか、40とかいう表記もあったよな。あれってそれぞれ何の数字なんだろう・・・」と、ぼんやり考えていただけである。特にネットサーフィンして確認するでもなく、考えて答えが分かるものでもなく、無意味なことは間違いない。
それを「意外と無意味なことじゃないかも」とブログに書いてみるのと、今ここで急に「カーディガン、表裏逆ですよ」と一声発するのとどっちがマシかと考えると、まぁ、こっちだ。

なんだこの全然理論的でも何でもない文章。
数年後にこの記事を読み返したら、恥ずかしくて消したくなるんだろうな。



「ぼんやり」が脳を整理する~科学的に証明された新常識
菅原 洋平
大和書房
売り上げランキング: 211,313

ぼんやりの時間 (岩波新書)
辰濃 和男
岩波書店
売り上げランキング: 123,328


テーマ:スマートフォン
ジャンル:携帯電話・PHS