2018年05月16日 (水) 01:20 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 揺れない立ち方 | | | Edit |
電車に立って乗っている時に、手に、何か凄く重い荷物が入った手提げ袋(カバン)を持っている、とイメージすると少々の揺れにはびくともしなくなる。

昔、何か重い荷物を持っていたときに揺れによろめかずにいられて、その後実際に持たずともイメージするだけで効果があることを発見した。
別にひざの曲げ方がどうとか、足裏にかかる体重や爪先の向きがどうとか細かいことは意識しなくて良い、というかしないで普通に立っているつもりだけでいる方が良く、手は体の横にぶらりと垂れ下げている必要も無い。実際の手は、スマホを顔の前に掲げていようが上着のポケットに突っ込んでいようが構わない。片方の手だけに荷物を持っているイメージよりは、両手に1個ずつ持っている方が安定感がありそうな気がするが、そこはあまり効果の差を実感できなかった。
細かいことは良く分からないものの、要するに、こうイメージする事で自分の重心を低く安定させる効果が表れるのだろうと思う。

あくまでイメージなので効果には個人差があるはずだが、電車で手すりや吊革に捕まる事が出来ない場合、試してみてはいかがだろうか。


ちなみに、「揺れない立ち方」と聞くと、私の場合は空手道の三戦(サンチン)立ちが真っ先に思い浮かぶ。
空手の基本中の基本。やや内股気味に、膝は軽く曲げて力を入れ、脇は締めて立つ。

8c6756865f.jpg

某漫画によると、この三戦立ちは揺れる小船の上で戦えるよう編み出された構えだという事で、その漫画中ではなんと走るジェットコースターの上で格闘する際に用いられて空手家が優位に立つというムチャな展開があったが、とりあえずインターネット上には電車で揺れない立ち方として三戦立ちをお勧めする記事もある。
私個人的には、三戦立ちは電車にはお勧めしない。実際にやってみても上手くいかなかったし、それは鍛錬(構え)が成っていない所為もあるだろうけれど、革靴では十分な効果が見込めない、力みが必要なので長時間向きではないという問題もあったし、そもそも何よりも、内股で力んでいる姿は傍から見ればうんこを我慢している様でしかないのでやめて欲しい。


そんな下らない話より、「揺れない」「立つ」というと、何か、人間形成の理想的な過程を表すありがたいお言葉があったような・・・、ほら、あれ何だっけ?

孔子じゃん。

論語じゃん。

子曰く 『15歳で「立志」、30歳で「而立(自立)」 、40歳で「不惑(不或)」、50歳で「知命」、60歳で「耳順」、70歳で「従心」』。
これを砕いて言うと、孔子はその人生において、「15歳の時に学問に志を立て、30になって自信を持って自分の考えで動けるようになり、40になって惑うことがなくなり、50になって天が自分に与えた使命を自覚し、60になって人の意見を素直に受け入れられるようになり、70になって心の思うままに行動しても道理から外れることがなくなった」ということだとか。
おや?論語を読んだことも無くってよく知らなかったけれど、この言葉って、基本的には孔子が「自分の人生(人間形成)はこうだった」と語ったというものであって、別に「人間は各年代にこういう姿を目指すべき」と語ったものではないのね。ただ、孔子に憧れる人にとってはそういう意味になってくるという事か。
ちなみに、一説によると40歳の「不惑」は「不或」が正しく、その場合は「四十にて区切らず=自分の視野を広く持って新しいことからも多くを学べ、新しいことにも挑戦しろ」という意味になるそうな。

まぁ、自分自身は、どうですかね?

40で惑わなくなるようになんてなれる気がしないどころか、当ブログの更新が滞っている間に、新年度を迎え社長達が新入社員に送った言葉なんかを読みながら、私から新入社員達に送れるアドバイスなんて「電車で揺られない立ち方」くらいしか無いかも、なんて思ってしまう体たらくのサラリーマンなので、そうすると30で自立出来ていたかも怪しいところ。

それはそうと孔子っていつの時代の人なの?
調べてみると、
紀元前552年から紀元前479年に生き、72歳で亡くなった中国(春秋時代)の思想家、哲学者。
2千5百年前の人か。そんなに昔の人だとは思わなかったな。

ちょっと待って! その時代に72歳まで生きるって、めちゃくちゃ長寿じゃないの?
と思って調べてみると、
同時期、つまり縄文時代の日本人の平均寿命は15歳弱。
でもこれは、昔の人がみんな短命だったという意味ではなく、か弱い幼児期の死亡率がすごく高かったということ。致命的な怪我や病気さえしなければ(それが難しいのだけれど)当時でも70歳、80歳まで生きることは出来たらしい。
ちなみに、釈迦も同時代(紀元前5世紀前後)の人だった。北インドの人物で、仏教の開祖である。
この釈迦もまた80歳まで生きた。
そして、悟りに達したのは35歳のときだったという。
なんだか孔子とよく似ている。

日本はまだ縄文土器か弥生土器かとやっていた時代だったけれど、その頃に現代にも教えとして生きる思想・哲学が世界各地で生み出され書籍等として残されてきた、というのは凄いことだなとこの歳にして思う。

暗記教科が嫌いで世界史もほとんど勉強した覚えが無いけれど、こんな風にして調べてみると面白い。「40にして不或(新しく学ぶ)」っていうのはこういう事かな?違うか(笑)

なお、映画『300 〈スリーハンドレッド〉』で有名なテルモピュライの戦い(ペルシア軍がレオニダス王率いるスパルタ軍を全滅させる)もこの同時期、紀元前480年の出来事である。
あの映画のイメージしか無いが、あのレオニダス王もまた、志が立ち、自立し、惑わず、天命を自覚し、心の思うままに行動して道理から外れなかった人ではある。孔子や釈迦と並べて語るのは憚られるが、レオニダス王の思想(?)「ウィー、アー、スパルター!」は個人的には大好きだ。

まぁ、そんなこんなから2千5百年経って、人間はその年月に見合った分賢くなったかというと、どうだろう?
文明がものすごく発展したのは確かだ。
孔子ひとりが2千5百年生きたところで、飛行機だの車だのインターネットだのパソコンだの品種改良されたイチゴだのといったものが現在のように存在する世の中にはなってはいまい。・・・ん?いや、その比較はおかしい・・・。
えーと、仕切りなおして、更に思いついたままに雑な計算をすると、

●今現在の世界人口は76億人だという。
●その平均年齢は分からないけれど、2016年の世界保健機関(WHO)調べの世界平均寿命は71歳だから、その半分が平均年齢って事にしよう。

すると、 76億人 × 71歳  ÷ 2 = 約2千7百億年(歳)

これが今生きてる人間の現在の年齢の合計値って事になるが、つまり、今の地球には一人の人間が2千7百億年生きて積み重ねるのに等しい英知が(アウトプットされているかどうかは別として)存在しているはず、と言って良い。
いやいや、2千7百億年ってどんなだ?壮大過ぎて分からない。 ビッグバンが138億年前というから、大体19回、ビッグバンから現在までをやり直すことが出来る年月である。 なるほど全然わからない。
そんな年月分の価値があるほどの文明が今の地球上にある、と言えるのかどうかー・・・なんて事を考えてみたくてこんな計算を始めた気がするのだが。
そんな年月分の価値があるようにはどうも感じられないのは(個人の感想です)、人々の意思疎通が完璧ではないから、そこでの情報ロス率が高いということが理由のひとつとして言えるだろうか?
人類が全員孔子だったら(釈迦とかホーキング博士とかでも可)、そしてその意思疎通が完璧だったとすれば、言い換えれば、孔子ひとりが2千7百億歳まで生きたらどんな次元まで到達できるのだろうか?
完璧な意思疎通・・・あれ?もしかしてA.I.(機械)になら、それが出来るのだろうか?理論上、そんな次元まで到達出来る可能性があるということだろうか・・・って、あぁ、もう自分が何を言っているのかも全然分からなくなってきたぞ。
こんな時は初心に返ろう。

つまり私に言えることは、電車に乗ったら吊革につかまれよ、って事だ。




現代語訳 論語と算盤 (ちくま新書)
渋沢 栄一
筑摩書房
売り上げランキング: 240


スポンサーサイト
2018年03月11日 (日) 00:07 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 初めて自作するハンバーグを晩飯に | | | Edit |
娘(2歳)は気が向かない食べ物には一切手を付けてくれずなかなか苦戦しているが、ほぼ間違いなくたくさん食べてくれるものの一つがハンバーグだ。
私も好きだった。母が作るハンバーグは絶品だった。それを食べる機会は今ではまず無いが、娘にも食べさせてあげたいと思う。今度帰省した時に母に作り方のコツを聞いてみようか。しかし、私にはほとんど料理経験が無い。結婚してからカレーと鍋はとりあえず作れるようになったが、そのレベルなのでコツを聞いたところで理解も記憶も出来そうにない。でも、一度自分で普通に(?)作ってみて、それからコツを聞けば、なるほどと思えるかもしれない。

そんな風にして、妻子が帰省中の暇な週末にふと思い立ち、生まれて初めてハンバーグを作ってみた。
去年のクリスマスイブの事である。
(その日の遅めの昼食が、前回の記事の「天麩羅処ひらお」である。)


とりあえずネットで検索して適当に選んだレシピをもとに材料を買って帰る。

今回使ったレシピはこれ。↓

Rakutenレシピ
シェフ直伝♪洋食屋さんのハンバーグ レシピ・作り方 by アラフォー管理人
https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1860001109/

httpsreciperakutenco_ページ_1 httpsreciperakutenco_ページ_2

あまりこね過ぎないという所と、凝った香辛料を使わないという所が、私の母が作っていたものと同じだったような気がした。
とりあえず材料をボウルに投入。このレシピでは、肉を混ぜる際にケチャップを入れるのと、軽く混ぜるだけにとどめる事がポイントとされている。

DSC_0042.jpg

もちろん飲みながら作る。ちょっと奮発してヒューガルデン・ホワイト・ビール。だってクリスマスイブだもの!
ちょっとパン粉に入れた牛乳の量が多かったのか、タネが少しべちゃべちゃした感じになったけど、焼いてみるよ!

DSC_0043.jpg


そして約7分程度焼いたものがこちらにあります。

DSC_0044.jpg


ひっくり返し・・・、あら、ちょっと焦げた? まぁオッケー!

DSC_0045.jpg


蓋をして弱⽕で更に7分程度蒸し焼きにします。
竹串なんて無いけど焼けた気がするのでオッケー!

DSC_0046.jpg


フライパンに残った⾁汁にケチャップ、ウスターソース、みりんを⼊れて、軽く煮立たせて、皿に取り分けたハンバーグにかければ完成!

DSC_0052.jpg


思ったより簡単だったなー。
一番難しかったのは玉ねぎのみじん切りだった。
付け合せの事をすっかり忘れていて、ご飯とハンバーグだけの夕食になったのはミスだっただけれど、味も大丈夫。悪くないどころか、全く悪くない。なかなか美味しかったです。

嫁に写メを送ったら、それを見て娘が「パクパク」と言いながら食べるまねをしてくれていたらしく、幸せを感じた。 帰ってきた時に、もっと美味しくレベルアップしたハンバーグを食べさせてあげることが出来たら良いのだけれど。 母は急性硬膜下血腫で危篤になり、そこから回復したものの、この先いつまで元気でいてくれるか分からない。そうでなくても少し気難しいからハンバーグのレシピを教えてもらえるかどうか分からないけれど、そう、まぁ、今日踏み出した一歩は無駄ではあるまい。






テーマ:ハンバーグ
ジャンル:グルメ
2018年03月08日 (木) 06:16 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 天ぷらの歴史 (天麩羅処ひらお) | | | Edit |
福岡には早い、安い、美味いの3拍子を極めたような天ぷらの名店、天麩羅処ひらお(旧店名:天ぷらひらお)がありまして。
家族揃ってでも、妻子が帰省中の一人の時でも、もう何度も通っているのですが、この間ふと「ひらおは創業何年なんだろう?」と思ってホームページを覗いた際に、うっかり1,500年前まで遡って 天ぷらそのものの歴史 を調べてしまいました。 そんな風にうっかりする程面白かったので、ここにごく簡単にまとめておきます。


●西暦500年(6世紀)頃にあったペルシア料理、シクバージ

当時、現在のイラン・イラク辺りを中心に巨大な領土を形成していたササン朝ペルシア帝国には、シクバージ(sikbaj)と呼ばれる牛肉の甘酢煮込み料理がありました。

東ローマ帝国(青)とサーサーン朝(黄)
東ローマ帝国(青)とサーサーン朝(黄)

ワインビネガーやハチミツを入れて煮込んでいたようですが、揚げ物ではなく、牛肉には衣は付いておらず、まだ私達の知る「天ぷら」とは大分違うものです。
この帝国の起源同様、この料理の起源もはっきりしませんが、ササン朝ペルシア帝国の最盛期と称される時代の王、ホスロー1世(在位:531年-579年)の好物がシクバージだったという記録が残っています。

この後、シクバージは、ペルシア帝国を滅亡させたイスラム王朝・共同体に受け継がれ、更にヨーロッパ周辺へと広がっていきます。
10世紀(900年代)には既に牛肉の代わりに魚を使ったシクバージが作られていたようですが、現在見つかっている最初のレシピは13世紀のエジプトのものです。小麦粉をまぶした魚を油で揚げて、酢とハチミツと香辛料で味付けします。
酢酸には殺菌効果があり、酢は保存食作りに欠かせないものでした。そこでシクバージは船乗りたちに重宝され、更にその船乗りたちが牛肉に代わり手に入りやすい魚を使うようになったという経緯のようです。
また、中世のキリスト教には肉、乳製品、卵を口にしない断食日の習慣があったので、魚料理はキリスト教徒に歓迎されました。 そして船乗りたちによって地中海の西側にレシピが広がり、シチリア語でスキッベチ(schibbeci)、ナポリ語でスカペーチェ(scapece)、カタルーニャ語でエスカベッチ(escabetx)、オック語でスカベチ(scabeg)という名前で同じ料理が残っています。

ユダヤ人を介してイギリスに渡ったこの料理は、現在のイギリスの有名な伝統料理「フッシュ・アンド・チップス」となりました。 また大航海時代(15世紀~17世紀)に、スペイン人の手により南米大陸に到達したものが「セビーチェ」となり、一方、ポルトガルで派生した「ペスカド・フリート(pescado frito)(魚のフライの意)」がイエズス会のポルトガル人宣教師の手で日本にもたらされ、それが「天ぷら」へとなっていきます。

fish-and-chips_6b13218f19.jpg pescado_frito.jpg
フッシュ・アンド・チップス と ペスカド・フリート


●「天ぷら」という料理名の起源は?

「ペスカド・フリート」が日本に伝わったのは今から約450年前、室町時代の後期、いわゆる戦国時代のことです。 1543年に鉄砲がポルトガルから日本(鹿児島の種子島)に伝わったのとほとんど時を同じくして、日本(長崎)に伝わったと言われています。
それ以前(奈良時代以前)の日本には、唐菓子(からくだもの)と呼ばれる米の粉を練って形を整えて油で揚げる菓子が中国から伝来したりはしていましたが、当時の日本において油は灯火などに使う高価な貴重品であり、料理に使われる事はありませんでした。 長崎に上陸したこの南蛮料理(初期の天ぷら。まだ衣は無い)は調理に大量の油を使うことからしばらくは高級なご馳走でした。そして当時の都である関西に伝わり、さらに同じ頃、江戸では江戸幕府が開府し、初代将軍徳川家康公(1543~1616)はその初期の天ぷらを食べて体調を崩しそのまま亡くなってしまいます。これは「家康は天ぷらを食べて(食中毒で)死んだ」と言われる有名なエピソードですが、この当時まだ「天ぷら」という言葉は存在しません(記録には残っていません)。
長崎・関西・江戸でこの南蛮料理はそれぞれ影響しあいつつ独自の進化を遂げていき、家康の死から100年以上経った1700年代中期に、現在のように衣を付けて揚げる天ぷら(「てんふら」)のレシピが文献に登場するようになります。また、その頃、菜種油精製の技術が確立されて飛躍的に生産量が増えたことに伴い、天ぷらは庶民の間に大衆料理として広まり、江戸を代表するファストフードにまでなっていきました。
さて、その辺りの話は後でもう少し詳しく触れるとして、「天ぷら」という料理名はどこから生まれてきたのでしょうか? 結論から言うとこれには諸説あり、語源は定かではありません。


・ポルトガル語のテンペロ tempêro (調理あるいは調味料の意)から転じたとする説

・ポルトガル語の temperar (動詞:「調味料を加える」「油を使用して硬くする」の意。三人称単数で tempera)であるとする説

・スペイン語・イタリア語の témporas (カトリックの四季の斎日(英語:Ember Days)の意。祈りと断食をおこなう日)、又は同じ意のポルトガル語 temporras であるとする説

・スペイン語・イタリア語・ポルトガル語のテンプロ templo (寺の精進料理)であるとする説

・ポルトガル語の temporal (一時的な・臨時の)から来たとする説

・油を「天麩羅」(あぶら)と書いていたものが後に音読されるようになったとする説

・中国の古い料理で肉の油揚の「塔不刺」(タアフラ)から来たとする説

・天火揺らり(テンピユラリ)を語源とするとの説

・卵白を混ぜた絵具「テンペラ(英語)」から来たとする説



主な説はこんなところでしょうか。
最初に挙げたポルトガル語のテンペロ(調理)という説が現在一般的に有力視されています。ただ、他の説も調べるとそれぞれここに至るまでの歴史などに基づくなかなか説得力のある論拠が出てきて捨てがたい魅力があります。興味が沸いた方は、調べられると良いかと思います。 例えば言語学的な観点で調べれば、きっと上に挙がった言葉たちがほぼ同じ語感の単語である理由、もしかしたら元は同じ語源の単語でありながら歴史の中で違う意味を獲得していった経緯、あくまでもしかしたらですが、そういった事から世界の歴史の面白いつながりが見えてきたりするかもしれないなぁ、なんて思います。 (なお残念な事に、こと今回の天ぷらルーツを辿る中では、Wikipediaには矛盾したり誤っている情報が散見されたので、要注意です。)


ところで、天麩羅って漢字で書ける日本人はどれだけいるのでしょうね。私は書けません。



●現代に通ずる「江戸前天ぷら」の誕生

さて、話を少し戻しますが、

長崎に上陸した「ペスカド・フリート」は、小麦粉をまぶした魚を揚げる、要は空揚げです。
これは当時、「南蛮揚げ」「長崎揚げ」と呼ばれていました。
家康公が食べたものも、こうした料理です。

「ある日、家康公は大勢の供を引き連れて好きな鷹狩りに出掛けていった。そこへ家康と懇意にしていた京都の豪商が尋ねてきて世間話をするうちに、京の都で食べた鯛を榧(かや)の実の油で揚げ、その上に薤(にら)をすりかけて食べたのが美味しかった、と聞いた。ちょうど家康の手元には鯛が届けられていたので早速そのように作って食べた。ところが、その晩から腹痛を起こし、回復しないままその3ヵ月後に死んでしまった。」 (『徳川実紀』から省略現代語訳)

そして「家康は天ぷらで死んだ」と語られるようになるわけですが、但し、死去まで3ヶ月かかっていること、同じ文献に残る病状記録が胃がん患者のものと似ていることから、直接の死因は胃癌だったという説が現在有力です。 また、先ほども書いたようにその当時はまだ天ぷらという言葉が存在した形跡は見当たりません。 この話はむしろ、後の江戸の世で、「あの質実剛健・質素倹約の代名詞であるような家康公が、食事はもちろん健康全般にかなり気を使って、平均寿命が40歳にも満たない時代に75歳(※数え歳)まで生きた家康公が、我を忘れて死ぬほど大食いしてしまうほど天ぷらは美味しい物なのだ」という文脈で語られた半ばジョークのようなものだったのではないか、と思います。
実際、初代将軍がそれで体調を崩した(亡くなった)という割には、江戸の市内はもちろん城内でも天ぷらが忌避されるようになったというようなエピソードは見受けられません。 この少し後、江戸城内では天ぷらの調理は禁止され、江戸市内にも屋内での天ぷら調理を禁止する法令が出来ましたが、これは単に火災防止の為でした。 江戸城は木造建築で何度も火災が起きており、全焼した事もあります(※全焼を天ぷらのせいと記述したブログが散見されますが、デマです)。 木造長屋が密集していた江戸の町でも、火事は起きやすく、また起きた後は広がりやすかったのです。
こうして屋内調理を禁止された事が、また結果的に天ぷらが大衆の江戸風物として広まる一助となります。

しかし、「南蛮揚げ」はどのように現代の「天ぷら」へと姿を変えていったのでしょうか?

1643年の江戸初期の代表的料理書『料理物語』には、まだ衣揚げもてんぷら(と思しき名)も記述がありません。

現在、衣揚げは、江戸幕府が1634年に外国貿易の窓口として長崎に人工島の出島を築造し、その地で日本とポルトガル・オランダ・中国などの文化が混じり合った中から生まれたものの1つ、と言われています。 これが今で言う「長崎天ぷら」です。当時の呼び名は不明。
長崎天ぷらは、衣(小麦粉)に砂糖、塩、酒、玉子などが入っており、それをラード(豚の油)で揚げた味の強い食べ物です。天つゆなどは付けずにそのまま食べます。今も長崎の郷土料理として残っています。

長崎天ぷら

この長崎天ぷらが、上方(京都)に渡ると、野菜を中心としたタネを、菜種などの植物油で揚げる「つけ揚げ」に発展します。衣をつけて揚げるから「つけ揚げ」となったようです。タネが野菜中心だったために、自然の味を損ねないようにクセの少ない菜種油で揚げて塩をつけて食べていたらしく、また、衣も玉子や調味料を混ぜないので、揚がっても見た目は白っぽかった模様です。
これが江戸に伝わると、江戸では日本橋の魚河岸で商われる魚介類をタネにごま油で揚げる「ごま揚げ」として定着します。こちら江戸では魚の臭みを抑えやすいごま油が用いられ、衣も玉子入りだった為に揚がりはキツネ色に。

現代の「天ぷら」に通じる「てんふら」が文献に初めて登場するのは、『黒白精味集』(1746年)や『歌仙の組糸』(1748年)だと言われています。

「てんふらは、鯛の切身にうどんの粉(小麦粉)を卵でねった衣をつけて油で揚げる」
「てんふらは鯛切身でも何魚にてもうどん粉をまぶして油にて揚げる也。 菊の葉、牛蒡、蓮根、長いも、その他もうどん粉を水と醤油で溶いて塗りつけて揚げればてんふらになる。 それ(醤油味の衣)を魚に用いても良い。」


9代将軍・徳川家重の時代の話です。
上記はどちらも少々現代語訳していますが、この記述(衣に味をつけた上で揚げる)を読む限りでは、まだ天つゆに浸けるスタイルは定着していなかった様子ですね。
この頃、特に菜種油が安価に大量生産されるようになったことで、使われる油はごま油(魚の臭みを抑えやすい)から菜種油(さっぱり)が主流になります。 また、天ぷらは当時としては最もカロリーの高い、腹持ちの良い食品である点が人気の一因であった為、衣は厚め(つまり油多め)が好まれたようです。江戸時代の屋台では厚めの衣をサクッと揚げるだけの火力を出すのは難しく、やがて、天つゆや大根おろしを用いることで魚の臭みや油のくどさを緩和させるスタイルが定着します。更に、手が汚れないように天ぷらは串に刺して供されるようにもなりました。
こうして出来上がった「てんぷら」は、屋台で気軽に立ち寄れて、気軽に食べられて、安くて、腹持ちも良い、そして美味しいという条件が揃った、まさにせっかちな江戸っ子庶民にぴったりのファストフードであり、江戸独特の風物として花開いたのです。

showPhoto.jpg 040218.jpg

当時の様子を描いた絵では、武士が手拭いで頬被りしながら屋台で天ぷらを食べている姿が描かれています。これは当時、天ぷらが大衆の下賤な食品と見做されるような風潮があり、武士たるものが堂々と食べる事ははばかられたという事だったらしいです。
しかしこの後100年ほどが経った幕末近くには、店構えの天ぷら屋が現れ、試行錯誤や高級化が進み、料亭でも出される料理になっていきます。屋内での天ぷら調理を禁じる法令は続いていたものの、儲けが優先され、この頃は幕府の威光も落ちていたので無視された模様です。

江戸幕府最後の将軍、15代将軍・徳川慶喜公は大の天ぷら好きであったことは有名です。
江戸城内では変わらず天ぷら調理はご法度であり続けたものの、慶喜公は勝海舟を通じて天ぷらの味を知ったらしく、天麩羅屋「天金」の常連客となります。 慶喜公は特に天金のかき揚げを好んだと言われ、店は御殿様にお好みのかき揚げを届けたり、お忍びで店に来たりもしたそうです。
ku099-滑稽新聞-天金 天麩羅屋 暖簾

ちなみに、この「天金」は、1864年(江戸幕府が倒れる4年前)の創業で、現在の銀座4丁目の角の「和光」がある場所に店舗がありました。東京で一番有名な天麩羅店とも言われましたが、関東大震災や太平洋戦争の東京大空襲で店舗の消失・再建を繰り返しながら、場所を銀座5丁目、6丁目と変えていき、最終的に1970年に閉店しています。
尚、明治から大正時代にかけての東京での天麩羅の三大有名店は銀座の「天金」、新橋の「橋善」、浅草の「中清」だったと言われていますが、現在残っているのは浅草の「中清」だけです。

 天麩羅 中清 (なかせい)
   [食べログ]  https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003659/
   創業明治3年の雷神揚げが有名な天麩羅屋さん
   名物である雷神揚げ定食(芝海老と青柳の貝柱のかき揚げ)は3,000円(税別)




●江戸以外における「天ぷら」

あとはこぼれ話のようなものですが、もう少しだけ天ぷらについての話を。


前項で紹介したように、現代の「天ぷら」に通じるレシピの「てんふら」が文献に初めて登場するのは1750年頃の事ですが、「てんふら」と称される料理が文献上に初めて登場するのは、その80年ほど前、の医師奥村久正によって著された『食道記』(1669年)だと言われています。 家康の死後約50年の頃です。
しかしその本の記述では、「てんふら」は鶏肉のタタキと鎌倉海老を餡掛けにしたものだとされています。揚げる要素は見当たらず、天ぷらとはまるで違う食べ物です。

この天ぷらの原形が形成されていった初期には、「てんふら」は必ずしも衣揚げ又は揚げ物を指しませんでした。 魚のすり身の素揚げ(今でいう薩摩揚げ)をはじめ、茄子の煮物、味噌煮、こんにゃく、など様々なものが「てんふら」と呼ばれた記録が残っています。
江戸においても、1700年代後半になってようやく今のような衣揚げだけを天麩羅と呼ぶようになったようですが、さて、前項で書いた、長崎から京都、江戸へと衣揚げが渡っていった際に、京都では「つけ揚げ」と呼ばれていた事実を覚えていらっしゃいますか?
京阪においては、江戸末期においても、衣揚げはもっぱら「つけ揚げ」と呼ばれ続け、京阪で天ぷらといえば魚のすり身を油で素揚げしたものを指したようです。 現在でも主に西日本で揚げ蒲鉾のじゃこ天や薩摩揚げなどに「てんぷら」という呼び方が残っているのは、その頃の名残でしょう。

京阪で揚げ蒲鉾をてんぷらと呼んだのが先か、江戸で衣揚げがてんぷらと呼ばれるようになったのが先か、が分かればまた何か見えてきそうな気がしますが、すいません、私にもう余力が無いので調べません。

ともあれ、明治以降、料亭でも供される高級食としての江戸前天麩羅が登場してから、それが関西にも広まっていきます。
更に天ぷらの転機として見逃せないのが大正時代の関東大震災(1923年)です。 店が焼け落ちて職を失った職人達が各地に移ったことで、全国に江戸前の天ぷらが広がっていきました。衣揚げを天ぷらと呼ぶ文化もです。 火事を予防しようとして江戸に広がった天ぷらが、今度は火事をきっかけに全国に広がった。 また逆に関西の職人が上京した事から野菜揚げに塩をつけて食べる事も東京に広がりました。オリジナル(つけ揚げ)の要素を取り込んだんですね。

オリジナルと言えば・・・、現在も「南蛮漬け」という料理がありますが、これなんかは魚などを油で揚げてネギや唐辛子と一緒に酢漬けにした料理ということで、長崎に上陸した「ペスカド・フリート」からその前のオリジナルである「魚のシクバージ」にまで立ち返った料理だと言えそうです。
南蛮漬け


もうひとつ、最後のこぼれ話として、

薩摩揚げの本場、鹿児島では、薩摩揚げはもともと「つけあげ」と呼ばれていました。

揚げ蒲鉾のことを、鹿児島ではつけあげと呼び、京都ではそれを天ぷらと呼び、その京都では衣揚げの事をつけあげと呼び、それを江戸では天ぷらと呼び。 そんな時代があったのです。面白いですね。
そうなったのは、鹿児島の薩摩揚げは南蛮から長崎・京都を経て伝わったものではなく、沖縄の「チキアギー」と言われるグルクンなどの魚のすり身を丸めて素揚げしたものが江戸時代に交易を通じて鹿児島に伝わり、その料理名がなまって「つけあげ」になったものだと言われており、京都の「つけ揚げ」とは発音が偶然一致しただけの全く別の由来の言葉だったという事のようです。 薩摩藩と琉球の交流が盛んになったのは今から約150年前の1864年頃、藩主・島津斉彬の時代に琉球を統治するようになってからで、そこから薩摩揚げが鹿児島に伝わって県内で多く製造されるようになったと言われています。(ちょうど西郷隆盛を主人公にした今のNHK大河ドラマ『西郷どん』の時代舞台と重なるので、なんだか親近感が。) また、奇しくも1864年といえば、天麩羅屋「天金」が創業した年でもあります。

沖縄のチキアギーはどこから来たのか?中国福建省からだろうか?という事も、これもやはり調べ始めると大変な事になるというか私にもう余力が無いので調べません。




そしてなんとここまでが前置きです。

いえ、前置きのつもりでした。
3行でとは言わないけど10行くらいでまとめるつもりがうっかり長くなり、むしろ前置きが本文になってしまいました。約7000文字って、馬鹿か俺は。かなりの時間も掛けました・・・。


●天麩羅処ひらお

このお店を紹介したくて書き始めた当記事なのになぜこんなことに? もうここからは本当に短くいきます。

一番最初の行に書いたように、天麩羅処ひらおは早い、安い、美味いの3拍子を極めたような、福岡の超有名・超人気店です。 創業してから約40年
ただ、天ぷらはいわゆる福岡名物グルメとは違うので、県外の人への知名度は低いかと思われます。 ちなみに最近(2017年夏頃に)ロゴというか店名が変わり、「天ぷらひらお」から「天麩羅処ひらお」になりました。

DSC_0041.jpg 20170225175157.jpg

 天麩羅処ひらお 早良店
   住所: 福岡県福岡市早良区重留2-15-27
   営業時間: 10:30~21:00
   定休日: 年末年始(12/31~1/3)
   電話番号: 092-804-4888
   予約: 不可

   [オフィシャルHP] http://www.hirao-foods.net/
   [食べログ]  https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400203/40006456/

   ※この他、福岡県内に全6店舗
   ※本店は福岡空港に面していますが、国内線ターミナルからはちょっと遠くて徒歩15~20分。
     もしくは空港の前から西鉄バス(39番・43番どちらでも)に乗って東平尾下車(停留所3つ目かな)。


src_47751111.jpg hirao-nai-600x451.jpg

6店舗の全てで、昼時・夕食時には常に長蛇の列が出来ます。
全席全てカウンターで、待つ人は壁際のベンチに座って並んで待ちます。本当に混んでいる時はそこにも収まりきらずに、店外まで行列が伸びます。しかし回転が速いので、そんな場合でもせいぜい30分ぐらいの待ち時間で席に着くことが出来ます。
雨が降る日曜日の午後3時半、しかもクリスマスイブという、考えうる最高に空いてる時間に行ったら、確かにひらおにしては驚くほど空いていました。それでも客席の半分ほどが埋まっている状態。ゆっくり食べて4時過ぎに店を出る頃には、早めの夕食に来た人達で席の8割ほどは埋まり始めていましたよ。

DSC_0039 - コピー image-18-768x1024.jpg

食券制。
基本となる7種類の定食には、7品くらいの天麩羅に、ごはん、お味噌汁が付いて、いずれも700~800円くらい。安い! そこに単品を追加する事も出来ます。ちょっと珍しい魚の天ぷらもあったりします。

DSC_0036_20180309211138551.jpg DSC_0037_201803092111408ba.jpg

惣菜4種類は食べ放題。
中でもいかの塩辛がひらおの名物です。塩辛は買って持ち帰ることも出来ます。
席に着くと、まずはごはん・お味噌汁・天つゆが出てきます。多くの人が、早速塩辛をおかずにごはんを食べ始めます。柚子が効いた塩辛が美味い! 間もなく天ぷらも揚がり次第に出てくるけれど、下手をすると天ぷらが出てくる前にごはんを食べ終わりそうなほどごはんが進むので要注意(笑)。ペース配分を考えましょう。

38d87830.jpg 2815a0f7.jpg 4174eb91.jpg

揚げたての天ぷらも勿論美味しい。
天つゆは色が随分濃い(黒い)ですが、見た目と違って味はさっぱりしています。ひらおオリジナルで、製法は企業秘密なんだそうです。大根おろしは追加も頼めるけれど、頼まなくても十分。 また、カウンターには抹茶塩、カレー塩、胡麻塩も用意されています。お好みでどうぞ。

DSC_0038 - コピー  DSC_1517 - コピー

店内は油臭いとか、ギトギトベタベタしてるとかは全く無く、大衆的でありながらすっきりした店内。 子供用チェアもたっぷり用意されていて、小さいお子様連れの家族もたくさん来ています。 こじゃれたカップルもいれば、私のような地味な庶民(クリスマスイブお一人様男子)も。色々な人が席を並べつつお互いを気にする事なく、皆がただひたすら「美味しい!」と思いながらあっという間に食べ終わる事が出来る幸せな約30分間を過ごせるお店。

私は、江戸前天ぷらの1つの到達点がここにあると思っています。


このクリスマスイブの夕食が、生まれて初めて作ったハンバーグだったのはまた別の話




ペルシア王は「天ぷら」がお好き? 味と語源でたどる食の人類史
ダン・ジュラフスキー
早川書房
売り上げランキング: 339,445




おばけのてんぷら (めがねうさぎの小さな絵本)
せな けいこ
ポプラ社
売り上げランキング: 6,091



テーマ:天ぷら
ジャンル:グルメ
2018年03月01日 (木) 00:01 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ヘッドホン娘画像フォルダ開放 part.19 【2次・3次/全99枚】 | | | Edit |
春になるとおかしな人が増えるとよく言われますよね。

そんな訳でこのシリーズ記事の第19弾、行きます。 まじ卍。



 ※1 2次元・3次元混ぜ合わせです。
 ※2 サイズはアップロード制限に合わせて小さくしてあったりします。
 ※3 オリジナルへのリンク希望や削除希望等はお手数ですが別途ご連絡下さい。



[01]19m00224241.jpg

[この記事の続きを読む]
テーマ:音楽のある生活
ジャンル:音楽
2018年02月27日 (火) 23:24 | このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - bills 福岡 | | | Edit |
DSC_8335.jpg

bills(ビルズ)は、「世界一の朝食」と賞されるオーガニックスクランブルエッグや、レオナルド・ディカプリオが毎日食べたと噂のリコッタパンケーキが有名なレストラン。
1993年にオーストラリア・シドニーに第1号店がオープンして以来、2018年2月現在では世界5か国に展開中で、日本国内には8店舗(鎌倉七里ヶ浜、横浜赤レンガ倉庫、お台場、表参道、二子玉川、福岡、銀座、大阪)があります。

そのうち福岡店は国内6店舗目で、約2年前、2016年7月15日にオープン。

福岡市が推進している「天神ビッグバン」という、中心的な繁華街である天神地区の更なる活性化プロジェクトの一環で、水上公園の再生の目玉となるテナントとして誘致されてきました。
私は、もともと気になっていたお店だったし、ちょうどタイミングが合った事もあってオープン直後に家族で訪れ、以来半年ごと位のペースで既に計3回訪れています。
先にざっくり紹介しちゃうと、見るからにヘルシー!→美味しい!→絶妙な接客がめちゃくちゃ気分良い!→高い!→でもまた来ちゃう。そんな感じです(笑)。

IMG_5488-1024x768.jpg 60537515.jpg bond2.jpg

 bills 福岡
   住所: 福岡市中央区西中洲13-1 水上公園内 シップスガーデン1F
   営業時間: 8:30〜23:00
   定休日: なし
   電話番号: 092-733-2555 (予約用TEL: 050-3188-5039)
   予約: ディナーのみ1ヶ月前から予約可
   全面禁煙、子連れ可、ペット同伴可(テラス席のみ・1組1匹まで)

   [オフィシャルHP] http://billsjapan.com/jp
   [食べログ]  https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40043471/

DSC_8309.jpg DSC_8313.jpg DSC_8317.jpg

今では、土日の昼時でも運が良ければ待ち時間無しで入れます。待っても20分待ち位。
この程度の待ち時間で済むのは行列の出来にくい福岡ならでは、ではないでしょうか。

初めて来たオープン直後の時は、土曜日お昼時で2時間待ちでした。

鎌倉七里ヶ浜の日本第1号店はオープンからしばらく経っても4時間待ちとかが普通だったと聞いています。朝8時に並んでも席に着けるのは12時、なんてなったらそれはもう朝食じゃないですね。朝食を食べたければ日の出とともに並ぶしかなかったそうな(当時)。

開店と共に入店した人達が一巡する頃、さらにもう一巡する頃、などタイミングを見計らって行くのが良いと思います。
ちなみに、待ち時間の長い混雑時には込み具合に応じて「1時間後においでください」などと案内してもらって、その時間に戻ってくるスタイルです。ずっと川辺の風に吹かれながら並んで待つ必要はありません。

slide3.jpg content_44c55a99bf.jpg billstripadvisor.jpg


そう頻繁には来ないのでいつも人気メニューを頼んでしまいます。

 【先日注文したもの(↓)】

●リコッタパンケーキ/フレッシュバナナ、ハニーコームバター・・・1400円
一番人気のメニュー。ふわっふわで、見た目のボリュームとは裏腹にあっという間に食べれてしまいます。
上に乗った薄切りバナナみたいなやつがハニーコームバター。蜂の巣を砕いてバターと混ぜて作る、栄養価も高いなんか凄いものらしいです。噛むと歯にベタッとくっつきます。 左右に1本ずつ添えられているのは普通にバナナ。 シロップはお好みで。
娘(2歳)は家で作る普通のホットケーキほどの食いつきは見せてくれず、ちょっと残念。確かにちょっと大人向けかも。
20160731_143432.jpg DSC_8304.jpg


●オーガニックスクランブルエッグ/トースト・・・1200円
誰が呼んだか世界一の朝食といわれるスクランブルエッグ。余計なものは何も入っていないと分かるけど、なぜこんなに今まで食べたスクランブルエッグと違うのかは私には全く分かりません。
娘はトーストを大喜びでもりもり食べたけれど、スクランブルエッグは食べてくれず。トーストにちょっと乗っけて食べたりしても絶対美味しいと思うのだけれどな。
20160731_134753.jpg DSC_8300.jpg


●サンライズドリンク/オレンジ、バナナ、ヨーグルト、ベリー・・・700円
ピンク色のドリンクで、バナナの味がちょっと強め。

●billsグリーンズ/グリーンアップル、キュウリ、ほうれん草、チアシード、ココナッツウォーター・・・700円
見た目も味もグリーン。ヘルシー、おぉ、ヘルシー。

●オーガニックアップルジュース・・・700円
お代わり?いやこれ高いから、アンパンマンの紙パックアップルジュースあげるよ。違うの?これお代わり?まいったな。

●アサイーボウル w/ ベリー、自家製グラノーラ・・・1,000円
ちょうどこの時は期間限定で「bills Waikiki」(ハワイ)限定メニューが日本でも食べられるというイベントがやっていました。アサイーボウルはその1つ。 娘がほぼ独り占めで完食してしまったので、はっきり言えないけれど、たぶん美味しかった、はず。


以上、計5,700円也 ⇒ 税込み 6,156円


分かってはいるけれどやっぱり高い!
朝食に6,000円はなぁ、ランチも兼ねたブランチだとしてもこれを気軽にぽんっと払えるようなセレブでは私はないよ・・・、と思ってしまうのですが、子供用に頼んだアップルジュースとアサイーボウルが無ければ大人2人で4,000円、1人あたり2,000円です。それなら、まぁ、たまになら。
ただ、パンケーキとスクランブルエッグを2人でシェアして食べると、女性にはちょうど良い量かもしれませんが、男性にはちょっと物足りないかもしれません。もう一品欲しい。そうしてジュースのお代わり又は食後のコーヒーなども頼むと~、という事をして結構高い会計になってしまったのが初めて行った時のこと。上記はこれでも自制して注文した3回目訪問時の会計です。

それでも「また来たい」「来て良かった」と思えるのは、美味しいのは勿論の事ながら、一番はここのスタッフの皆さんの接客スキルの高さによるのではないかと思います。
カジュアル、フレンドリー、且つ丁寧。
注文時にメニューを見ながら交わす会話、途中で「味はどうですか?」と声を掛けてきてくれて交わす会話、子供がフォークを床に落としてしまった時の対応、などそのどれもが心地良いのです。スタッフ全員にこのレベルが共有されているのは凄いことだと思います。


さて、入店前に待ち時間が出来てしまった時や、食事後にちょっとリフレッシュするのに最適なのが、billsが入っている建物、水上公園 SHIP'S GARDEN の屋上広場。公園の一部を成しています。

近くには、天神中央公園や福博であい橋、旧福岡県公会堂貴賓館もあります。
もうすぐ桜が咲きますが、天神中央公園横の川沿いの桜はとても綺麗ですよ。(↓その桜がまだ残っている時の写真)

DSC_8324.jpg


尚、billsの上、SHIP'S GARDEN 2階には「星期菜」(セイケイツァイ)という中国料理店がテナントに入っています。
ミシュランガイド福岡・佐賀でビブグルマンに選ばれた、福岡発(ここから遠くない須崎に本店がある)の予約困難な人気店との事。
私はまだ行ったことが無く、何となく漂ってくる高級感に「きっと高いんだろう」なんて思っていましたが、実際にはかなりカジュアル且つリーズナブルなお店らしいですよ。コンセプトは香港と台湾の屋台料理だとか。あ、行きたい。

ちなみにビブグルマンって何じゃい、って言いますと、
 ・三つ星:そのために旅行する価値がある卓越した料理
 ・二つ星:遠回りしてでも訪れる価値がある素晴らしい料理
 ・一つ星:そのカテゴリーで特に美味しい料理
 ・ビブグルマン:星からは外れるけどコスパの良いおすすめレストラン

だそうです。


又、この近くのランチですと、名物の鯛茶漬けが有名な「割烹 よし田」も大好きなお店ですし、あとは・・・と、お題のbillsから離れていってしまうので今日の記事はこの辺で締めます。


DSC_8330.jpg

テーマ:ランチ
ジャンル:グルメ